FC2ブログ

【869】101113 大阪ハイエンドオーディオショウ&オーディオセッションメモ(1)・・・(^^; 

さて、チタ~ンインシュの製品版002 と電源ケー・太刀魚君Type2の1号、2号がそろって、超ご機嫌・・・ではあるんですが・・・

この頃、仕事がめっちゃ立て込んでまして、連日帰りが遅く、音量が上げれないし、ほとんどオーディオを楽しむ時間が取れない・・・

おまけに、この頃、このブログにアップしていたお話が、そして何も聞こえなくなったさんのお宅に伺ったお話~JJ工房参加のお話~酒仙坊邸訪問のお話・・・と、めっちゃ濃い訪問のお話の連続・・・

おさらいする時間が足りず、睡眠時間を削れるだけ削って・・・って、放っといてもうたた寝するんで、その隙間以外は、お話書いているという毎日・・・いやあ、ホントにきつかった(^^;

っと言うのも、この週末、大阪ハイエンドオーディオショウとオーディオセッションで、昨年同様、過去にお伺いした三重~四国~大阪の方々とお会いすることになっていたから・・・

何とか、この時間を確保しないと・・・って思いで、必死にやりくり・・・(^^;

その甲斐あって、何とかいくことが出来るようになった・・・\(^^)/

で、当日土曜日・・・何と、その日の分のブログのお話がなかなか書き終わらず・・・うたた寝を交えながら、結局朝まで・・・なんて、最悪のコンディションで現地へ・・・

勿論、集合時間には間に合わず・・・連絡も上手くつかなかったんで、とりあえず、ハイエンドショウのほうから、超特急で見て回った・・・

で、今日のお話は、そのφ(..)メモ・・・単なるφ(..)メモです(^^;

まず、最上階、10階へエレベーターで上がり・・・ユキムのブース・・・

【ELACの330がアルミの塊で鳴らされてた】
869-01ELAC330がアルミの塊で.jpg

特段取り立ててどうこうと言うレベルではないですが、毎度、安心できる音の気がします・・・ってか、基本的に、ELACは好きな音・・・

何はともあれ、シリーズ共通のハイルドライバーのJET3ツイーターの音色と音の出方が好きなんですね・・・エネルギー感ありながら繊細で、しかも広がり豊・・・

今は、休眠させてますが、単身赴任中は、BS203Aを改造して遊び倒してましたから・・・そうだ、また引っ張り出して復活させようかな?・・・(^^;

【こちらはオーラのシステムで310を】
869-02オーラのシステムでELAC310を.jpg

あらら、ピンボケですね・・・今回、持ってったコンデジが、いつものFInePixじゃなくて、その前に使ってたLUMIXを久しぶりに引っ張り出してきたんで、使い慣れて無くて・・・(^^;

もう一部屋では同じくELACの310がオーラのシステムで鳴らされてました・・・シンプルでお洒落な感じでいいなあ・・・さっきのアルミの塊はちょっと見た目が・・・(^^;

対峙せず、ゆったり気軽に楽しむには良いですね・・・やはりJET3ツイーターの出音が部屋の制約をかなりカバーしてくれてる感じが・・・

お次は、9階へ・・・こちらはゼファン・・・おお、話題?のCRMですね・・・

【こちらもアルミの塊CRM+SW?】
869-03話題のCRMにSW?.jpg

おお、アルミの塊のCRMにサブウーファー?がくっついてますね・・・音は・・・あれ?何か・・・

どうしたのかな?・・・耳おかしい?高域が物凄く吸われてる?部屋のせい?

【目に付いたのは一番上のトラポ?】
869-04目に付いたのは一番上のトラポ.jpg

音の特徴は分からんかったですが、このトラポは非常に良さげでした!・・・後でセミナー会場で見たら、いい作りしてるし、聞いたらやっぱり気になる音・・・でも価格が(^^;

お次は8階へ・・・トライオード・・・アコースティックアーツ・・・モニターオーディオ・・・

画像も無い(^^;・・・なぜか、どれも部屋の低域処理に苦労されているようで・・・σ(^^)私の耳が今の自宅のキリキリの低域に慣れたのか、ほとんどブカブカブヨブヨに聞こえて・・・(^^;

で、7階はリンジャパン・・・DS中心のシステム・・・画像も記憶も無くて(^^;

次は6階で・・・ナスペック・・・今年もワイヤースタンドに乗ったブックシェルフが・・・ジョセフとダートジールも去年と同じ雰囲気・・・オルトフォンは、毎年、おっと思わせる濃いアナログサウンドを聴かせてくれる・・・ここの音、好きです(^^;

5階では・・・あれれ?ここも画像も記憶もない・・・(^^;

4階で上様と遭遇・・・他は・・・ここも記憶が・・・

3階・・・フォーカルのパワードSPが鮮度感高かった・・・

2階・・・ジェフはノイズフロアを下げるためにシャシ、電源、基板、ケーブル、振動処理・・・なるほどね、この考え方に則してるわけですね・・・

っと、何と何と・・・1時間足らずで1順しちゃった(^^;

っと言うのも、今年は、どうにもホテルの部屋の音作りにどのメーカーさんも苦労されている気がして・・・逆に言うと、そこが気になって、ジックリ聞けていなかった・・・まあ、ここで展示されている機材は、今のσ(^^)私には買える機材でも無いですしね・・・(^^;

それに、どうやら、拙宅のシステムの音がガラッと変わったからか、部屋のせいか、どうにも、ほとんどのブースで高域が無くなって聞こえるし、低域が緩く聞こえて・・・

う~ん、ちょっと、例年とこれだけ印象が変わっちゃうと、自分の耳の方がノーマル?から離れて来ている気がするなあ・・・(^^;

っと、さて置き、明日は、この後、行ったオーディオセッションの方のφ(..)メモ・・・

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

Mt.T2さんこんにちは。私は今年のオーディオ・セッションは行くのを忘れてしまいました。

前の記憶からいえば、各部屋とも、絨毯敷いてる部屋も多いし、機器やスピーカはポン置きだし、電源もホテルにあるコンセントを使っているはず(まさか特別に電源をとっていることはない?)なので、それなりの音しか出ませんね。

機器を見に行くところですね。それと、スタッフのお話を聞くのは楽しいです。

何も聞こえなくなったさん、コメントありがとうございますm(_ _)m

これまでは、気にしていなかっただけかもしれませんが、今回、電源コンディショナーやフィルター機能付のタップを使われているところや、吸音材や調音材、グリーンディフューザー?(観葉植物)を使っているところがたくさんありましたよ(^^;

残念ながら、太刀魚君を使ってるところはありませんでしたが・・・使ってたら反則?(^^;

一部の海外ハイエンド機器は、こういう環境でもパフォーマンスが出ると聞いたことがあります・・・それがハイエンドたる所以だとも・・・価格や見てくればかりでなく、そういう技術的な面でハイエンドな機器ばかりだといいのですが・・・

あの制限だらけの環境で、ほんの短時間でセッティングしなければならない訳ですから、出展者も大変でしょうね・・・その中で素晴らしい音を出せたら、機器も売れるでしょうし、そのセッティングの腕も高く買われるでしょうね(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/908-6de30c40