FC2ブログ

【792】100725 U氏邸訪問:憧れのパラゴンと対面・・・(^^; 

さて、毎度の前フリとは言え、何だか、オーディオの話が、ほとんど無かったのはなぜ?(^^;

実は・・・2ヶ月遅れのこの感想文の最も重要な鍵・・・φ(..)メモが・・・オフ会の前半部分を書いたφ(..)メモが・・・行方不明に・・・(汗

いや、そもそも、間違って、古いφ(..)メモ帳の最後方の空きページから書き始めたのが悪かった・・・小1時間ほどでページがなくなってしまった・・・

仕方なく、それ以降は、新しいφ(..)メモ帳に代えたんですが・・・

その前半部を書いたφ(..)メモ帳が・・・必死に探したんですが・・・どこに行ったか(部屋の片付けで押し込んだ段ボールの中に紛れたようで)分からなくなってしまったんです・・・

ってわけで、Uさん、前半、中途半端な感想文になりますが、お許しくださいm(_ _)m

さて置き、憧れのパラゴンは、どんな風に、聞かれているのかな?って、思ってたんですが・・・

まさかあの巨大な箱が、2階にあるとは予想もせず・・・

階段を上がったお部屋は・・・どうやら、2部屋がつなげてあるんでしょうか?・・・

【鎮座するパラゴンとご対面~】
792-01鎮座するパラゴン.jpg

部屋の広さは16畳くらいでしょうか?(もう少しあったかも?(^^;)

何でも、分割式になっている本体を、窓から搬入されたんだとか・・・

この大きさならそうなりますよねえ・・・以前伺った、エヴェレストをお使いの四国の方も、クレーンで上げて、窓から搬入したとおっしゃってましたし・・・

で、U氏もご他聞に漏れず、色んな機器遍歴をされていらっしゃるようで、部屋のそこかしこには、数え切れない機器が置いてありました・・・

後半のお話の中で、聞かせていただいたお話によると、パラゴンの前には、クオードのESL57をお使いになっていて、これが何と、σ(^^)私が過去にお伺いした方のところへ嫁いで行ったとか・・・

この世界は、結構狭いのかもしれませんね・・・(^^;

さて、SPは、もちろんパラゴンがメインなんですが、画像に写っている通り、その上には、LE-8Tに、同じデザインのドロンコーンをつけたSPが置いてあって、ボーカル等を聞くのに、お使いになることもあるとか・・・

更に驚いたのは、今回、聞かせていただいていませんが、パラゴンの両サイドの壁面には、タンノイGRFが置いてありました・・・これも聞いてみたかったですね・・・

さてと・・・それから、送出し機器はと言うと・・・

【こちらが送出し機器】
792-02送出し機器.jpg

φ(..)メモがないので、不確かですが・・・送出しは、アナログが、画像手前のラック上段、マイクロのターンテーブル・・・デジタルは、ラック手前の中断に、グリーンの表示が光るリンのCD12・・・

で、メーカーが分かりませんが、ラック上段、ターンテーブルの左の紫のパネルの機器・・・これが、本の数週間前に新たに導入され、大活躍の業務用ミキサーで、プリアンプを兼ねているようです・・・

っと言うのも、パラゴン導入以来、悪戦苦闘、紆余曲折を経て、目下、一番気にっていらっしゃるのが、パラゴン独自の再生の特質を楽しむ、モノラル再生なのだそうです・・・

このミキサーで、モノラルに合わせたり、ステレオで再生したりと、楽しまれているようです・・・

【パワーアンプ達】
792-03パワーアンプ達.jpg

パラゴンの駆動は、通常は、画像の左下のケースに入ったJBLの業務用アンプでされているそうで、最初は、このアンプで音を聞かせていただきました・・・

つまり、パラゴンでは多いと聞く、マルチ駆動ではなく、ネットワークをそのまま使っての再生をされているということです・・・(^^;

そうそう、今回、U氏のご友人のN氏も同席されていて、お話の様子からは、かなり、長く、頻繁に交流されているようで、U氏のシステムの遍歴も、全部ご存知の様子でした・・・

で、リスポジに縦に2つ椅子が設置されており、σ(^^)私が、前の席に、このN氏が、直ぐ後の席にと言う配置で、聞かせていただきました・・・

最初は、U氏が、今最も好んで聞かれているモノラル再生で・・・ソースは、ジャズ・ピアノの父と呼ばれる、Earl "Fatha" Hines のモノラル録音のレコードを聞かせていただきました・・・

残念ながら、どのアルバムだったかが、φ(..)メモとともに記憶も無くて・・・

で、その印象は・・・ヴァンゲルダー録音のように、中域重視のサウンドで、センターの強烈な厚みには、非常に驚きました・・・帯域を欲張らず、厚い中域で、さながら、セピア色の映画の世界・・・

モノラルのはずが、あたかもステージがあるかのような、フワッとした広がりや、実体感のある音で、1本のスピーカーで鳴らすモノラルとも、普通のスピーカー2本で鳴らすモノラルとも違った、初めて感じる音でした・・・

モノラルが立体的に聞こえるなんて、リニアじゃないからとU氏がおっしゃっていましたが、パラゴン独特のサウンドは、大きな魅力に感じました・・・

お次は、最新録音・・・寺島れコードの松尾明トリオから、ベサメムーチョ・・・

勿論、ステレオ再生なんですが・・・モノラル的に聞こえる・・・そして圧倒的に中域に集中したエネルギー感で、グッと迫ってくる感じが・・・何とも不思議な感覚・・・

っと、すみません・・・初体験の不思議な出音に驚きつつも・・・今日は、時間切れ・・・

ってわけで、続きは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/829-37ded937