FC2ブログ

【905】101205 拙宅オフ第二弾:さわりにおさらいと外部クロック・・・(^^; 

さて、ON爺邸でのオフ会の翌日、toku1209さん、KSさん、ニコニコさんの御三方をお迎えしての、拙宅でのオフ会・・・まずは、拙宅の機器やアイテム?(^^;の簡単な説明をさせていただいて・・・

それじゃあ、何から行きましょうかと・・・っと、その前に、リスポジのご案内・・・(^^;

御三方に適当にリスポジにおかけいただいて・・・っと、ニコニコさんが、ソファーが斜めになっているからと、動かそうとして・・・あれ?動かない!・・・

実は、部屋の構造から、拙宅のシステムは、オフセットしておりまして・・・

で、ソファーが、部屋に対して少し斜めに置いてあるんですよ・・・でもって、ニコニコさんは、これを真直ぐにしようとされたと・・・(^^;

ところが、このオフセット配置のリスポジを固定するために、ソファーの足と床の間には、地震で家具が転倒しないように固定するゲルが挟んでありまして・・・全く動かないんです・・・(爆

【オフセット配置】904-00
904-00オフ会準備完了.jpg

我がリビング実験工房は、マンションのリビング・ダイニングを好き放題使ってはいるのですが・・・

画像右側の壁は、ほぼ全面ガラスサッシ、左の前方は隣の和室(寝室)との境がふすまで・画像のソファーの後をを中心に手前側に、ほぼ同じサイズ+5畳ほどのダイニング&キッチンがくっついてまして・・・画像正面方向は、コンクリート壁ですが、右側角に柱がドンッと・・・

このせいで、スクリーンも、SPも、左は前方の壁よりに設置できても、右側を柱の分だけ手前にもて来なければなりません・・・このため、システムの中心線が、右前方の柱の分だけ時計回りにシフトしております・・・(^^;

おまけに、画像上に写っていますが、リビング側とダイニング&キッチン側はそれぞれ天井高が255cmあるのに、その間に、何と!高さ208cmのところまで梁が横たわっていまして・・・空間が分断されちゃっています・・・

で、フロントSPまでの距離が、約2mのニアフィールドと来てますんで、2人掛けソファーのセンターの位置がメインのリスポジとなっています・・・ここまでが、音が回り込んで包まれ感を感じられる範囲になってます・・・

で、このソファーのセンター後方のシステムの中心線に並ぶ、ダイニングの椅子2脚が、第2リスポジ、第3リスポジって具合になっています・・・ここは、部屋の回りこみはあまり無く、直接音中心の、わりにプレーンなさっぱりした空間に聞こえます・・・

てな具合で、ご説明し、改めて御三方には、リスポジにおかけいただいて・・・

そうそう、画像では、SP左右の丸棒調音材が、細いのと太いのの各2本が並んでいますが、当日、最初は、細いの2本のみにしていたかと・・・

さて、それじゃあ、まずは、昨日のおさらいで・・・藤原清登さんのガルガンチュアからと・・・

【藤原清登さんのガルガンチュア】886-01
886-01藤原清登さんのガルガンチュア.jpg

5曲目のフォーク・フォームズNo.1をおかけしました・・・一応、鳴り出した音は、何も問題なく、今のうちのシステムなりの音で、一安心・・・(^^;

っと、1曲丸々お聞きいただいて・・・いいじゃん、生々しいね・・・っと、嬉しいコメントが(^^;

やはり、定位の仕方が、ON爺さんのところとは随分違って・・・壁の後で、今より更に1m位奥に、ぽっかり、浮かぶように定位してて、おお!スゲエって思って聞いてたんですよねと、こぼすと・・・

それは、部屋の容積が違うし、SPの壁との距離も違うから・・・と、慰めのコメントも・・・(^^;

そうなんですが・・・そこを何とかしたいってのもありまして・・・フロントの壁全面に丸棒調音材並べてみたらどうなるか?・・・なんて、やってみたい思いもあるんですよねえ・・・なんて(^^;

で、お次は、ブライアンブロンバーグのウッドから、1曲目をおかけする・・・

ついついサービスボリュームに・・・でも、何とか部屋の変なブーミーさも出ず、まずまず(^^;

っと、どの構成で鳴らしているの?との質問に・・・UX-1のバランスアウトを右のキット屋さんのプリに入れて、それを左右それぞれパラで、ラックスマンの8チャンネルのパワーアンプ(MU-80)に入れ、そのうちの4チャンネルで左右のSPをバイアンプで鳴らしています・・・

以前は、このアンプは、2チャンネルずつ、BTL接続できるので、8チャンネル全部を使ってましたが、これだけのニアフィールドリスニングに加えて、ゲインが高く、微細なノイズも拾っちゃうので、BTL接続を止めてます・・・それと、同様に、SPに近いため、バスレフから聞こえる中音域も気になったんで、今はバスレフポートをタオルに黒い布をかぶせて、詰めちゃってます・・・(^^;

ふだんは、この7割位の音量で鳴らすんで、左右の丸棒調音材も、今日は廊下に出している太い方も設置しています・・・

やはり、ソファーでは近すぎるとの印象があるが、包まれる感じはJazzにはいいのでは?・・・なんてコメントもいただきました・・・

で、お次は・・・どっちがいいですか?って言うのをお聞きしたくて・・・

まずは、今のノーマルサウンドを・・・今井美樹のI Love a Piano の2曲目、年下の水夫を再生・・・

【今井美樹のI Love a Piano】798-01
798-01今井美樹:ILoveapiano:年下の水夫.jpg

ピアノの響が、クロックの有無で随分変わるんですが・・・今のが外部クロック無し・・・今度は、ルビの10MHz入りのジェネレーターから44.1KHzを入れて再生・・・

っと、こちらの方が好き・・・響きの尾ががキレーに伸びる感じがする・・・こっちの方が精度が高いと思う・・・とのコメントが・・・

ふ~ん・・・不自然さはないですか?ピアノの響のところが、うわん~わん~わん~と鳴るよう聞こえるんですが、それが正しいのかどうかが分からないんです・・・

で、もう一度、外部クロック無しにして再生・・・

あら、中途半端ですが、今日は、もうここで時間切れ・・・続きは明日・・・

というわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/944-2a7ef659