FC2ブログ

【836】100920 遂にあのJJ工房参加:掴んだコツというのは?・・・(^^; 

相変わらずの忙しさに、寝不足も手伝ってか、今一つ風邪が良くならず・・・いつもながらの誤字脱字、意味不明の文章が、更にパワーアップしておりますが、多くの方に覧いただいているようで、感謝と同時に恐縮するばかりです・・・ありがとうございますm(_ _)m

さて置き、何とか今日も、限られた時間に、書けるところまで・・・

村井さんの手配により、JJ工房に届いた2つのSPの聞き比べ・・・素直な魅力のFALに対し、広めのレンジで独特の響の味付けを感じるウォータン・・・

【FALと位置を入れ換えたウォータン】
836-01FALと位置を変えたウォータン.jpg

前日、JJに届いたものの、なかなか鳴らなかったというウォータンを、鳴らすコツを見つけ、工房当日の午前中に、こんなソースが楽しく聞けると言う、ウォータンのJJ流楽しみ方まで見つけるマスターのオーディオノウハウに驚くばかり・・・

そんなマスターお薦めのウォータンに合うソフトを聞かせていただいて・・・

そのウォータンで次にかかったのは・・・昨日のお話しの最初の方にFALでかかった、クリアで鮮度の高そうな録音のピアノトリオ・・・(そーすの出自がわかりません(^^;)

やっぱり、σ(^^)私には、中高域の厚みと少々リッチな余韻が・・・すっぴんの美人もいいが、程良く上手なメイキャップしたいけてる子も大好きです・・・ただ、少々足元が・・・そのドレスに怪獣みたいなブーツは・・・って感じで低域が好みじゃの方向にゴージャスなのは、元々の素養なのか、床や部屋によるものか、それとも相乗効果なのか・・・

っとここで、まだお聞きしていない方の意見をと・・・

河村尚子のスタンウェイは、ちょっと厳しかった、クアドラルの方が高音はある程度出ているが、ちょっとわざとらしいかな・・・それと、左手の音が両方とも全然駄目ですね、鋼鉄のフレームの質が出ないですね・・・とか

クアドラルは苦手な方の音、ベースとバスドラの分離が悪い、ギターの弦の厚みが欲しい・・・ピアノも質感を凄く望んでいるが、好みからすると希薄な感じ・・・ピアノの左手って凄く難しいところで、コードをパーンと入れた時に、ズーンと来るような、瞬間の下支えに右手の音が乗らないと、ピアノのよさが感じれない・・・鳴らしていくには、その点を問題点にして、仕上げていくことに・・・

追い込む時は、箱が鳴るSPは、うまくつぼを押してやるように、正体と虚体(鏡体?)のバランスを合わせてやれば、上手くなると思う・・・無共振系のSPは、違う方向で引き出してやらないと・・・

っと、遂にここでマスターが・・・

FALの方が、JJでは使いやすかった、鳴らしやすかった・・・反応が良く、何やっても凄く良く分かる・・・もう一つクアドラルは、最初全然鳴らなくて、どうしょうもないなと、JJのシステムでは、多分鳴らないだろうなと思ったと・・・ところが、今朝、コツを掴みまして・・・いらんことしたら駄目ですね・・・いらんことすると、どんどん鳴らなくなる・・・

いらんことって?・・・

余計な対策・・・マニア心で、こうすればいいだろと思うことをすると、どんどん鳴らなくなる・・・

種を明かすと・・・通常お使いの機器やDACを通さず、CDプレーヤーからの音をそのまま鳴らしたら突然鳴り出した・・・なるほど、こういう感じかと、その方向で調整したら、そこそこ聞けるようになったとのこと・・・最初FALの味方だったのが、鳴りだして嬉しくなって、逆転して、クアドラルを応援したくなったと・・・

機器の製作側のポリシーが強くて、これがバッティングすると上手くならないって言うのはセッティング以前の問題・・・この辺りもオーディオの奥深く面白いところと・・・

っと言う事で、USBー101やRMS1000を足したらどうなるか?っていうのを企画として考えておられたようですが・・・こりゃどうしようかなって事に・・・(^^;

とは言え、ちょっと、USB-101を通して鳴らしてみましょうか・・・と言うことになり、クアドラルで、最初の試聴曲・・・スパーク・オブ・ライフのアップ・ウント・ツーと言うアルバムから、1曲目のThe voidを再生・・・

うわ~!・・・これは、とっても厚化粧(^^;・・・余韻に余韻が重なって音がふらつく感じが・・・

お次は、ペッテリサリオラを・・・

ありゃりゃ・・・弦の芯が無くなって、響がずれたエコーが付いたみたいに・・・バスドラが毛布でくるんだハンマーで叩いているような・・・(^^;

と、マスターが、何か元気が無いでしょう?と・・・

すると、皆さんもコメントに困った感じかなと思っていると・・・いやな感じはしないという意見が・・・更に、これが一番いいんじゃないですかとの意見も複数・・・

おお!やっぱり、人によって随分印象が違うってことですかね?・・・それとも、最近のσ(^^)私の趣向の変化がモロに出てきてるのかな?・・・(^^;

っと、CDプレーヤーからのフィードバックで音を作っているんじゃないかと思うという意見が・・・

もう一つ、どこにウエストがあるとか、どこに筋肉があるとかが、少しずれて聞こえて、どこかいびつな感じがすると・・・

そんな意見も出てきて、ちょっと安心(^^;

っと、ここで、FALの方だともう少し聞けるようになるかもという事で、FALに繋ぎ変え・・・

その作業の合間に、上様から・・・箱を鳴らすSPの下には、ゲルを挟んで、浮かす感じにすると、鳴り方の中心が出て、濁りが減ると・・・サブウーファーも、普通はピンポイントでガッチリ支えるが、振動の低いものほど力があるんで、滲んでいるけど、ゲルを敷くと、フォーカスがバシッと合う・・・と言う、通常とは全く違うノウハウのお話が・・・

先日、「乙」君で体験済みなので、なるほどなと・・・SWも試してみないと(^^;

で、実は、このお話に少し関係する体験を、この日、このJJ工房の最後の方にしたんです・・・が、そのお話は、そのときに・・・(^^;

っと、またまた、随分中途半端なところですが・・・今日は時間切れ・・・

ってわけで、続きは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/874-f2ebdfdf