FC2ブログ

【826】100918 そして何も聞こえなくなった邸オフ会:スパイクインシュ聞き比べ・・・(^^; 

さて、ホールの響の違いをSACDマルチで聞かせていただいた、そして何も聞こえなくなった邸のオフ会も、いよいよ実験モードに?・・・(^^;

っと、その前にしばしお茶タイムを挟んで・・・まずは、トランスのモードの違いを・・・

前回、丁度マイブームだったダウントランスを持ち込み、聞き比べをさせていただいた際・・・

【749】100530 ダウントランス比較試聴会@そして何も聞こえなくなった邸:その1・・・(^^; [2010/08/16]

σ(^^)私が持ち込んだ、教授から譲っていただいた鉄箱入り単巻きトランスの低域のキレやエネルギー感に興味を持たれ、氏がお使いの絶縁トランスの接続を切り替えることで、単巻きモードと絶縁モードを切り替えるように出来ることを思いつかれ、その成果が、氏のHP「マルチチャンネルオーディオの世界」に纏められていますが・・・

 こちら >> 13.単巻・非絶縁トランス--今までの考え方をリセットする--

その違いを、ブラインドで聞いてみてくださいとのこと・・・

【トランスのモードを聞き比べ】
826-01トランスのモードを聞き比べ.jpg

で、こちらが、モードAの方ですと、かけられたのは・・・イワンフィッシャー指揮、ブタペストフェスティバルオーケストラで、ドヴォルザークの交響曲第8番、第9番『新世界より』・・・

ピラミッドバランスの雄大でエネルギッシュなお馴染みのメロディー・・・いいなあって感じで・・・

っと、それじゃ次がモードBですと、もう一度冒頭から・・・

ふ~ん・・・音数が増えたような感じで、ちょっと賑やかで、中高域がスッキリと、金管が少し煌びやかに・・・ただ、低域の厚みや量感、エネルギー感は、最初のモードの方が、ガツンと来てσ(^^)私の好み・・・多分、最初のが単巻きトランスだろうなと・・・

で、結果は正解だったようですが・・・印象を話してみましたところ、3人とも、聞いているところが違って、印象が異なるということに・・・(^^;

お次は、インシュの実験に入るんですが・・・このCDだとホールトーンが多いので、ここからの試聴には別のソフトを使って、トランスは単巻きモードで・・・

【オリジナルはTAOCのインシュ】
826-02オリジナルのTAOCインシュ.jpg

まず、そして何も聞こえなくなった邸オリジナルのTAOCのインシュの状態で試聴・・・

【アルミスパイクインシュ】
826-03アルミスパイクインシュから.jpg

で、お次は、うちで効果満点のアルミスパイクインシュをダウントランスのケースの下に3点支持で設置して試聴・・・

う~ん、中域が厚くなって滑らかに、SNが上がったのか?音数が減ったのか?・・・どうも皆さんには、音が解れてないみたい?・・・

そして何も聞こえなくなったさんが、トランスをケースに固定しているネジ4点の足部分をインシュに乗せないと駄目みたいと・・・置き直して、再び試聴・・・

やはり、幾分カチッとした音にはなったが、傾向は同じ・・・

うちでの効果は、タップも含めてインシュを入れているから?それともコーリアンのボードとを敷いているから?それとも鉄箱に入っているからなのか?σ(^^)私にはプラシーボが入っているのか?・・・

どうも、皆さんの印象はよろしくないみたい・・・(^^;

【試聴はマーラーの4番】
826-04試聴はマーラーの4番.jpg

も一度、試聴曲を、マーラーの交響曲第4番を再生・・・でも・・・やはり、傾向は同じ・・・(^^;

ってわけで、今度は、いよいよチタ~ンの登場!(^^;

【チタンを3点で(画像はこの後の4点支持)】
826-05遂にチタ~ン登場.jpg

画像は、4点支持ですが、最初は、チタンインシュを手前2点、奥は左1点の3点支持にして、同じ曲を2チャンネルで再生して見ると・・・

ほう!・・・やっぱり、SNが上がるのか、グッと音数も増えて、解れてクリアに聞こえる・・・低域も重心が下がって伸びているみたい・・・バイオリンの高域もす~っと伸びてる感じ・・・

もっと、高域に金属の響が乗って煩くなるかと思ったんですが、全く煩くないどころか、キッチリ解れて随分聞きやすくなっている・・・

で、お次は、黒檀のスパイクインシュも聞いてみる・・・

【黒檀のスパイクインシュも試聴】
826-06黒檀のインシュを.jpg

っと、皆さんは、高域がかなり煩くなたと・・・

ところが、σ(^^)私には、逆に高域が無くなって・・・何故か逆に中低域にバランスが下がって、団子状に集まって暖か?って言うか緩くなったように聞こえたんです・・・

っと、ここでも、聞いているところが違いますねと言う事に・・・

ちょっと、σ(^^)私の聞いている印象がずれてるって感じが強まったかな?・・・ハハハ(^^;

とは言え、全体的には、チタンがバランスがよかったと言うことで・・・

この後、4点支持にしていろんなCDを次々聞かせていただいた・・・

っと、今日は、ここで時間切れ・・・

ってわけで、続きは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

トランスの下にスペーサ置いてそんなに音がちがうのん? と思われる方も多いと思いますが、いま電源ケーブルに履かせる下駄が売られている時代。トランスは鉄芯に電源ケーブルを何百回と巻いた、ケーブルの塊、スペーサの効果は2芯のケーブルの何十~何百倍にも増幅されるのです。
  • [2010/11/01 22:15]
  • URL |
  • なにも聞こえなくなった
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そして何も聞こえなくなったさん、コメントありがとうございますm(_ _)m

そうですね、以前、お伺いしたSongbirdさんのお宅で、ケーブルには、コンデンサーマイクロフォンと同じような部分があるから、振動すれば当然その音が入ると・・・ケーブルインシュレーターの下にティッシュペーパー1枚を挟んだだけで、音が鈍ってしまうのを実体験させていただきました・・・(^^;
仰るように、トランスは、その影響が大きいと言うのも納得ですし・・・勿論、機器の中の電源トランスもしかりなので、機器のインシュレートも当然音を大きく変化させるということですね・・・面白い!(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/864-d1523530