FC2ブログ

【073】SUSANOを力技でねじ伏せる!! -4- 【悲劇は起きた】 

そして、龍宮城のごとき、恍惚の音世界は夢のごとくに消え去りました(ii

倶楽部員ユニット昇天! チィ~ン!

いやー、やってしまいました。(^^;

第四コーナーを減速せずに突っ込んだら、曲り切れず、自爆と相成りました。(^^;

龍宮城から戻って、じじいにはならず、いとしの超・チーム倶楽部員のユニットを昇天させてしまいました。(ii
もったいないお化けが~! ←って、アンプは、「SUSANO」君はどうやったんや!

【画像】破壊された倶楽部員ユニット
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080911195002.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">73-1悲劇-破壊.jpg 

メイン・インのない「SUSANO」君に、チャンデバの出力を無理やりぶち込もうと、知識もないのに、勢いだけで突っ込んでみましたが、残念ながら玉砕しました!

ほとんど一瞬の出来事でした。

ボリュームを上げようとリモコンに手を伸ばした、その時!!

「デ!デ!デ!デ!デ!」って、まるでマシンガンのような咆哮が!

不意を衝かれたσ(^^)は、
リモコンに手を伸ばしたままの体勢で1メートルほど後にぶっ飛び!

一瞬、真っ白になった頭をフル回転させ、ボリュームを下げて、急いで電源断。
しばし放心状態の後、ようやく状況確認せねばと動き始めました。

まずは、外見確認、続いてSPをマランツに繋いで、再生確認の結果、左右のツイータと片方のウーファ、センタースピーカーのネットワークの破壊が確認できました。

※その後、センタースピーカーのネットワークは、単に、度重なる分解により、
 内部配線のハンダが浮いていただけでした。
 それでも、下の画像のユニットが昇天したことは現実でしたが・・・・・

【画像】昇天した倶楽部員ユニットたち
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080911195057.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=820,height=620'))">73-2逝った倶楽部員ユニット.jpg 

フロント2chを、プリアウトから、チャンデバを通した後、直接「SUSANO」君のパワーアンプの入力部(筐体内部)にぶち込んだんですが、フロント左右のチャンデバ・マルチ駆動(4ch)までは成功し、パワーアンプ部の素性の良さを感じるとともに、龍宮城のようなめくるめくひと時のサラウンドに浸り、陶酔しきっていました。

ところが、ここまで来るのなら・・・・と期待で妄想ははちきれんばかり!

生来の堪え性のなさが災いし、センターも強化を図り、マルチ駆動したくなって
・・・・・・・・そやかてチャンデバが2ch空いてたんやもん!

突撃の結果、玉砕しました。\(^^)/ ←ってよろこんどるやないけ?

センター用の2チャンネルの片方が、イコライズもしてないのになぜか低音がでないという現象が発生したため、切り分けしようと、片方のパワーへの入力配線部分を、もう一方と入れ替え、元の配線を浮かしたまま電源オン。

数秒後、突然低周波の発振が起こりました。

ボリュームを絞っても発信は止まらず、あわてて電源断しましたが、時既に遅し!(^^;

パルス性の衝撃のためか、ケブタエッジの内周側の接着が完全にはがれ、画像のようにウーファのボイスコイル周辺は、衝撃により無残にもデベソ状態に。

ツイータは一見何の変化もありませんでしたが、全く音は出ず、テスターでの導通もありません。(^^;
最大入力200Wのはずが・・・・・
分解してみるとボイスコイルが黒く焦げてボロボロ・・・・・
「SUSANO」君はそれ以上の出力を出したということか・・・・・!  

放り出しておくわけにも行かず、気持ちを奮い立たせて、 「SUSANO」君の確認を開始。
数千円のユニットが、昇天してくれたおかげで、 「SUSANO」君が無事ならばと、期待を抱きつつ、全ての配線を一旦外して、再度電源オン。 

液晶表示部に通常表示。何も起こりません。焦げ臭くもない。
でも、発振が起こった以上、このままでは、再生確認できない。

再び「SUSANO」君をばらし、プリ部-パワー部間のジャックしたケーブルを外し、オリジナル接続ケーブルに戻して再度組立。
1チャンネルずつ、仮のSPを繋いで確認作業を開始しました。

新聞配達が来る時間になっても、アンプ側の被害はまだ確認中で、10ch中7chは大丈夫そうですが、残り3chは時間切れで未確認。

この状態で、一旦Ge3のBBSに報告し、ゴールデンウィークの帰省のため、放置となりました(^^;

あ~っ心残り(^^

アンプの無事が確認できたら、超・白エラック(逆ホーンSP)のフロント2chのマルチ駆動まで復活を図り、再度フロント3chマルチ駆動に再チャレンジだ! ←やめといたほうがいいんちゃうの?(^^;


果たして龍宮城は復活できるのか~???(^^

次回をご期待下さい。デハ(^^)/

コメント

発振の恐怖に同感です

Phile-webから来ました。私もHalcro MC20の片チャンネルを発振で壊したことがあるので、その時の恐怖と放心を思い出しました。部屋が狭いので電源ケーブルをJBL38cmウーハーの下を走らせていました。そのチャンネルのパワーアンプが発振したと思ったら音が出なくなりました。ああああーやってしまった!!沈黙、汗・・そのようなことが原因になるのか分かりません。ありがたいことにHalcroの保証で治してもらいました。感謝感謝です。
  • [2008/09/30 22:33]
  • URL |
  • 夜更けのミミズク
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

夜更けのミミズクさん、こんばんは。
苦い思い出を蘇らせてスミマセンm(_ _)m
プロフィール拝見しました。スンゴイですね!これは私のようにおちゃらけているレベルではないです。まさにF1マシンですね。
私は国産乗用車の遊びしろに甘えているに過ぎません。
ん~~~。一度聞かせていただきたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/84-d27c94cb