FC2ブログ

【928】101231 実家の2階、「乙+icon」システムでチタ~ン!・・・(^^; 

さて、遂に、遂に、昨年の大晦日のお話に・・・(^^;

10万にも満たない「乙+icon」システムで、ご機嫌なサウンドを聞かせるほどの、ほぼマイ電柱の田舎の電源環境で・・・SEと言えども、果たして太刀魚君が、効果を発揮してくれるのか?

恐らく大したことはないだろう・・・っと、高をくくって聞いてみたら・・・(@@

正直、ホンッとにビックリ!・・・この状態で、まだSN感がアップするのか!って感じ・・・

まあ、元々箱を鳴らす「乙」君と、その音を、癖無く広げさせてくれるボロ屋の筒抜け環境のマッチングの良さもあるのだろうが・・・更に静けさを感じる空間に、浮かぶボーカル・・・

これで良質の低域を加えられたら・・・ついつい思ってしまう・・・

まあ、要はこの鳴りをメインシステムで再現できれば、更にご機嫌なサウンドに・・・とは思うものの、その道の険しさを、日々実感するばかり・・・ま、ぼちぼち行きましょか!(^^;

ってわけで・・・お次は、もう一つの実験アイテム・・・そう!・・・勿論、チタ~ン!(^^;

前回は、アルミのスパイクインシュで、その効果の大きさ、システムが違えど、使い方で、同様な効果が得られることを感じたんですが・・・果たしてこれに、チタ~ンが加わると?

【アルミ円錐とステン受け皿とチタ~ンで?】
928-01アルミ円錐とチターンをセット.jpg

左の出川式の自作電源ボックスと、「icon」君には、アルミ円錐とステン受け皿の組合せをセットして・・・送出しの大元、CDPにはチタ~ンインシュ002をセット・・・

でもって、これで聞いてみると・・・(@@

これが驚き!・・・音のほぐれ方が凄く良くなった・・・でも、センターが薄くなったという感じはしない・・・ピアノの音はくっきりしているが、響との区別がつきやすく、広がりも広くなった・・・

ってな感じで・・・凄くいいんじゃないでしょうか!(^^;

一時、話題になったポータブルのCDPですが、今にして、なるほどなと思うサウンドを聞かせてくれました・・・なので、調子に乗って、お次は、SNSで、大先輩が紹介されていてお気に入りになった・・・

【弦楽四重奏団エベーヌのフィクション】886-03
886-03弦楽四重奏団エベーヌのフィクション.jpg

これをまずは、床置きで聞いて・・・でもってチタ~ンインシュ002をCDPの下に敷いてみると・・・

非常に鮮明でダイナミックな演奏で、その定位感が気持ちいい曲ばかりなんですが・・・

うん!・・・各楽器やボーカルの位置は変わらず、よりくっきりとピントが合った感じに・・・

とは言え、まあ、これは、「乙」君が10cmフルレンジなな上に、その構造からも、低域はあまり出ていなくて、オケの腰から上だけを聞いているようなサウンドでの話・・・(^^;

とりあえず、この環境で「乙」君を聞く上では、σ(^^)私にとって、特にマイナスに感じる部分には出くわさなかった・・・

後は、この効果を殺さずに、どこまで厚みと勢いのあるサウンドにできるか・・・って点を、メインシステムの方で実現しないと・・・

この辺は、地道に修行するしかないかな?・・・(^^;

それはそうと、今の大阪のメインシステムの高域寄りのバランスのカリカリ系サウンド・・・σ(^^)私にとっては、あまり違和感無かったんですが・・・その理由は、ひょっとすると、この小口径フルレンジサウンドの影響なのかも知れませんねえ・・・

若かりし頃から、大きなSPは使ったことが無くて、ずっと、フルレンジ中心でしたから・・・

で、少しはその辺りが何とかならないか・・・ってことで、少し遊んでみました・・・

【輪切りの上でチタ~ンを下向きに】
928-02チタ~ンを下向きに.jpg

お出かけセットのノーマル時は、柘の輪切りをインシュ代わりに使っているんで・・・

最初は、これを敷いてみて・・・音にマッシブ感?・・・音像に塊の印象が出てきた・・・

ならばと、柘の輪切りの上に、チタ~ンを下向きに敷いててみたのが上の画像・・・

ですが・・・これはこのシステムでは、行き過ぎ・・・センター方向へこじんまりと・・・

なるほど・・・ならばと、これくらいなら?・・・っと、チタ~ンを上向きに・・・

【チタ~ンを上向きに】
928-03チタ~ンを上向きに.jpg

こんなポータブルのCDPでも、同じような方向性の効果があるのか?・・・

って興味でやってみたんですが・・・おおお!・・・しっかり効果が反映される・・・

厚みが少し付いた感じの印象のまま、空間の広がり・・・音のほぐれ感がグンッと増した!

なるほどねえ!・・・やはり、チタ~ン君の上下の向きで、かなり音の方向性が変わる・・・

このあたりを、音作りのノウハウとして色々試していくしかないんでしょうね(^^;

っと、チタ~ン君での音作りを、大阪のメインシステムでも、少し試してみないとね・・・

で、この後、高域寄りのバランス補正のために、遅くて緩々ですが・・・以前、大阪で、シアター初期の頃に使ってたYAMAHAのSW(サブウーファー)を繋いで、少し中低域をお助けマン・・・

まあ、低域の質は全然駄目ですが・・・雰囲気はかなりアップする!・・・

やっぱり、この方向の変化を大阪のシステムにも加えないと・・・

っとなると、期待の残るアイテムは?・・・もうアレしかないのか・・・でもアレは逆の傾向が強まりそうだよなあ・・・

なんて考えてたら・・・今日は、これで時間切れ・・・つづきは明日・・・

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/967-880b1c41