FC2ブログ

【809】100821 何と、急遽、教授のクリニックパート2・・・もう充分?!(^^; 

さて、教授から届いたチタンインシュに驚き、喜び、浮かれての実験の真っ只中・・・

何と、教授ご本人から、所用が早く済んだので、うちまで足を延ばしていただけると・・・\(^^)/

これまたビックリ(@@;・・・現物での出音確認までやってもらえるなんて!(^^;

っと、途中、インターを出てから少々彷徨われ(^^;・・・何度か携帯でやり取りの後到着・・・

どうやら、クルマで来て頂く場合、うちはなかなか分かり難いようですね(^^;

昼がまだとのことで、駅前に出かけて、遅めの昼食の後、いよいよクリニックパート2のスタート!

この時、チタン君が来て、スパイクの上向きと、下向きを実験して・・・

両方上向きのソリッドさに惹かれつつも・・・少々やり過ぎって感じだったので・・・

これは少し緩めないと・・・って事で、両方下向きにして試聴しつつ・・・

左右の響きが強すぎる気がして・・・森の住人は分割タイプの細いのに変更してました・・・

って言バランス取りの途中だったんですよと言うのを、教授にお伝えして・・・

【左右の森の住人は分割タイプの細いやつに】
809-01左右の森の住人もどきを分割タイプの細いのに.jpg

まずはその状態で、今井美樹のI Love a Piano の2曲目、年下の水夫を聞いていただくと?・・・

やっぱり駄目ですね・・・CDPは上向きでしょう!・・・

ということで、教授が、スパイクを逆にしようとされたんですが・・・

ラックが邪魔してやり難そう・・・ってわけで、最上段のラックをどけたのが上の画像・・・

で、聞いてみると・・・上も下も伸びてるとのこと・・・あれ?

確かに、出ている・・・ピアノの余韻の広がりも、天井を越えてるかと思う程の空間が・・・

いいじゃないですか!なかなかここまで出てるところは無いですよとおっしゃる・・・

いやいやホンとに、もうσ(^^)私には十二分の音が出ている・・・

さっきまでは低音出てなかったのに、どうして出るようになったのか?・・・

最初は、インシュの位置か?って思って、三点支持のセンターの位置を手前にしたり、奥にしたり・・・ってやってみたが・・・微妙な変化程度・・・このレベルではない・・・

色々変えながら聞いてみると・・・やはり、一つはインシュの向き・・・

CDPの下は、スパイクを下向きにするのがよいということが分かった!・・・

もう一つは・・・頭の中が、前回のケーブルも変えたときの出方と比較していたから・・・(^^;

でもそれだけじゃない・・・更にもう一つ・・・ラックの最上段をどけたのが大きい?

ってわけで、再びラックを戻すと・・・少し詰まった感じはするが・・・違いが???

なので、もう一度、最上段をどけて聞いてみると・・・やはり、上も下も抜けがよくなった・・・

どうやら、ラックの影響が大きかったみたいだ・・・(^^;

ちなみに・・・教授は、最初からお分かりのご様子だったんですが・・・σ(^^)私自身が確認するのに、ここまでの実験にお付き合いいただいたみたい・・・御影のボードを・・・とのアドバイス(^^;

ってわけで、CDPの上のラック最上段は、結局、無しにして、改めて確認の続きに戻る・・・

お次は、前回初めて体験した内蔵クロックの精度向上で、外部クロックが足を引っ張る状況になっていないかの確認をやってみないと・・・

ってわけで・・・外部クロックの有無で試聴して見ると・・・

この時点では・・・外部クロックありのほうが、クリアで広がって聞こえる!・・・

ということで、この時点では、外部クロック有りの効果を確認・・・

っと、その時は、88.2KHzで外部クロックを入れてたんですが・・・これを教授に伝えると・・・

きちんと音が出るようになってきていれば、44.1KHzの方が・・・とおっしゃるので・・・

ワードクロックを44.1KHzにして、再び今井美樹を試聴・・・

音の鮮度、密度が上がって、濃く、とっても広い空間までを満たす豊かなサウンドが、広がる・・・

情報量も多く、解像度感も高まり、低音もしっかり出て、もう、言うことなし!・・・(^^;

教授からも、ほらね、44.1KHzの方が自然でしょう?と・・・確かに、仰るとおりです・・・(^^;

良いですねえ!ここまで出てれば充分でしょう?・・・

いやあ、ホンとに!今のσ(^^)私には充分です!(^^

このサウンドをリファレンスに、色々聞きまくって、今後の調整や修行が出来ます!

ホンとにどうもありがとうございましたm(_ _)m

っと、もうクリニックは終?・・・確かに、それでもおかしくない状態なんですが・・・

クリニックは、まだまだ続く・・・が、今日は時間切れ・・・(^^;

ってわけで、続きは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/847-61f16d51