FC2ブログ

【818】100904 逸品館&Pioneerイベント・・・EXシリーズ比べ・・・(^^; 

さて、逸品館の清原さんがトルクチューンしたS-1EXの聞き比べ・・・あからさまな差が!

じゃあ、もう一度、今度は逆の順番で、違うソースを・・・と、かかったのは、ケイコ・リー・・・

アルバム、ビューティフル・ラブからタイトル曲を、調整済みのS-1EXで・・・

おお、生々しくONな録音・・・ボーカルが、ふっとセンターに浮かぶ・・・

エコーが綺麗に部屋に広がる・・・やはり、直接音の音離れが良く、響とのバランスが好印象・・・

トランペットがなかなか艶っぽい・・・う~ん、うちでこんなに厚みのある音は出てないなあ(^^;

やはり、こういうバランスの要素も取り入れたいなあ・・・

【お話と関係なく・・・S-1EXのカットモデル】
818-01何気にS-1EXのカットモデルが.jpg

っと、お次は、実調整のS-1EXに変えて、再び再生・・・

はあ~、、、やっぱ、ここまで変わりますか!・・・風呂場の残響のように直接音と響がお互いかぶってブヨブヨに・・・滲みまくり・・・これはあかんでしょう・・・

SPも楽器と同じで、きちんと調整してやると、音の濁りが取れて、良く鳴ると言う事ですね・・・と清原さんから解説が・・・

このS-1EXは、ほぼ同じ位、展示会等で使い込まれた2セットのうち、1方を、事前に借り受けて、2週間ほどかけて、調整されたものだそうで・・・元は、締まり過ぎているので、要は、緩める技術だとのこと・・・緩めることによって、ユニットと箱が上手く振動するようになると・・・締まり過ぎると、楽器と同じで、鳴ろうとしている弦を押さえつけることになり、音を殺すことになりかねない・・・

一旦緩めると、木が浮いてきて、頃合を見て、また調整する・・・本当は、温度とか湿度によって違ってくるが・・・そこまでやると、毎日、調整しないといけなくなる・・・(^^;

なるほど!確かに、この音を聞くと良く分かります(^^;

【またまた関係なく、カットモデル上部】
818-02上から.jpg

で、すこしこのSPで色々聞いてみましょうと・・・取り出されたのは・・・TDKレコードで作られたレコードをCDで出されたものだそうで・・・

アンバートンのCDの2曲目イフ・アイ・ワー・ベルを再生・・・

っと、SPを調整済みの方に変えて・・・

交換中に、清原さんは・・・TAD-D600が何で今頃、こんな高いCDPが出てきたのかと・・・従来のTADの音は真面目で硬いイメージだったが・・・結構色っぽい音が出るので、こういう音作りもパイオニアがするようになったのかという感じで、意外な感じだった・・・初期のエクスクルーシブのような、良いところに戻ったような感じがすると・・・

っと、改めて、アン・バートンのイフ・アイ・ワー・ベルを再生・・・

ほお!・・・凄くクリアで厚みのある生々しい感じのご機嫌なサウンド!・・・

中域の張りと厚みが、何とも心地良い!・・・

次は、五島みどりのバイオリン・・・アンコール集からエルガーの愛の挨拶・・・

う~ん・・・S-1EXから、何とも熱く艶っぽいバイオリンの音が・・・

この滑らかに、厚みのある中音の安定感は・・・やはりTAD-D600のおかげ?・・・

好評価が多いのも良く分かりますね・・・ホントに心地良いサウンドを聞かせてくれます・・・(^^;

【も一つ関係なくカットモデル中段】
818-03真ん中.jpg

次は、ポピュラー風に演奏するオーケストラでバトルスターギャラクティカのメインテーマ・・・

このホーンセクションの厚みと、コントラバスや太鼓の低域の深く豊かな感じは凄いなあ・・・

うちでは出ない方向のゆったりとしたクラシックにピッタリのピラミッドバランス・・・

っと、ここで、思わず、S-2EXとS-3EXを聞かせて欲しいとリクエストしちゃいました・・・

で、まずは、S-3EXから・・・

ふ~ん、ちょっと中音に明るさがある?・・・低域はS-1EXに比べると薄い・・・

やはり、キッチリ整理し切れていない明るく元気の良さ見たいのが、特徴なのかな?

返って、S-1EXのワイドレンジにフラットな感じが良く分かったりして(^^;

【最後にカットモデル下段】
818-04下の方.jpg

お次は、S-2EXで・・・

低域はスッパリ無い部分があって、量は望めないが・・・中高域はやはり、キッチリ整理しきったサウンドで、十分な余裕が感じられる・・・

ユニットの性格が、ピッタリS-1EXに合うのは当然か・・・(^^;

いつか、リアやセンターにも同じユニット構成で、サラウンドが組みたいなあ・・・って妄想が(^^;

まずは、充分鳴らし切れる部屋が要るか・・・トホホ(;_;

ってなわけで、この試聴会はこれにて終了・・・

この後、もう一つの部屋で、パイオニアのブースによって、SUASANOの後継出ないのか?とか・・・セパレートにして欲しいとか・・・FireWireを残して欲しいとか・・・

コーヒーをご馳走になりつつ、好き放題、言って帰ってきました・・・

う~ん、うちのS-1EX・・・欲しい所が少し見えてきた?(^^;

ってわけで、今日はここまで・・・明日は・・・未定(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/856-7d9090d9