FC2ブログ

【817】100904 逸品館&Pioneerイベント・・・トルクチューンS-1EX(^^; 

さて、教授クリニックの驚き体験に刺激され、チタ~ン熱に浮かされたお馬鹿さん・・・でもでも、あいも変わらず、2ヶ月近く前の話です・・・(^^;

久々に、逸品館が大阪でイベントをやるというので行って来ました・・・って言うより、2つのテーマに惹かれて確かめに行ったってのが、ホントのところ・・・(^^;

その1つは、拙宅と同じS-1EXで、TADの新製品、超度級CDプレーヤー TAD-D600で聞けるということ・・・

で、もう一つ・・・こちらの方が、興味があったんですが・・・同じ、エージング済みのS-1EXで、清原さんによるトルク調整されたものと、オリジナルを聞き比べられるということ・・・

果たして、トルク調整で、オリジナルとどの程度の違いが出るか?・・・非常に興味深い!(^^;

ってわけで、やって来ました心斎橋・・・お馴染みのハートンホテル別館・・・

どうやら、場所は、地下の会議室用の部屋のようです・・・

とっとと帰って、また今のサウンドを聞き込まないとって思いで、朝一の枠に駆けつけました・・・

ホテルに入って、ロビーから地下に階段を下りていくと・・・一番奥の部屋が、目指す試聴室でした

【逸品館&パイオニアのイベント会場】
817-01逸品館&パイのイベント会場.jpg

天井高は、普通のマンションより、中央部の照明の窪みの分高いかな?・・・

床は、下地にゴムでも挟んでそうな、そこそこの毛足の絨毯敷き・・・壁は石膏ボード?にクロス貼り?・・・どう見ても、デッドそうな部屋でした・・・

広さは30畳以上はあるのかな?・・・なんて、いい加減なことを(^^;

が、中音が何だか響く割に、高域はスコンと無いほど吸われてる感じ・・・低域もかなり吸われているけど、モワッとまとわり付く感じも・・・

そんな条件の悪そうな会場に・・・ずらりと並んだシステムたち・・・(^^;

画像の両端のSPがオリジナルのS-1EX、その内側が、清原さんがトルク調整されたS-1EX、その内側の少し細身なのがS-3EX,一番内側のブックシェルフタイプがS-2EX・・・

で、CDプレーヤーが冒頭にご紹介したTAD-D600・・・プリアンプは、エアボウのオリジナル・・・パワーアンプは、デジタルドメインのB1a・・・ってな具合に、価格的には、国産ハイエンドクラスになりますね・・・

機器は、パイオニアの樽材使用のラックに乗っかってました・・・

で、清原さんの試聴会スタートのお話で、機材の紹介があって・・・トルク調整のS-1EXについての質問が・・・それは、何こかを買ったら素人でも出来るのか?と・・・

その答えは・・・オーディオ全般に、音は誰でも変えられます!・・・でも、ピアノの調律と一緒で、良い音に調整していくには、それなりの聴覚と経験が必要と・・・料理と同じで、初めて料理を作っても、美味しくできなくて、何度も作って、やってるうちに段々上手になっていくのと同じだと・・・

トルクドライバーなんて無くても、ねじを緩めたり締めたりしたら音は変わります・・・それを良い音に出来るかどうかは、技術の問題・・・ただ、トルクドライバーがあれば、早いしやり易いし・・・データが取れて、再現性を持たせられる・・・

一応、今回は、清原さんが2週間ぐらいかけて、調整されたとのこと・・・調整されたのは、マグネットの取り付けねじ(これは一般には、ずれてしまうので、やっちゃ駄目)を含む、ユニットの取り付けねじを調整されたとのこと・・・

一般には、ユニットをエンクロージャーに取り付けているねじを調整する・・・分からなくなったら、それなりの強さで締めておけば、大体元に戻るとのこと・・・それなりて(^^;

じゃあ、早速、オリジナルから聞いてみましょうかと・・・バルトークの管弦楽のための協奏曲から第2楽章を再生・・・

ありゃりゃ・・・やっぱり、この部屋は厳しそう・・・まあ、σ(^^)私が座った位置も後過ぎるのもありましたが・・・中域はクリアでストレートなんですが、高域が部屋に吸われてるのと、低域が少し過多気味で、ボケて滲んで・・・でも、ホール感っぽく響くようにパネルで上手く調整されているように感じました・・・

っと、今度は、清原さんが調整しなおしたS-1EXに繋ぎ変えて、もう一度再生・・・

おおお!・・・冒頭の太鼓の音が格段に澄んだ音に・・・響きも綺麗・・・クラリネットとコントラバスの音量バランスも普通・・・低域の音階も分かりやすく、きちんとホールトーンが分かる・・・

高域が吸われている感じは否めないが、程よいピラミッドバランスで、深い低域も出てるし、ホールの心地良い響きが楽しめる・・・

うちのシステムでは印象薄い、低域方向の量感が豊かで、同じSPでも、随分感じが違う・・・

この辺りは、プレーヤーの実力って感じでしょうかねえ(^^;

っとまあ、オリジナルと比べると、こんなに違うのか?ってくらい、音が揃って、SPからの音離れが良く、すんなり鳴っている感じ・・・調整の効果は抜群ですね!(^^;

じゃあ今度は、逆の順番で、別のソフトを聞いてみましょかと・・・

っと、少し短いですが、ここで、今日は時間切れ・・・残りは明日・・・

ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/855-317b50bc