FC2ブログ

【N011】インターナショナルオーディオフェアに行ってきました。 

急遽、割り込み記事に変更するため、アップが遅くなりました。

今年で、参加2回目となる、インターナショナルオーディオフェアに行ってきました。
昨年は、初参加という楽しみに加え、丁度、かみさんと娘が来ていたので、一緒に回ったこともあり、これが何千万の音なんだって、なんて言いながら楽しく回ったのですが、今年は、一人で回ると言うことで、集中できるかと思いきや、何とも侘しさが込み上げる一抹の寂しさを感じました。
加えて、4日ほど前から体調を崩し、お腹の風邪だとか、ウィルス性の胃腸炎だとか言われ、半分ふらふらで回りましたので、私自身の中でも、少々盛り上がりにかける部分がありました。

展示内容については、あちこちにアップされているので、省略して、極々印象に残ったことのみφ(..)っておきたいと思います。

まずは、会場がかっこいいこと!
これが都の持ち物で、下手に中途半端なホテルやコンベンションホールより安いんだとか!金のある自治体は凄いですね。

【東京国際フォーラム】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081007073648.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=620,height=820'))">N011-1国際フォーラム.jpg 

ホンとにかっこいいですね。有楽町というお高い土地に、この無駄な空間の凄さ。この立地でこのデザインをするから意味があるんですね。田舎のだだっ広いだれも来ない所に余裕の空間の箱物作ったって、何の意味もありませんよね。(税金の無駄遣いという極めて重い意味はありますが・・・)

防音の効いた素晴らしい部屋なんですが、1点だけ不満が・・・・ドアが重過ぎる!
15センチは厚みがあろうかという重量級のドアが、日々デスクワークで運動しない中年には重すぎるんです。
当然これだけの会場、規模なので、凄いたくさんの人なわけで、満員の部屋をはしごするほかないんですが、このドアの開け閉めが結構大変だったりします。

そんなことはともかく、このオッサレ~な場所に、うっとりするような海外高額システムが目白押し!それが見られるだけでなく、実際に聞ける!しかも有名評論家の講演つきで!
首都圏在住の方は、本当に良いですね。この環境を活かさないのは本当にもったいないですよ。
大阪でさえ、こんな規模のイベントはありませんから、単身赴任中は、最大限に利用しないとと思って、今年も病み上がりの体に鞭打って頑張って行って来ました。

ところが、今年はあまり印象に残るブースがなかったように感じてしまいました。
ある意味、自分の音に満足し始め、ハッとする機会が減っていると言うのもあるかもしれませんね。
でも、穿った見方をすると、σ(^^)のシステムの何倍もするシステムで、ハッとするような音が出せていないと言うことも言えるかもしれませんね。用意された短い準備時間で、部屋にあわせたセッティングを要求されるので、大変でしょうが、そこが腕の見せ所ですから、提供サイドには頑張って欲しいですね。

去年のイベントからの印象ですが、マルチチャンネルサラウンドの方が、再生レベルが高いように感じます。それは、ピュア2チャンネルはそのセッティングで音のかなりの部分が決まりますが、サラウンドだと機器からのストレートな音がきれいに届きさえすれば、マルチチャンネルがこれを補ってくれるからかな?などと思っています。

そんな中、今回のイベントでの感激システムは、2箇所。
まずは、A&Mのブース。

【トランスローターのターンテーブル】550万とか(^^
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081007073723.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">N011-2トランスローター.jpg 

ドイツのトランスローターのプレーヤーと、自社のアンプに今年のスピーカーは、ディナウディオのサファイアでした。
以前、ショールームで聞いたときのことはアップしましたが、その時とは少し趣の違った音で、よりゆったり、ゆとりある音でした。そして、何より楽しかったのが、σ(^^)の大好きな評論家である和田博巳さんの軽快なお話と、熱く迫ってくる試聴曲でした。実際、この講演では、システムの紹介は全くなく(イベント前の待ち時間におなじみの社長から説明がありましたが)、もっぱら音楽講話と紹介曲の演奏が続き、あっという間の90分でした。

【素晴らしい演奏を聞かせてくれたサファイア】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081007073759.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">N011-3サファイア.jpg 

他のブースにはない、いい音楽をいい音で、ゆっくり聴いていってくださいみたいな、このスタンスは非常に良いと思いました。裏を返せば、この再生音には絶対の自信をお持ちだからこそなんでしょうが・・・・・。


もう1箇所は、フューレンコーディネートのブース。
今年初参加だそうです。

【素晴らしい音色を聞かせてくれたピエガ】
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20081007073840.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">N011-4フューレン(ピエガ).jpg 

オクターブの真空管プリとパワーでピエガの新しい最高機種を聞かせて頂きました。
ここが良い音で楽しく感じられたもう1つの要因は、プレゼンターである評論家の傳 信幸さんの楽しいお話でした。スイスのメーカーの話や、高額になった話、リボンツイータの話など、良くそこまでご存知だなと思う博識ぶりなんですが、それをひけらかすわけではなく、面白いオーディオ話として語りながら、気持ちをグッと引き寄せられる曲を掛けていただき、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

やはり、少し形式は異なりますが、ハイルユニットのエラックを聞いている私には、リボンユニットの音がとっつきやすかったのかもしれません。


その他、良かったのは、ソーリューションのアンプで鳴らすソナス。
何とも甘くたおやかに、バイオリンをはじめとするオーケストラの演奏を奏でていました。

そして、素敵なシステムとその音を聞いて、一番思ったことは、素敵な機器が映える素敵な部屋の重要性ですねっ・・・・・て、一番正反対に突き進んでいるお前が言うなよって?(^^;
そうは言われても、そう感じたんだから仕方ない。まあ、音と同時に見栄えも追っかけると言うのが今後の課題ですかね。とても難しい課題ですが、まずは音で満足できる状況にして、次に見栄えとしますか・・・・。


と言う事で、やはりこういうイベントは何かと刺激や目標をくれるものですね。それが、高額商品であった場合には、もう無理ですが・・・さあ!また突っ走るぞ~!

デハ(^^)/

コメント

超高級品も使い方次第、現状使用品も使いこなせば、満足出来る世界が広がると言うことですね。
話は変りますが、今日は初めてのインプラントの手術で、1時間少し口を開け続けたのですが、最終の縫合の頃には麻酔が取れて、痛みをこらえる涙がたまり、終了後イスを起こしてもらったら、涙がポトポトこぼれ落ちました。
看護婦さんに聞いたら、たまに涙目になられる患者さんもいらっしゃるとのことです。
7,8年前、1本が90万近くかかっていたのが、今は三分の一位ですが、1本10万位が妥当な価格ではないかと思います。
5、6年後、保険が効いて費用が安くなるのを、じっと現状維持で待ちたいですが、かぶせてある歯はいつ抜歯になるか予測がつきませんので、日頃の歯のメンテはこまめにしましょう。

歯は大切ですね。
んー。穴あきほったらかしです。
何とかしないと・・・・・
単身赴任が終わってからと・・・
言い訳です。

進行しない虫歯もあるとのことですが、歯の治療だけは、早期に済ませないと、被害が広がりますよ。早めに治療されることを、お勧めいたします。
10年位前から年2回は歯医者へ行って、歯垢の除去とメンテは行っているのですが、以前にかぶせた歯がいつ頃逝くのかは、予測できません。
ブリッジ治療しても隣の歯もダメージを受けると説明されれば、インプラントを考えるしかありません。
オーディオもお高いですが、歯の治療もお高いですね。

昨年の単身赴任前に一応の仮処置はしてもらったのですが、もう取れちゃってます。
んー、1発治療だといいんですけどね。毎回10分ほどのために何度も通うのが面倒で・・・・
やっぱり言い訳ですね。

>昨年の単身赴任前に
私もなりそうです(涙)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/95-4572fac3