FC2ブログ

【887】101128 そして何も聞こえなくなったさん&Rayさん来訪:少し確認してもらう・・・(^^; 

新年らしさの微塵も無い、相変わらずのネバーエンディングストーリー・・・(^^;

拙宅オフ会も順調にスタート・・・とりあえず、SN感が上がって、中高域の解像度が高く、低域を締め上げ、ハイスピードになってきた今のサウンドをお聞きいただき・・・お持ちいただいたCDをお聞きいただくことに・・・

っとその前に、ここまで出いただいたコメントで気付いたちょっとφ(..)メモ・・・

音が澄んでいる、SNとチャンネルセパレーションが高く空間表現がいいとのお二人のコメントから、ハタと気が付いた・・・現代のオーディオシステムで、そうそう出ない音があるわけが無い・・・そうか!出ていたけど、ノイズや付帯音に埋もれて聞き取れなかった音が聞こえ始めているのか!・・・

これはちょっと、これまでのσ(^^)私の音の捉え方の方がおかしい気がして来た・・・頭の中のイメージでは、F特のディップのように、その音が欠落しているという感じに受け止めていたが・・・多少のうねりで、音色の傾向はあるものの、欠落しているのではないと・・・これまでは、音圧レベルの低い微細な音より、ノイズや付帯音の音圧のほうが高くて聞き取れていなかった音が、ノイズフロアが下がったことで、聞こえるようになって来たって事!・・・これが音数が増えたと感じる部分なのね・・・(^^;

いやあ、何か、たあいも無いことだけど、コロンブスの卵的にスッキリした気分\(^^)/

なんて話は、置いといて・・・再びオフ会のお話へ・・・

で、今度はRayさんが、ちょっとこれをとCDを・・・かかったのは、アン・バートンのHe's Funny That Wayから、3曲目のタイトル曲・・・

これ、以前、 makochaさんのお宅でアン・バートンを聞かせていただいたときに、大感激して・・・

【756】100606 makochaさん邸訪問:JBLホーンサウンドに魅了・・・(^^; [2010/08/23]
【757】100606 makochaさん邸訪問:眼前で囁き、語りかけるボーカル・・・(^^; [2010/08/24]

帰って直ぐに、ブルーバートンと一緒にポチッとして・・・うちではサラッとしか鳴らなくて、あの濃さが感じられればなあって思って以来、聞いてなかった・・・(^^;

で、久々に聞いたアン・バートンのHe's Funny That Way・・・おお、ベースがかなり好みの音に近づいてる・・・そうか!前は方向転換前の低域が緩い時の音だったから・・・

っと、Rayさんからも・・・締まってますね!と(^^;

で、次に、渡されたのは、DVD-Audioディスク・・・かかったのはカサンドラ・ウィルソンのTraveling Miles から、1曲目のラン・ザ・ヴードゥー・ダウン・・・

う~ん・・・カサンドラ・ウィルソンのアルバムだと、本当はぶっとく、ごついベースがブイブイ響いて、キックドラムがドスッと鳴らないと寂しいんでしょうねえ・・・今のうちでは、このベースもドラムもすっきりソリッドに聞こえる・・・(^^;

この環境(マンション)だと、出そうと思えば出せるんでしょうけど、これが限界なんでしょうね、出しちゃうと、また張り紙されちゃうもんね(^^;・・・だから、どうしてもMID中心になってくるんでしょうね・・・でも、だるいところが無く、上手く音作りしてるね・・・Rayさんから・・・

ハハハ・・・その通りです(^^;・・・ピラミッドバランスのサウンドは、今は出ないんです(^^;

次は・・・これも、DVD-Audioディスク・・・Bamboo Born 竹竹 Take Dake・・・

おお!このディスク・・・一昨年の6月頃でしたか、音源出版さんが主催された、評論家の藤岡さんが講師のTAD体験イベントで、お土産にもらったディスク(^^;・・・全部竹で作った楽器で演奏されてるんですよね!・・・

で、その冒頭1曲目を再生・・・おお、以前よりSN感がかなりアップしてるなあ(^^;

竹筒の共振を使った?低音楽器のボウッて低い音が・・・やっぱ締まって量感は無いなあ・・・

でも、早いだけで、入ってる低域まで全部出してくれてるよ・・・小さな音量でも、充分全部の情報が出てるから、いいんじゃないか・・・と仰っていただいて・・・v(^^;

そうなんです・・・σ(^^)私にとっては、小音量で聞き取りやすくなったのが、チタンインシュと太刀魚君で得られた一番の収穫かもしれません・・・(^^;

このSPは、小信号が得意なの?・・・と、そして何も聞こえなくなったさんの問いに・・・

ふと考えてみるに・・・おそらく、ノーマルのS-1EXでは、絶対出ないと思います・・・目一杯悪さをしてあって・・・吸音材は全て抜いてますし、SPユニットを重心で支える自立台や、出音の反作用を抑える仮想ウェイトの茅蜩・鼓粒、フレームを歪ませず、エンクロージャーから浮かせるケブタフェルトシールなど・・・一連のGe3的SPチューニングあってこそのサウンドだと思います・・・(^^;

上手くチューニングしている・・・かなり低い音も出てるが瞬速が早いんだね・・・とのコメントも

ホールのムワ~ンとした低域の回りこむような豊かな低音は出ないですが、一応、ソースに入っている音は聞こえるって感じでしょうか・・・(^^;

お次は、そして何も聞こえなくなったさんのCD・・・ピアノのソロ・・・

滑らかさと鮮烈さが印象的な演奏・・・

空間は良く出ていてガッチリ、綺麗で透明とのコメントをいただいて・・・また一安心(^^;

部屋のコーナーの丸棒調音材がかなり貢献してる・・・天井まで伸ばしたらどうなるかに興味があるんえすよというお話もさせていただき・・・天井のコナーがポイントとのアドバイスもいただいた・・・

奥行きと、そこで演奏している感じがするねとのコメントに・・・ふと思い出した・・・以前、シアターメインの頃、部屋のコーナーに押し込んでいた時は、奥行きなんか全然でなくて、もやっとしていたなあと・・・SPを段々前に出して、徐々に良くなって・・・「乙」君で良く鳴る場所探しして今の位置にして、大きく変わったんだった・・・とは言え、ホーンSPのように、目の前に立つような音も欲しいんですけど、それは出ないですね(^^;

いやそれは、近過ぎて問題あるよ!と(爆・・・そう言えば、どんどん奥に展開させてるなあ(^^;・・・本当は、ボーカルとかソロは、SP間の真ん中にいるままで、バックを後方に展開させたいんですけど、σ(^^)私の腕ではセンターも奥へ行っちゃって・・・それで、なお更センターに厚みと実体感が欲しくなっちゃうんですね・・・(^^;

っと、Rayさんがもう1枚CDを・・・っと、昨日と同じ展開だけど・・・

今日はここで時間切れ・・・と言うことで続きは明日・・・

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

新年明けましておめでとう御座います。
なかなか順調ですね。
この文面によると三次元再生を尽き詰めたいようですね。
そういえば、ラインケーブルとスピーカー
ケーブルは、どうしてます。
教授さんに相談した?
電源工事はやったかな?
マンションなんでアース工事は、難しいかと
出水電器では新素材による音質の変化が
すごいですよーー。
多分、ヤマテツさんの好みかと思います。

青フォレさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

聞きたい音のイメージはあるのですが、お馬鹿な妄想レベルで、実現するには、σ(^^)私の感覚的能力が、今のままでは無理でしょうし、それにかなうソースがあるかないかも分かりません・・・なので、もし、それを実現したサウンドを他の人にお聞かせしても、σ(^^)私の思うサウンドが分かるかどうか分からないような気がしています(^^;
なので、青フォレさんの書かれている「三次元再生」がどのようなものか分かりませんが、σ(^^)私のイメージしているものとは違うような気がします・・・(^^;

ラインはオーディオクエストの切り売り安物、SPはハイエンドホースの芯線と、特にこだわりの無いものです(^^;
電源回りは、まずは今思うレベルを実現したら、一旦お休み・・・その後は、感覚養成しつつ、次の「何か」を探す事になりそうです(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/927-3afb121d