FC2ブログ

【805】100815 実家で「乙」・・・が、えらい驚き!(@@;2階の部屋編 

さて、またかよってお話ですが・・・またまた「乙」君の登場です・・・(^^;

長くこのブログをご覧いただいている方々は、ご存知でしょうが・・・たまたまご覧になった方には、何なんだこのグロテスクなSPはってなものでしょうね・・・(^^;

でも、こんな小汚いSPですが、多くの驚きの体験と共に、いつもσ(^^)私に色々な音の成り立ちを教えてくれる大切な奴なんですねえ・・・そんな「乙」君の原点・・・実家のあの部屋に・・・

毎度、ご覧の方々には、またいつものパターンかいな?って言われそうですね・・・

この「乙」君も、もう何度目の里帰りになるんでしょうか・・・?(^^;

お約束の前振りですが・・・一応、簡単にご紹介を・・・(^^;

そうなんですよ、この「乙」君は、一昨年末~昨年にかけての帰省中に、実家で息子に手伝ってもらって作成したSPなんです・・・

しかも、その時、実家の2階部屋でのサブシステムのサウンドが、えらく良いことが判明!・・・

その時、丁度完成した「乙」君をそこで鳴らしたところ、そのサウンドに魅了され、なかなか大阪のメインシステムが、そのサウンドを超えられなかったという経緯も・・・(^^;

えっ?・・・もうその話は耳タコ?・・・ハハハ(^^;・・・そうですね、この辺のくだりは、辿ると、延々とありまして・・・それでもしつこく参考に・・・前回帰省時のお話はこちら・・・

【712】100503 GWツアー(おまけの2):「乙」実家でGe3の驚愕・・・(^^; [2010/07/10]

ってわけで、冒頭のリンクを更に辿っていただくと、更に詳しい遍歴が・・・

って、初めての方は、全部読むと、膨大な「乙」君ストーリーが芋蔓式にくっついてますのでご注意くださいね・・・(^^;

一方、「乙」君の鳴らし方については、つい先日ご紹介した通り、上様&HB-1の来襲時に教えていただいた新技・・・ゲルインシュ!(エラストマー樹脂)

あの、某引越屋さんが、家具の転倒防止サービスでCMやってたやつ・・・ってご存じない?(^^;

これを使って「乙」君を更に気持ちよく歌わせる対策を施した・・・新生「乙」君をお持ち帰りした訳ですが・・・

それだけではなく、時をほぼ同じくして、その効果を認めざるを得ない状況となったスパイクインシュ君達も一緒にお持ち帰りして・・・またまた実験しちゃいました・・・(^^;

【取り敢えず「乙」君を鳴らす】
805-01取り敢えず「乙」君を鳴らす.jpg

まあ、取り敢えず、いつもの通りに鳴らして見ると・・・う~ん、凄い!(@@

相変わらず、素晴らしい鳴りっぷり!・・・音場の広さ、音像の立体感・・・

やはり、ほぼマイ電柱&洋室+和室の絶妙な部屋の音響の威力?・・・

もう、これは反則だろう!って、言いたくなるようなサウンド・・・

ええっ?・・・毎度毎度、聞き飽きたって?そんなみすぼらしい、ちっぽけなシステムで、素晴らしい音が出るわけないだろう?って・・・(^^;

勿論!・・・出し切り系サウンドのセンサーで聞けば、全然駄目駄目な音でしょうね!・・・でも、ふとラジオから聞こえてきた歌に釘付けになったことないですか?・・・染み込んで来る、聴かせる演奏に聞き入ったことないですか?・・・

σ(^^)私にとって、この部屋で鳴らす「乙」君は、σ(^^)私自身を、そんなモードに切り替えてくれるスイッチのようなサウンドを聞かせてくれるのです・・・

まあ、プラシーボ全開の独りよがりな世界なのは確かでしょうが・・・うちの子たちも、このサウンドに共感できると言っている事からすると、案外理解いただける方もいらっしゃるかも知れませんね・・・

さて置き・・・いつものご機嫌サウンドを確認したところで・・・

いよいよ、ここ最近の成果を試すとどうなる?・・・ってわけで、実験開始!

【実験中のインシュを敷いて見ると】
805-02これまでの成果を加えると.jpg

まずは、電源に教授のアルミインシュを敷いてみると・・・

うわあ!・・・更にSNが上がって情報量もアップ・・・何と!「icon」システムでも効果が!(@@

じゃあ、調子に乗って、アンプにチタン+ステンボール+アルミ円柱のインシュを敷いてみると・・・

どっひぇ~!ここまで出ちゃうの?・・・気持ちの浸透力に加え、ステージが簡単に想像できる!

低域の量感が無い以外、こんなサウンドが出て良いのか?ってくらいのパノラミックサウンド!

ここまで来たら、悪乗りして、電ケーを「龍隆」に、DCラインに「雷智3」を・・・

【悪乗りGe3アイテム追加】
805-03「龍隆」を加えれば.jpg

前回、驚きの効果だったアクセを加えてみると?・・・ってわけで、電源ケーブルを「龍隆」に変更して、出川電源からアンプとドックへのDCラインに「雷智3」を加えてみると・・・

これが、また、良く合うんですよねえ!!・・・凄く滑らかな響と、濃い音像が加わる・・・

それにしても、凄いサウンド・・・これだけ鳴れば、低域の量感以外、もう何も要らん・・・(^^;

でも、ここまで音が出てるんなら、部屋の影響の割合は低くなってるんじゃないか?

てことで、実験はつづく・・・が、今日は時間切れ・・・(^^;

続きは、明日・・・ってわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

10cmフルレンジ

Mt.T2さん久しぶりです。乙君というのはフォステクス10cmなのですね。すごい音場が再現されていると想像できます。私もそういう小型SPを作るか、アンソニー・ギャロのような球形タイプが欲しくなります。部屋がいくつあっても足りませんね。

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

実家の筒抜けの環境でのみ満足できる、プラシーボ全開のお話なんで、まあ、話半分以下でご覧になっといてくださいね(^^;
悩ましい事に、同じ「乙」くんでも、大阪の自宅では、全然このレベルの再生には至りません・・・子供たちに聞いても、話にならんと、相手にされません(^^;

そうそう、アンソニーギャロは、箱を慣らすタイプではないので、この方向のサウンドとはまた違った世界になりそうですね・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/843-1cc50dea