FC2ブログ

【783】100724-26 インシュ遊びは続く:方向は合ってるのか?・・・(^^; 

さてさて、困ったもんです・・・手持ちや、ハンズで調達できる程度のお手軽材料を元に、インシュ遊びを進めてきましたが・・・何だか、わけが分からなくなって来ました・・・(^^;

クリニックで体験した、あの驚きのワイドレンジ、ハイスピード、高解像度なサウンド・・・

クリニック直後は、インシュと太刀魚電源ケーブルのエージング効果で、しばらくは音のイメージが余韻として残ってたんですが・・・

どうにも、それが災いしたような気が・・・

そう、風船が徐々に萎んで行くように、はっきりくっきり明瞭でインパクトのあったサウンドも、徐々に萎んでいったため、今聞いているサウンドとのギャップが分からなくなっちゃったんです・・・(^^;

手持ちのインシュやハンズで調達した材料の試聴を繰り返すうち、ふと気付いたら、あの驚きのハイエンド風サウンドを忘れてしまった・・・(^^;

実験を進める中で、今聞いている材料による変化のインパクトが大きくなってしまって・・・一方で、求めるサウンドが、イメージの中で、勝手に成長して行ってるような感じで・・・一体全体、今のこの変化は、も止める方向に進んでいるのかどうか・・・???(^^;

まあ、そんなことは、端から想像できてたことで・・・

出来るだけ、早々に、インシュだけでも、クリニックの時と同じセッティングを実現して、その音を耳に記憶させ、リファレンスとしたかったんですが・・・

大急ぎで、手持ちの金目のブツを売っ払って金策して、ネットで発注したんですが・・・

肝心のチタンスパイクが在庫切れ・・・出来上がりは9月の中旬以降とのこと・・・トホホ(;_;

チタ~ン!・・・一体いつになったらめぐり合えるの?・・・そんなに待てないよう~!(^^;

ってわけで、仕方なく入手可能な手頃な材料でのお遊びを続ける・・・

【インシュ遊びのお遊びネタ】
783-01インシュ遊びは続く.jpg

取り合えず、ダウントランスとパワーエッジ(タップ)の下には、ハンズの円錐(大)の3点支持をベースとして設置・・・

でもって、今度は、CDPとプリの下を、またまた手持ちの材料でお遊び・・・

電源周りに使ったハンズの円錐(大)は、型に流し込んだ鋳造のようで、見るからに柔らかそう・・・

で、同じく、ハンズで入手した円錐(小)は、同じアルミとは言え、材質的にもっと硬そう・・・

なので、何か違いが出るかな?・・・って期待して試してみるが・・・

う~ん・・・無しとは明らかに違うが、どちらの円錐がいいか?っていうのは・・・

どっちもどっち???・・・硬さとマスの良さが、それぞれ出て違いが良く分からない?(^^;

じゃあ昨日、ステンレスボルト+袋ナットが少し良い感じで、濁りとキン付きが気になったんで・・・

これを抑えるために、Mg(マグネシウム)のスパイク受けを敷いたらどうかな?・・・

すこーしクリアになったような気もするが・・・??

じゃあ、次は、Mgの代わりに、アルミ棒70Φから、10mm厚に切り出した円盤・・・

これに、ステンの袋ナットを乗せたものにして見ると・・・おお、こっちの方が良いな(^^;

う~ん・・・何となくの感触では、材質そのままのイメージだが、硬いほうが音も硬くカッチリした方向に・・・マスが大きい方がその効果がより色濃く現れる感触が・・・

で、これまた何となく・・・接触は出来るだけ点接触・・・ホントは円錐が良さげ・・・

要は、材質と形状が結構影響しそうだと言うことが、何となく感じれた気がする・・・

まあ、手持ちの材料では、ステンレスの方が解像度感が少し高くなって好感触を持つが・・・どうも、高域に少しバランスがシフトするのか、癖が乗るのか、キン付く感じがある・・・

っとまあ、こんな感触から、出来れば硬い感じ方のアルミで、マスの大きな材料、できれば円錐・・・あるいは、ステンレスの円錐なんてのを探してみたが・・・身近には素材としては無し・・・

いっそミニ旋盤でも手に入れて素材を加工するか?何て思いもすこし・・・お馬鹿(^^;

っと、まあ、実験なんだから身近で手に入る材料でってことで再びハンズへ・・・

で、手に入ったのは、ハンズで、最初使ったのと同じ、鋳造のアルミの円柱・・・

ステンの円錐は見当たらなかったので、点接触とするならと・・・小さなステンレスボールを・・・

ってわけで、アルミの大きなマスとステンレスの点接触をイメージして・・・

【取り敢えずこいつで】
783-02とりあえずこれで.jpg

ってわけで、ホンの少しだけ、実験用の加工を・・・

アルミ円柱にドリルで窪みをつけ、ステンボールを乗せる・・・

直ぐ転がるので、ステンワッシャでを貼り付ける・・・1セット2000円強・・・

これを電源周りに使ってみると・・・一応、そこそこ良い感じに・・・この効果なら・・・(^^;

ところが・・・冒頭に書いた通り、目標の音のイメージがもう何が何だかよう分からん状態に・・・

だから、このインシュの音との隔たりが分からん(^^;

ってことは・・・まだまだ彷徨うことになるのか・・・誰かに聞いてもらわんとあかんかなあ・・・

なんて、SNSの方で聞いてみると、お二人の方が、行ってあげるよと声をかけて下さった・・・

が、この話は、もう少し後で・・・明日は、その前にもうひとつの実験結果を・・・

というわけで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/820-ea6deb91