FC2ブログ

【918】101211 教授邸襲撃:えっ!これが音作りの秘密?・・・(^^; 

さてさて、教授邸で色々な音源を聞かせていただき、拙宅のサウンドからは、遥かな道のりがあることを痛感しつつ、その道のりを、歩むには、一足飛びに進めるものではなく、やはり、多くの経験の上に成り立つものだと言うことも実感・・・

ってわけで、無闇に足掻いても仕方ないと開き直り・・・持参CDを何曲か楽しませていただいた・・・

特に、きっとカッコ良く鳴るだろうと持って行ったアルカザールのCDは、さすがにカッコよかった!

で、お次は、ここへ来る前に気に入った映画「オーケストラ!」・・・これを見た時の話はこちら

【865】101106-7 映画「オーケストラ!」に大感激・・・\(^^)/ [2010/12/10]

ここで、テーマとなるチャイコフスキーのバイオリン協奏曲・・・これが、曲だけで、なかなかこの感激を呼び起こしてくれる演奏が無くて・・・

っと、思ってたら、レコード芸術誌10月号の現代の名録音1980~2010という特集記事で、小林吾郎さんが紹介されていたジョシュア・ベルのチャイコフスキー:バイオリン協奏曲・・・

鮮烈なヴァイオリンソロと緊張感のあるオーケストラが一緒に盛り上がって行く感じの演奏・・・正に、ご紹介した映画「オーケストラ!」の感激を超えるほどの演奏で・・・

で、今回これを持参してまして・・・

【これがお気に入り】866-01  ありゃ!また画像間違えてましたm(_ _)mH23.01.31 08:45
866-01これが凄かった.jpg

果たして、クラシックはあまりかけられない教授邸で、どんな風に聞けるんだろう?・・・

って興味津々・・・っと・・・おお!・・・どうしてどうして、凄い凄い!

映画の音が、これだったら、きっと、もっと感激してたんじゃないかなあ!

σ(^^)私の好きな、視覚に付随して、その描写やクローズアップ度合いが変えられるベースサウンド!

この楽器・・・ここでのこの楽器・・・と、意識を集中した時、画像をズームアップしたようにそのサウンドがクローズアップされるような・・・

そんなイメージシフトが出来そうなサウンド・・・バイオリンの音色が、倍音の伸びが・・・コントラバスの深く包み込むような回り込みが・・・バイオリンとオケとの掛け合いの緊張感が・・・

いやあ、映画「オーケストラ!」のラストの演奏シーンが思い出される!・・・(^^;

が・・・楽器の定位がもう一息・・・音色は抜群ですが、ホールのステージのように、SP後方に展開しないで、前に出てくる感じ・・・ちょっとオーケストラを聞くには、向いてない気が・・・

とこぼすと、教授は、CDトラポのところへ近付き、再び、同じ曲をかけた・・・

えっ!ええ!・・・何が起こったんや?・・・!(@@

なっなんと!・・・オケが、ステージ後方に、扇形に展開した・・・!!!

そろが、ステージ前方にビシッと定位して、ステージが綺麗に再現された・・・

何が変わったんですか!(@@・・・何と、再生モードが2種類準備してあったんだそうで・・・(^^;

クラシックはあまり鳴らさないですけどこれでバッチリでしょう?・・・と、教授は事も無げに・・・

本の数秒の手品のようです・・・だから、コントロールできるって言ったでしょう?(^^;

CDは、録音によって、みんな変わりますからと・・・やろうと思えば、対応できるチューンが出来ると言うことなんですね!

それに、クラシックを再生するのと、ポピュラーを再生するのでは、趣向が変わりますし・・・録音の良し悪しでも変わってくるし・・・

じゃあ、今井美樹の外部クロック無しをやってみましょうか?(^^;

【今井美樹のI Love a Piano】798-01
798-01今井美樹:ILoveapiano:年下の水夫.jpg

ええ、おさらいを・・・うちの娘が、この曲の冒頭だけなら頭に入ってるよって・・・途中からは知らないって・・・いつも途中までしかかけないんで・・・歌詞の意味は分かるかって聞いたら、全然分からないって言ってたんで、ちょっと安心したりして・・・(爆

今は、外部クロック有りを基準に音作りしてますから、外部クロック有りの方がいいですけど、無ければ無しをベースに音を作りますから・・・

っと、まずは外部クロック有りで聞いて・・・ああ、やっぱりこのギャップにはため息が・・・って、違うでしょう・・・(^^;

で、今度は外部クロック無しで・・・いいなあ!どっちでも(^^;・・・それにしても、こんなにピアノのペダルの音が入っていたなんて・・・うちでは全然気付かなかった・・・

この音なら、クロック無くてもいいでしょう?・・・わざわざお金と手間をかけなくても・・・

今のセッティングでは、クロック無しのほうが、ゆったり聞けるようにしていますと・・・

なるほど・・・で、もう一度、外部クロック有りで・・・

う~ん・・・うちで違和感のあった、ピアノのうねりが気にならない・・・外部クロックが有りだと、音像のピントを絞る感じかなあ・・・でも、滑らかで安定した響に感じる・・・

で、外部クロック無しだと、濃さが空間全体に広がり、柔らかく優しく包まれる感じに・・・

例の音場展開のセッティングは、クラシックモードと同じとのことで・・・それでも、これだけ前に出てくるのかあ・・・っと、インシュレーターをちょっと触って、これが、2つのモードの違いだと・・・

へっ?!たったそれだけで、あんなに音場展開が変わるんですか?!・・・(@@

だから、インシュレーターで音を作っているって言ってるでしょうって(^^;・・・

いやいやいや・・・ホンマにビックリ(@@・・・ですわ!

っと、今日はここで時間切れ・・・ってわけで、つづきは明日・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/957-6702667a