FC2ブログ

【4076】191027 レンタルホームシアター?アバック座体験(中編)・・・(^^; 

さて、と言うことで?・・・オーディオセッションのSoulnote新しいSACDプレーヤーS-3のポテンシャルにめっちゃ惹かれつつ・・・ここはヴィジュアル系でクールダウンをと?(滝汗

本格的なミニシアターのような視聴室を持った大阪のアバック・・・最後に行ったのが・・・

【2139】140510 4Kプロジェクター&High End Audio Sound試聴会(1)・・・(^^; [2014/06/16]
以降、全5話・・・

それから3年後・・・久々に行くと・・・場所も変わって・・・

【3453】171112 アバック梅田へ4K視聴に(前編)・・・(^^; [2018/01/20]
以降、全3話・・・

いつの間にかリビングシアター的な部屋を持つ店舗と・・・今回行ったレンタルホームシアター?のアバック座に分かれた?って感で・・・(汗

大阪のアバック座は・・・梅田Liveと心斎橋の2箇所にあって・・・梅田Liveは8名定員の130インチのレンタルシアターで・・・心斎橋は、4名定員140インチ1部屋、2名定員110インチ2部屋、1名定員80インチ1部屋・・・

で、今回は、心斎橋の4名定員140インチ1部屋へ行ったわけで・・・

じゃ、まずはメインのモモンガさん持参の4K UHD BDから・・・っと、初っ端からガックリ来たのが?・・・タブレットの操作時のクリック音・・・(滝汗

バック・トゥ・ザ・フューチャー3の最後・・・ドクの機関車型タイムマシンがやってくるときの遮断機のカンカンカンって音が出損なってるみたいな残念な音で・・・(汗

ま、それはともかく・・・ターミネーター:新起動/ジェニシスのスクールバスがつり橋の上で回転するシーンへと・・・

で、最初の驚きは・・・画質モードをナチュラル、シネマ、HDRと切替えた時・・・HDRでの色味とダイナミックレンジが突出してて・・・て言うか、4K HDRのコンテンツをHDR以外で見ると、強烈に残念なことになるなって印象・・・(滝汗

で、HDRモードにすることで、映像は満足できるようになったのですが・・・

あれ?・・・なんか台詞が篭って聞き取り難いねと・・・皆さん同様に、なんで?と・・・この篭ってるのはサウンドスクリーンのせい?と・・・いやいや、サウンドスクリーンじゃないと多少篭るけど、これほどには酷くないよ・・・(滝汗

う~ん、銃弾の跳弾の音はしっかり金属音がしてるのに、何故かセンターが駄目駄目・・・で、スクリーンに近付いてみると・・・やっぱりサウンドスクリーンだ・・・

で、じゃ別のコンテンツは?と・・・今度はオブリビオンを・・・

おお、映像はやっぱりさすが4Kって感じで、4Kの意味はあるよねと・・・ただ、やっぱりこの篭った台詞は駄目でしょう!と・・・(汗

と、daisiさんが・・・ビートルズのBD Audioの5.1chサラウンドで試してみようと・・・ボーカルがぐるっと回る部分を再生すると・・・

あれ?・・・やっぱりセンターのツイーターが鳴ってないんじゃない?・・・で、2ch音源やサラウンドを比べると、センターが駄目駄目で、間違いなくツイーターが鳴ってない・・・

で、これは駄目でしょう!と・・・受付のお姉さんを呼んで聞いてもらうと・・・やっぱりおかしいと認識・・・で、テスト信号を鳴らすと・・・やっぱりセンターが駄目って・・・

今日のメインはAtmosのちゃんとした再生を自宅試聴の参考にするために来たので・・・さすがに、これでは駄目でしょう!と・・・

ってわけで、お姉さんが・・・部屋が2人用の小さい部屋になりますのが、隣の部屋で確認してもらって、よければ変わりにその部屋ではどうですか?と・・・

と言うことで・・・一旦隣の部屋で確認を・・・

隣は・・・シアタールーム3
スクリーン 110インチのサウンドスクリーン
プロジェクター DLA-X590R
AVアンプ ONKYO ntegra DRX-R1
UHD BD-P Cambridge Audio CXUHD
スピーカー FR/C/FL Speaker Craft Profile AIM LCR3 って埋込み型
スピーカー TF/TR Unisonic AHT-40R
スピーカー SRL/SRR/SBL/SBR Speaker Craft Profile AIM LCR3 8本
スピーカー SW Unisonic AHT-10S 4台
土/日/祝、2時間4,000円(1部屋/4名)平日2,500円,30分追加毎:1,200円(最大90分可能)

で、同じディスクで確認すると・・・うん、明らかに前の部屋とは音が違う・・・ちゃんとセンターが鳴ってますね!・・・(汗

と言うことで・・・パイプ椅子を2脚持ち込んで、こちらの部屋へ移動することに・・・

っと、一気にポイントだけφ(..)メモるつもりが・・・時間切れに・・・(大滝汗

なので、つづきは・・・って、もう大した内容はないのですが、次回へ・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4075】191027 レンタルホームシアター?アバック座体験(前編)・・・(^^; 

さて、今回のオーディオセッションのσ(^^)私的な目玉は間違いなくSoulnoteの新しいSACDプレーヤーS-3で・・・どうせ手も足も出ないと分かりながらも、もう一度しっかり聞いておきたいと・・・例え少しの時間でもと再び朝から出かけたわけですが・・・(大滝汗

やっぱりそのサウンドは、類稀なるトランジェントの再現性を備えており・・・音の厚みと濃さと実在感を、全く癖や強調感も無く、当たり前のように普通に描き出す・・・

出し切り系の驚異的な音数と解像度で、空間の音の広がりと密度にむせるような包囲感を生み・・・同時にクローズアップ系の出音の濃さと厚みと実在感のある熱い演奏エネルギーが迫ってくる感じも欲しい・・・そんな強欲なイメージを可能な限り融合したら?・・・

妄想で膨らむイメージの虚飾を取り除くと・・・意外にも当たり前に普通の実在感のある演奏イメージが目の前に生まれた・・・そんなことを思わせるサウンド?・・・

設計者さんの熱い思いにほだされ・・・もっと聞いておきたいと、後ろ髪を引かれつつ・・・この日本来の一発目のイベント・・・アバック座体験へと移動・・・

現地集合場所に着くと、少し早かったのか?一番乗り・・・ああ、もちょっと聞いておけばよかった?・・・いや、あれ以上聞いたら、思いとどうにも出来ない実状の狭間に立たされ、腑抜けになってしまう・・・(大滝汗

と、程無く・・・実際にはさらに早く着いて、近くでお茶してたモモンガさんとdaisiさんに合流したオルフェさんがやってこられた・・・

これから体験するアバック座は・・・感覚的にはレンタルホームシアターって感じなのかな?・・・外観は1,2階が店舗のマンションみたいな出で立ちで・・・

表通りから専用の階段で2階のエントランスに上がり・・・中に入るとすぐ前が受け付けで・・・ワンフロアーに4つのレンタルホームシアターが設置されてるわけですが・・・ちょっとお洒落で大部屋ばかりのカラオケルームのような感じかな?・・・(汗

で、受付を済ませ・・・最初に入った部屋は・・・一番大きな部屋のシアタールーム4で・・・アバックのHPによると・・・

スクリーン 140インチのサウンドスクリーン
プロジェクター DLA-X590R
AVアンプ ONKYO ntegra DRX-R1
UHD BD-P Cambridge Audio CXUHD
スピーカー FR/C/FL Speaker Craft Profile AIM Cinema Five って埋込み型
スピーカー TF/TR Unisonic AHT-40R
スピーカー SRL/SRR/SBL/SBR DALI ALTECO C1 8本
スピーカー SW Unisonic AHT-10S 6台・・・って(@@;
土/日/祝、2時間6,500円(1部屋/4名)平日4,500円,30分追加毎:1,700円(最大90分可能)

【140インチのサウンドスクリーン】
4075-01スクリーンは140インチ

部屋の前面いっぱいに張られた140インチのサウンドスクリーン・・・裏にはフロント左右とセンターSPが・・・天井にはフロントトップSPが・・・

【リアトップとサラウンドとバックSP】
4075-02サラウンドとバック

で、壁面には吸音パネル?が・・・で、視聴位置の左右上部にサラウンドSP・・・その後方入り口ドアの直ぐ上にサラウンドバックSP・・・その天井についてる小さな箱がリアトップSP・・・で、何故か?分からないけど、後の壁面上部にサラウンドバックSPが4本?・・・

【段付きフロアにリクライニングチェア4脚】
4075-03段付きフロアにリクライニングチェアが4脚

で、段付きフロアに大きな電動リクライニングチェアが4脚・・・後の2脚が置かれてる床が20cmほど高くなってて・・・

【プレーヤーとAVアンプ】
4075-04UHD-BDPとAVプリメイン

でもって・・・視聴位置の右手にUHD-BDプレーヤーとAVアンプが置かれてて・・・

【電源周りは意外に】
4075-05電源周りは意外に

で、その後・・・電源周りは意外に適当?AV環境はやっぱりこの程度?・・・(滝汗

まずは、受付の女性に部屋に案内され・・・タブレットの操作方法の説明が・・・

【全てタブレットで操作】
4075-06操作はタブレットで

操作は全てタブレットで・・・基本的な操作だけに集約され、複雑な設定とかは触れないようになってる・・・

と言うことで・・・基本的に、レンタルホームシアター・・・と言うか、ミニサイズなプライベートシアター的な感じで・・・一部新作BDを販売してましたが、基本はディスクやWiFiを使って配信サービスを外部出力できるiPadやAmazon FireTVを持参して再生できると・・・

ってわけで・・・このイベントのメイン・・・モモンガさんご持参のUHD BDから・・・

っと、最初のウダウダで時間切れに?・・・なのでつづきは次回へ・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4074】191027 届いたCD&オーディオセッション(おまけ2)・・・(^^; 

さて、オーディオセッションのおさらいを終わって、翌日のシアター系体験の話しに移る筈が・・・その前にちょっとだけと再び立ち寄ったSoulnoteのデモの話が終わらなくて・・・(汗

ってわけで、再びSoulnoteのブースでの追体験のおさらいへ・・・(^^;

設計者さん渾身のCD/SACDプレーヤーのS-3の熱く濃いSACDサウンドを・・・ポピュラー、ロック、クラシック2曲と聞いて・・・改めて、なるほどSACDでこんな音が出るんだ!と・・・

と、おつぎは・・・設計者さんから、SACD機S-3につて・・・D&Mのトラポメカの下は、Soulnoteお得意のスパイクベースを、牽牛なアルミ削り出しで作成し、得意のスパイクを介して設置させると・・・

で、定番技術のトランスのスパイク保持も・・・ですが、S-3はいろいろ試してアナログ系とデジタル系で2つのトロイダルトランスを装備することになり・・・試行錯誤の結果、トランスは筐体左右のパネルに装着することにし・・・厚みの違うアルミパネルを2枚重ねチタンのスペーサーで挟むことになったと・・・

【ボブディランのSACDのOH, MERCY】
4074-01ボブディランのSACDでOH MERCY

で、おつぎは・・・前日かけなかったボブディランのOH, MERCYのSACDから、Man in the Long Black Coatを再生・・・

おお、SACDがあったんだ・・・って、やっぱりこの濃さとエネルギー感はSoulnoteならではってサウンドだけど・・・SACDでこの濃さが出ると言うのは驚き・・・

で、実際には設計者さんご自信にも驚きのサウンドだったとのことで・・・以前はCDばかりで全くSACDには興味もなかったのに、SACDがこんなにいいとは!・・・(@@;

アナログマスターから直接DSD2.8MHzに変換するのが、ある意味納得行く部分があって・・・PCM44.1KHzにサンプリングする際には、20KHzそこそこ以上をフィルターで落とさなければならないが、どうやらこれが音を破壊して入る気がすると・・・

対してDSDの2.8Mhzでは、1.3MHzでフィルターをかけるんですが、ここまでアナログ信号は伸びていないので、ほぼフィルターレスでサンプリングできるため、これが強烈なメリットになると思うとのこと・・・

で、今度はCDを聞いてみて下さいと・・・前日もかかってたロドガブを・・・

【ロドガブのLive in Japan】2000-03
2000-03ロドガブのLive in Japan

以前からこのロドガブのLive in Japanはよく使っていたが、S-3で聞いてびっくりした・・・これまで聞いたことがない音がどんどん出て来て、日々驚きの連続で・・・S-3にまだまだ上があるぞと教えられているいるようなもので・・・白のリファレンスケーブルを開発することになったのもそのひとつだとのこと・・・

で、先ほどまでSACDを聞いていたので、青いLED表示でしたが、今からCD再生の赤に変わります・・・これは、ドライブのクロックも完全に同期させるためで、メカの電源を一度落として立ち上げ直しているのだと・・・

と言うことで、ちょっと時間がかかりますが・・・これが音のためにクロックを完全同期させている証なのでと・・・

で、天国への階段を再生・・・

やはり非常に鮮度感が高くて濃い!・・・ダイナミックな力感、エネルギー感全開なサウンド!・・・SACDとは音の肌触りが少し違って、少し太い感じが・・・ただ、レンジを絞ってエッジを強調してCDならではのサウンドをって言うのとは違い、繊細で細かな音も出した上で、自然に太さと力感が付いてきてる感じ・・・(汗

ってわけで、まだまだ面白そうな開発裏話てきなデモは続くのですが・・・この日の元々の予定・・・daisiさんに手配いただいたシアター体験に向かわねば・・・

と言うことで、後ろ髪引かれつつ・・・いざ、アバック座心斎橋へ・・・

そう、この日のメインイベントは、モモンガさんご指名で、きちんとしたシアター環境でAtomos再生体験をってことで・・・daisiさんがここを手配いただいたと・・・(^^;

で、店名には心斎橋と付いていますが・・・最寄駅は、堺筋本町でして・・・(汗

とは言え、心斎橋の駅から歩いて17~8分ほどのところで・・・地下鉄を使っても13~4分ってとこなので・・・結局、歩いて向かうことに・・・(汗

と、SoulnoteのS-3のサウンドに魅了され、思わずオーディオセッションのおさらいも終えたはずなのに・・・どうしてももう一度聞いておきたくて、再び翌日聞きに行ったと言うおまけの話はここまででお終い・・・

次回は、有料のレンタルホームシアターってことになるのかな?・・・アバック座初体験のお話しへ・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【お礼】580,000 カウントm(_ _)m 

前回は昨年7月に 570,000 カウントを迎えて半年・・・なのでブログ開始から約11年半・・・

さすがに、こんな冗長だらけで、断定や結論が無く、情報としての価値の薄いブログを長らくご覧いただける方は限られ・・・年々1日の訪問者の数が減り続け・・・最盛期?は150人/日~200人/日だったのが・・・今や1/3程度の50人/日となっています・・・(滝汗

開始から10年間は、一応オーディオ&ビジュアル関連の日記で、365日毎日更新を続けていましたが・・・昨年から、週末は更新をお休みし、コンテンツ鑑賞や実験だけに没入できる時間を確保することに・・・(汗

実際のところ、自ら干乾びたキリギリスと揶揄する・・・昨今話題の老後破産の陰に怯える下流老人まっしぐらな状況の中・・・性懲りも無く、無駄な散財を続ける日々?・・・(滝汗

それゆえ、音源も映像系コンテンツやお楽しみアイテムも、格安中古やジャンク、自作中心に・・・いかに少ない出費で、楽しみまくるか?に一所懸命で・・・(大滝汗

今後も、基本路線は変わること無く・・・出来るだけ出費を抑えて、楽しみまくること・・・知見を広め、実体験を重ねることを主眼に・・・

で、その体験を、一粒で二度美味しい的に、おさらいを通してこのブログにφ(..)メモしていければなと・・・(^^;

結局、今後も相変わらずだと思いますが・・・これまで同様に暖かく見守っていただければ嬉しいなと・・・(^^;

で、気が向いたらで結構ですので・・・ご覧の皆さんからもコメントやご指導がいただけると嬉しいなと期待しつつ・・・ぼちぼちやって行きます!(^^;

ってわけで・・・今後も何卒よろしくお願いします・・・m(_ _)m

ではでは・・・

【4073】191027 届いたCD&オーディオセッション(おまけ1)・・・(^^; 

さて、讃岐の国からモモンガさんを迎えてのオーディオセッションの話・・・って、タイムスタンプは既に去年の話になってしまいましたが・・・(滝汗

そのおおさらいを何とか去年の内に終わらせ・・・新年第一弾は?・・・結局、そのつづきで・・・映像系デモをメインとしたオーディオセッションのお楽しみを終えた後・・・daisiさんの紹介のお店で、お洒落な串カツをいただきながら、おさらい話で大盛り上がり・・・で、翌日に備えてそこそこでお開きに・・・(汗

でもって帰宅すると・・・CDが届いてた・・・

【ジョリベ:フルートと打楽器の協奏組曲】
4073-01ジョリベ:フルートと打楽器の協奏組曲

演奏の場をそのまま捉えたような優秀録音音源を紹介してくださる先輩音友達の日記で見たCDの極安中古を見つけてポチッたもので・・・

優秀録音の多いBISのCDですが・・・なんと!ジャケットに「Warning」って!(@@;

で、恐る恐る聞いてみた・・・なるほど・・・多分、原寸大感覚の音量を出すと、SPやアンプを壊す可能性が高いってことなんだろうなと思われる雰囲気・・・(滝汗

ハハハ、集合住宅では、宝の持ち腐れ?・・・それ以前に、随分改善したと自己暗示中の拙宅システムでは、まだまだ全然現実レベルのトランジェントとインパクトのピークのエネルギーを出せていないことを強制的に痛感させる音源みたいってことだけしか分からない・・・(汗

小音量で鳴らしまくっても、鳴らし込みにはならないだろうし・・・当面、何度も再生して、多少なりともそのトランジェントに慣らす?だけでもやるしかないかな?って・・・(大汗

で、日付変わって・・・翌日は、daisiさん企画の映像系体験をオーディオセッションとは別のところでって予定になってて・・・スタートが11時過ぎからってことでと・・・

うん?それなら・・・セッションの会場から30分足らずで行ける?・・・だったら、セッションの会場に30分程度は寄れるなと・・・10時の開場に合わせて自宅を出発・・・(^^;

で、前日は案内のDMを忘れて貰いそびれた先着の来場記念品をゲット!・・・今回は、千葉のネズミーランドキャラクターのマグカップを・・・(汗

【Soulnoteのブースへ】
4073-02Soulnoteのブースへ

でもって、すぐさま・・・Soulnoteのブースへ・・・(^^;

で、かかっていたのは・・・ダイアナクラールのwallflowerのSACDからSuperstarが・・・

【ダイアナクラールのwallflower】
4073-03ダイアナクラールのwallflower

ええっ!・・・前日も、SACDなのになんちゅう濃くてエネルギー感の強いサウンドなんや?って思ったけど・・・やっぱり、めっちゃ濃いしエネルギッシュ!(^^;・・・う~ん、拙宅ではCD層でもこの濃さとエネルギー感は出ないなあ・・・(滝汗

それに・・・濃くて強いからってストリングスのハーモニーとか繊細な響が出ないってことも無く・・・と言うより、むしろSNが高く、ダイナミックレンジが広いので、繊細で滑らかなサウンドも十分出てるんですよね・・・せめて、繊細さくらいはうちのSACDももうちょっと健闘してくれると思ってたんですが・・・(汗

で、おつぎは・・・っと、改めて設計者さんからS-3の説明が・・・

設計者さん自身、これまでSACDの音は、美しくて繊細なんだけど何かエネルギー感がガーンと来なくて楽しくないと感じてて・・・これがDSD2.8Mの傾向なのかと思っていたが・・・今回、社長から年内に出せ、世界一の音にしろとの2つの条件で開発指示があり・・・やってみたら、SACDってこんな音が出るんだとご自身も驚く音が出たとのこと・・・

【ローリングストーンズのSticky Fingers】
4073-04ローリングストーンズのSticky Fingers

で、つづいてかけられたのは・・・ローリングストーンズのSticky FingersのSACDなんですが・・・ローリングストーンズって一般には、あまり拘った音作りをしてなくて、音のわるい代表のように言われてますけど・・・このSACDをかけたらその狙いが分かって頂けると思いますと・・・Sister Morphineを再生・・・

おお、凄いSN感・・・ギターの実体感が強く生々しい・・・ボーカルもエコーがスタジオの空間を感じさせ、声も自然な実在感と力強さと濃さがあって・・・まるで鮮度の高いプロモ盤を聞いた時に似た驚きが・・・なるほど!自信を裏付けるサウンド!・・・(^^;

で、つづいては・・・前日も聞いたキースジャレットのケルンコンサートを・・・

うん、なるほどねえ、かなりアナログの雰囲気や実在感を感じさせる、滑らかさに、SACDらしい繊細な音数も・・・

と、白い新しいケーブルが、S-3の開発に必要だったこと、内部配線にも使っていること、メカがD&M製を使っていること・・・・S-3の一番の売りはアナログ回路で・・・A-2のブリッジ使用からステレオ片チャン使用に変えることになった背景と、そこからシンプルな回路の方が純度が高まることに帰結して、S-3のTypeR回路が生まれたと・・・その結果、もの凄い純度の高さと熱いパワフルさの共存を実現していると・・・

つづいては・・・これまた前日も聞いたサロネンの春祭を・・・

なるほどねえ・・・デジタル音源ゆえのハーモニーの音楽性はともかく(滝汗・・・極々繊細なニュアンスも仔細漏らさず、エネルギー感の不足を微塵も感じさせず・・・

つづいて、これまた前日聞いたポニョの曲・・・リファレンスレコーディングスのSACDのTuttiから、大植英次指揮ミネソタ響でリムスキー・コルサコフの歌劇「雪娘」より軽業師の踊りを再生・・・

やはり、こういうエンターテイメント性?のあるフルオケは、大得意みたいですね・・・

と、つづいて開発段階の話が・・・っと、ちょっと時間切れ・・・・(大滝汗

なので、つづきは次回へ・・・でも、週明けになります・・・スミマセンm(_ _)m

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

200102 謹賀新年 

みなさま、いつも拙ブログをご覧いただき、ありがとうございます・・・

本年もどうぞよろしくお願いします・・・m(_ _)m

昨年末・・・仕事納めの翌から、胃腸炎で体調を崩し・・・自宅も実家も年末の大掃除が出来ないはめに・・・さらに、12月に入って実家の石油ファンヒーターが点火しなくなり、分解清掃で何とか復活させたばかりと言うのに・・・このタイミングでさらに3台のファンヒーターが点火しなくなり・・・結局、年末はこの3台のファンヒーターの分解清掃修理に明け暮れ・・・

さらにさらに、新年早々、大阪の自宅に4K有機ELを導入したため、実家への玉突き機種となった寝室で使ってた40インチ液晶TVがBCASカードが読み取れないと言うエラーが出て・・・しつこくカードの接点を綺麗にして、何度も抜き差しても症状改善せず・・・(泣

で、新年早々、見たいテレビも見れず・・・分解清掃のはめに・・・(滝汗

幸い、テレビのカードリーダー側の接点清掃で何とか復活?・・・まだ、現時点では様子見で、再発の可能性は否めませんが・・・(汗

と言うことで・・・それもこれも、干乾びたキリギリス的には絶対防衛線?・・・なけなしの資金をみすみす故障買い替えに回してなるものか!・・・なんとしても修理延命し、その分少しでもオーディオ&ビジュアルのお楽しみに回したい!・・・(^^;

そう、昨年は、機材見直しで機器構成のシンプル化に挑みつつ・・・結局、貧乏人の銭失い的に安価、廉価な中古アイテムに散財・・・玉突き整理のはずが・・・機器台数が純増(滝汗

ってわけで・・・こ年こそは、冗長構成の更なる見直し・・・実験機器、休眠アイテムの処分と玉突きにより、空間の創出に挑みたいなと・・・(^^;

ま、こんなこと書きつつも・・・実体はまだ2ヶ月ちょっと遅れの拙ブログ・・・(滝汗

このビハインドも解消したいところですが・・・当面、連載が残ってて・・・いつになることやら?・・・(大滝汗

なんだか既に結末が見えてるかのようですが・・・焦らず、慌てず、ボチボチと・・・(汗

本年も、見捨てず?拙ブログをよろしくお願いします・・・m(_ _)m

で、新年の日記再開は?・・・4日からになるか?週明けからになるか?・・・

いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

【4072】191026 オーディオセッション in OSAKA(11)SC-LX904・・・(^^; 

さて、とうとう大晦日までかかってしまったセッションのおさらい・・・実際、讃岐の国からモモンガさんを迎えてのイベント?はまだこのつぎの日もあるので・・・(滝汗

ま、いけるとこまで行っとこうと・・・この日のオーディオセッションの最後は、パイオニアのサラウンドデモ・・・と言うか、参考出品のSC-LX904のデモって感じ?・・・(汗

で、かけられたのは・・・映画グレイテストショウマンのUHDブルーレイから・・・スウェーデンのナイチンゲール、ミス・ジェニーリンドが歌うNever Enoughのシーンを・・・

あれ?奇しくもSONYのブースでも見たやつですね!・・・う~ん、難しいなあ・・・音のクオリティはこっちの方が高いと思うんですが・・・あまりグッと来ない?・・・SONYのブースでは粗さから勢いを感じたのか?それとも音作りの性格か?・・・

映画のシーンとしての音の雰囲気としてはこちらの方が好感触なだけに、肝心の歌がこっちに来ないのが残念・・・(汗

で、実は、この問題は・・・同じパイオニアのSC-LX89を使ってる拙宅でも感じてて・・・

パイオニアに変える前、OPPOの105DJPのアナログ出力からLUXMANのプリ、パワーで鳴らしてたときは非常にこの曲がよく感じて・・・

【グレイテストショウマンのサントラ】3667-04
3667-04グレイテストショウマンのサントラ

【3667】180527-31 振動吸収子の追加実験&届いた音源ほか・・・(^^; [2018/09/18]

ちょうど、BDで見て感激したのを、サントラで聞いて、ボーカルがこっちに来なくてめっちゃ残念な感じになったのと同じで・・・

この後、ぼちぼち影響が出るんですが・・・その話はまたその都度ということで・・・

ちなみに・・・上のリンクで残念な結果と決め付けてたサントラですが・・・アンプ変更で、それなりには聞ける状態になってます・・・やっぱり鳴らし方が悪かったと言うことで(滝汗

で、またアンプの変更点の説明で・・・プリ段からパワーまでバランス伝送に変えたと・・・それにプリとパワーの間にノイズシールドを入れたとか・・・ノイズ対策が結構見直されたみたいですね・・・それと、電源周りとパワーの出力フィルタやコンデンサーもと・・・(^^;

で、おつぎは・・・映画スパイダーマンのスパイダーマン・ホームカミングから・・・連絡線が真っ二つに割れて、それを支えるシーンを・・・

ま、一体型?プリメインAVアンプに拘るパイオニアゆえ?デジタルパワーアンプらしいメリハリのあるサウンドで・・・長年の積み重ねのある自動音場補正MCACC Proの効果も充分に効いてる感じで・・・十分映画の空間を楽しめるサウンドだったのでは?と・・・(^^;

う~ん、うちも一度メインSPをLX-89で鳴らしてみないと駄目かも?・・・ただ、Atmosやろうとするとパワーアンプ数が足りなくて、フロントを外部アンプにしてるんですけど・・・(汗

ま、音量が結構上げられるからか?・・・この会場でもモニターが65インチで何とか楽しめるのかな?って気も・・・画面が大きければ音が多少物足りなくてもカバーできますし・・・画面が充分大きく無くても、サウンドが充実しているとかなりカバーできますから・・・(汗

で、再びアンプの説明で・・・低位相雑音のマスタークロックを使ってるとかコンデンサーやフィルターコイル、コンデンサーも専用開発していると・・・

それから・・・自動音場補正MCACC Proは、うちのと同じ?・・・ただ、IMAXエンハンスの対応はこの機種から・・・ま、コンテンツの提供数が知れてるからと言い聞かせておこう・・・

で、つぎのデモは・・・レディガガが主演したアリ・スター誕生からシャロウって曲を・・・

お、こっちはボーカルの引っ込みは気にならない・・・やぱぱりコンテンツ側の作りにもよるし・・・システムの微妙な帯域バランスがかなり効く気もするし・・・

そう言えば、拙宅では、ファイルウェブで話題になってた金属たわしアースにアースフィルターを入れたら、割りにいい感じのバランスになったりして・・・(大滝汗

で、再び解説を・・・同じパイオニア同士ならPQLSで伝送品質が上げられるとか・・・先の映像回路のシャットダウンモードの低ノイズの効果とか・・・ネットワークの基板のシャットダウンモードのノイズ低減効果とか・・・

で、最後は・・・アニメと実写のハイブリッド映画アリータを・・・

【アリータ・バトルエンジェル】
4072-01UHD-BDアリータ

かけられたのは、ローラーボールのシーン・・・なんと懐かしい(汗

おお!この映像は面白い!・・・HDからは格段に実写とCGの差がなくなって来てますね・・・確かに4K有機ELだと粗がみえちゃいますけど・・・廉価な4Kプロジェクターならちょうど粗も目立たないくらいになるかも?・・・(^^;

こうなって来ると、製作サイドがもっとクオリティが上がってくるでしょうから・・・こう言うジャンルの映画は、これからますます面白くなりそう!・・・(^^;

と言うことで、今回のオーディオセッション日記は、これにてお終い・・・この後、夕飯を兼ねてdaisiさんの紹介のお店で、お洒落な串カツをいただきながら、おさらい話で大盛り上がり・・・で、翌日に備えてこの日はお開きに・・・(汗

ってわけで、次回は・・・この翌日の話へ・・・でも、再開は三が日明けになるかと・・・下手して体調崩したり、のみ過ぎたりするとその週末も休刊?・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

みなさん、よいお年をお迎え下さい・・・m(_ _)m