FC2ブログ

【806】100815 実家で「乙」・・・やっぱ、ほぼマイ電柱と筒抜けの部屋は凄い!!(@@ 

さて、実家の2階での「乙」君実験・・・相変わらずのご機嫌なサウンドに調子に乗って、インシュだけでなく、元々クオリティーが高いはずの環境で、電源系にGe3アイテムを使ったらって興味で、ついつい毎度のごとく、やったいましたが・・・

やはり、この方向には、エグさを感じずに、心地良い方向に効果がありますね・・・(^^;

正直なところ、やはり、この実家の2階のサウンドは、σ(^^)私には、つくづご機嫌サウンドですね・・・ここまで気持ちよく鳴ってくれると、もうこれ以上やる気が・・・

でも、ほんと、こんなシステムの音とは、絶対誰も信じてくれないだろうなあ・・・(^^;

まあ、結局のところ、全体のバランスが、非常にσ(^^)私の好みのサウンドになってるって事だと思うんですが・・・それにしても、他とは鳴り方が違う気がするんですよねえ・・・

一体、これまで「乙」君を実験させてもらってきた所との、根本的な違いは何なんでしょう?・・・

空間の広さ・・・エアボリュームもこの心地良さに大きく貢献していると思いますねえ・・・実際に仕切られた広さ以上に、古い木造の日本家屋ですから、ほとんど筒抜け状態・・・

とは言え、天井高がとても低いですから、そんなに大きいという訳ではない・・・

となると、やはり、電源の違い?・・・今回の電源のインシュによる効果は大きかったものの、これまでの感覚で行くと・・・インシュは、電源環境の悪化は抑えるけど、向上させる訳ではない・・・

つまりは、劣化を少なくしたということ・・・ってことは、やはりこの効果の大半は電源?

じゃあ、ちょっと確認のために、実験してみよう・・・(^^;

1階リビングの筒抜け状態なら、どこまで鳴るか?・・・

【1階リビングにポン置き】
806-01取り敢えずの仮置き.jpg

実際には、この後、画像より、SPをもう少し前に出して、左右を広げて設置しました・・・(^^;

このリビング、以前は、かなりバランス悪く響く部屋で、布のクロスのせいで、高域が吸われ、中低域が響くし、定在波もきつかったんですが・・・建て替えから年を経るに従って、次第に落ち着いてきたような気がします・・・

でもって、田舎の農家の特権・・・隣とは数メートル離れていること、農繁期は、お互い煩い・・・なんて環境ゆえ、多少煩くても、昼間ならまず、苦情の心配はない・・・

そんな環境が幸いして、以前、偶然、この実家1階のリビングで、窓をあけた筒抜け状態で鳴らしてみたところ、極めて良い結果が出たんですよ!・・・

ということで、今回も、勿論、窓は開けたままでの再生・・・(^^;

っと・・・やっぱりすげえ!(@@;

何で、ここではこれだけの音が出るの?・・・このSN感、音像感、空間の広がりは?・・・

やっぱり、予想通りのご機嫌サウンドです・・・でも、2階とは、少し鳴り方が違うかな?・・・

何と言っても、船底天井とは言え、高さは5m以上・・・部屋の容積の大きさと、洋間という特徴が出ているんでしょうか・・・部屋なりの素晴らしい響きが出て、非常に心地良いサウンドに・・・(^^;

不思議にも、低域もそこそこ聞こえるんですよ!・・・音が部屋全体に回るからか?はたまた定在波か?・・・ダハハ(^^;

っと、ここで、設置には最新インシュの組み合わせを使っちゃってました・・・

【設置はインシュを使って】
806-02設置はインシュを使って.jpg

ってわけで、その効果を確認するため、逆に、インシュを外して聞いてみました・・・

おりょりょ・・・この部屋ならではの音って感じは残るものの・・・随分音場もパノラミックな音像も縮んで、寂しい音になっちゃいました・・・

丁度、子供たち(坊主と娘)も居たんで、聞いてもらったんですが・・・同じ感想・・・(^^;

で、電源に教授のアルミスパイクインシュを戻すと・・・おお!SN上がって情報量アップ・・・

アンプのインシュを戻すと・・・うわあ!やっぱり、音に切れが出て、パノラミックサウンドに・・・

子供たち(坊主と娘)も、すげえ!前より凄いよ!・・・って驚いてる(^^;

まあ、子供たちが驚いたのは、若干部屋の残響が乗り過ぎたからかな?って部分もあるんですが・・・

こんなシステムで、こんなポン置きで、こんな音が出てしまったら、あほらしくなりますね(^^;

そんな訳で、やっぱ、「ほぼマイ電柱」と「筒抜けサウンド」の基礎体力の凄さを実感!・・・

でも、今回のインシュの効果も凄い!・・・非常に大きな効果があると改めて認識しました!(^^;

今、目指すサウンドが、この環境のベースで出せたらどんな音になるんだろう?・・・

このレベルで鳴らすのは・・・あの部屋、あの電源では無理なのかな?・・・

ちょっと、萎えそうになるなあ・・・ま、当面、ここの音が、1つのリファレンスにはなるなあ・・・

ってわけで、単なる自己満足だけで終わった、感激、驚き体験のお話になってしまいました・・・

こうなると、大阪の自宅をどこまで持っていけるか・・・

ってわけで・・・明日は・・・???またまたサプライズが!(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

密閉空間

Mt.T2さん、現代の部屋はマンションも一戸建ても密閉になり、反響音がいっぱい発生して、周波数帯によって耳にきついピークが沢山できてしまうのでしょう。これはオーディオにとって致命的ですね。

欧米の部屋も密閉は同じと思いますが、向こうは部屋が広いので助かりますが、日本は「狭くて密閉」という、大変好ましくない状況です。

楽しみは生演奏やライブで、オーディオは小さな音で・・・というパターンが一番賢明かもしれません。

オーディオマニアは欲張りすぎ?




  • [2010/10/12 20:38]
  • URL |
  • なにも聞こえなくなった
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そして何も聞こえなくなったさん、コメントありがとうございます。
電源と部屋の影響が、どれだけ大きいかを、帰省のたびに感じています。
多少手を加えても、まだ大阪の自宅では、実家並みの出音に至っていないのが困ったものです(^^;
丸棒調音材も、部屋のコーナーに置いた時、筒抜けサウンドの方向の効果を感じ、大喜びしたんですが・・・部屋全体の印象を変えるには至らず・・・まだまだ、道のりは険しいようです・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/844-56f5b51b