FC2ブログ

【790】100731 自宅音遊び(吉田兼好さん来宅):可能性の実験(最終話)・・・(^^; 

さて、お茶タイムに入って、アキュ一色に染まったら?σ(^^)私は食わず嫌い・・・なんてお話もしながら・・・クリニック当日、冒頭にかけて、普通の音との評価となって、即大改造に至った・・・Suaraの96KHz/24bitのハイレゾデータを聞いていただいた・・・

当日、これぐらいの音だったら、そこそこ出てるじゃないですか!・・・ぐらいにはなったかも?(^^;

この程度なら、ノンマスタリングらしい、素朴な音で好感持てると思うんですが・・・あの日は、聞くに堪えなかったってことか・・・

っと、ここで、DACが、ラック直置きだったので、ステンレスの袋ナットをインシュとして敷いてもう一度聞いてみたら・・・

DACもやはり効きますね・・・音数減らずにクリアな方へ行きましたねと・・・機材によって、必要なインシュの材質や容積も違いそうですねって話に・・・ハイレゾデーターだからかもしれない・・・それに、鮮度感はあるけど、録りかたが今一つ・・・

同じ再生環境でも、こちらのソースならと、ON爺さんから教えていただいた、ケントさんのハイレゾデータを再生してみたら・・・良いじゃないですかと・・・

っと、今度は、吉田兼好さんご持参の坂本冬美を聞いていただくと・・・

いい!めちゃいい!・・・との感想をいただいた・・・\(^^)/

これにチタンインシュと太刀魚君があれば、当分、何も要らなくなるんですよねえって・・・

ちょっと、じゃあ、クリニックの当日、最後の方でぶったまげたやつやりましょうか・・・っと、○○○のクルマ用アクセサリーをSPの天板に装着して見ると・・・

何だか、生気を奪い取られたような・・・との感想が・・・

この状態を、インシュで持ち上げ、太刀魚で引き出して・・・国産モニターなりの音になったねってところまで行ってたんですが・・・○○○が教授サウンドが必要とする振動を抑える方向の働くことが分かったんで・・・この大物を外してみたら・・・(@@

で、外して、もう一度再生して見ると・・・

しかし、こんなに変わるもん?・・・っと、驚きの感想が・・・

でも、これがねえ、○○○の方向の音を出す時には、欲しい音がクローズアップされて、濃く、熱い音になるんですよ・・・(^^;

っと、坂本冬美を聞き終えると、吉田兼好さんは・・・なるほど、これを太刀魚君に変えたらどうなるか末恐ろしいなあとの感想を・・・(^^;

いやあ、σ(^^)私にとって、今日の一番の驚きの収穫は、ご本家のアルミスパイクインシュの効果ですねえ・・・こんなにSNが上がって、音全体の見通しが良くなるとは思ってませんでした・・・

お次は、手嶌葵のテルーの唄を聞いていただいて・・・空間表現が良いとの感想を・・・

これは、森の住人もどきが、結構効いてると思います・・・低音のブカブカも減りましたし・・・

ここで、ペッテリサリオラの超絶ギターをお聞きいただく・・・

これが鳴らないんで○○○の大物を外したと・・・ちゃんと超絶ギターなのを聞いていただいて・・・

当然、この後σ(^^)私が嵌ったロドガブをお聞きいただいて・・・

ああ、ちょっと前にご本家、教授邸の音を聞かれたばかりなのにこんなレベルの音を聞かせてしまったのは、失敗しちゃったなあと・・・ちょっと反省(^^;

まあ、そもそもライブは、一般家庭で鳴らすような小音量じゃないですからね・・・

でも、曲が終わると・・・

ほう・・・太刀魚君入れたら、もっと熱くなるんやろなあ・・・との感想を・・・

でもって、一転、椀方邸で大感激した、ミステリーソナタを聴いていただく・・・

これが、気持ちよくは鳴るんですが・・・陰りや憂い、儚さや切なさみたいのが出ないんですよねえ・・・ってわけで、この辺は、厚みと暑さと共に、今後の課題なんです(^^;

このような曲では、いわゆる、モニター調じゃない、違う方向のサウンドが好みってわけです・・・

次の実験の土台として、中島美嘉の雪の華を聞いていただいて・・・

この曲が、綺麗には鳴るんですが・・・ゾクゾク来ないのが課題なんですよと・・・

まずは、DAC(SV-192S)を通した音を聞いていただくと・・・こちらの方がお好みだと・・・

で、ここで更に、ライン系の○○○アイテムを足して効いていただく・・・

で、変に耳に付くか感想を聞いてみると・・・密度が濃くなって良い方向へ行ったと思いますと・・・声の出し方、呼吸の仕方が分かりやすくなったと・・・歌唱力が上がって、叙情的になったと・・・

おお!(^^;・・・σ(^^)私には、濃くなって、感情移入のメリハリが分かりやすくなる感じがするんですが・・・σ(^^)私的には、この方向性・・・教授サウンドで情報量と解像度を上げつつ・・・○○○で情感系のダイナミックレンジが広げられたら良いのになあ・・・って考えているわけです(^^;

っと、ここで、SIさんのプリの組み合わせの妙技のお話をさせていただいて・・・

【733】100509 SI邸訪問(5)感激!マエストロショウ!・・・(^^; [2010/07/31]

っと、まあ、こんなことが出来たら、手持ソースが、無限に楽しめるなあと思うわけでして・・・

ってなわけで、長々と、こんな実験やお話にお付き合いいただいて・・・どうやら今のレベルなら、両方の良いとこ取りの可能性も残りそうな感触も得られたかな?・・・

ってわけで、現状のサウンドが、どんなの音の状態かを見失っていたところを、吉田兼好さんに助けていただいて、何とか感触を得ることが出来、おまけに、今後の可能性に付いても気付くきっかけをいただけました・・・\(^^)/

吉田兼好さん、遠いところ、貴重な時間を割いて、面倒な実験オフ会にお付き合いいただきましてありがとうございましたm(_ _)m

お陰さまで、非常に貴重な体験と状況の整理が出来ました!・・・まあ、これがうちの出音として実を結ぶには、まだまだ時間がかかると思いますが、その際には、是非、また確認にお越しくださいm(_ _)m

ってわけで、自宅音遊び(その1)は、これにて終了・・・で、(その2)の前に・・・

明日は・・・ホントは、この(その1)の前にするはずだった、お話を・・・

というわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/827-63ccc217