FC2ブログ

【777】100717 教授とモモンガさんがクリニックにやって来た!:一体どこまで?・・・(@@; 

何と!・・・フィーバー!って、古っ!(^^;

さて置き、何と、何と、教授から譲っていただいたダウントランスとパワーエッジが、ここまでの能力を持っていたなんて!・・・正に、超驚き!・・・(@@

っと、教授は、冷静に・・・だって、僕が使ってたんですからと・・・

なっ、なるほど・・・当然か・・・再び明らかになるσ(^^)私の使いこなしの悪さ・・・(^^;

で、教授は、にこやかに・・・何か物足りないところがあるでしょう?って・・・

そして、開かれたジュラルミンのケースからは、銀に輝く太刀魚君が!・・・

そう!・・・遂に、真打、電源ケーブルの 太刀魚君type1 SE が登場!・・・

持たせてもらったが・・・この軽さと柔らかさが、見た目も含めてσ(^^)私には驚き!(^^;

【遂に太刀魚君の登場!】
777-01UX-1にDevice1 SEを.jpg

トランスポートは、やはり、気合を入れて、SEですねと・・・UX-1のゾノトーンから交換・・・

試聴曲を再生すると・・・

あっ!・・・1音目から全然違うし・・・(^^;

更に静かになったでしょう?・・・音数も全然違うでしょう?っと教授が囁く・・・ほんとだ!(@@

ボーカルが、なんちゅう艶っぽく、濃くなるんや!・・・

ホンマに、更にグンとSNが上がった感じと、高域の抜けが良くなって・・・

濃い音になってとろみが付いたように実体感が増した・・・

う~ん・・・でも、何とか耐えられそうです・・・

インシュでアップした分の印象が強烈で、まだ、この音の凄さに、耳が慣れていないから、ここまでの音が出なくても、充分満足できる・・・まだ、逝かなくても耐えられそうな気がする・・・

おそらく、インシュを入れて出てくる音に慣れてから、この音を聞いたら、絶対、我慢できなくなりそうな気はしますけど・・・(^^;

っと、教授が・・・音がうねり出したでしょう?

今繋いだばかりで、機材が今まで出したことの無い音を出し始めて、変化してるんです・・・もう少しして、この振動に馴染んできたら、もっとパアッて広がり出しますよ!・・・(^^

そっ、そうか・・・これからまだ変わるのか・・・一体、どこまで行くの?・・・

何だか、スタート1時間足らずで、もう、ノックアウト状態なんですけど・・・(@@

インシュレーターだけでも、相当違うけど、それだけだと、ずっと聞いてると、物足りなくなってくるんですよ・・・と、教授が微笑みつつ・・・

さあ!今度は、ネックになってるのは、パワーアンプですね!と・・・(^^

【今度はパワーアンプに 太刀魚君type1 SE を】
777-02今度はパワーアンプに太刀魚君type1 SEを.jpg

もう1本 太刀魚君type1 SE を取り出し、パワーアンプに装着して、試聴曲を再生・・・

で、教授が、大分しっかりした音になりましたねと・・・

う~ん・・・ピアノのアタックの音の芯がはっきり分かるようになってきました(^^;

で、教授が、エネルギー感が出てきたのは、ちゃんと駆動できてなかったってことですと・・・

で、ボーカルの出だしのスムーズさを聞いて・・・うん、ほら、スッと出ましたね・・・

(゚-゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン・・・そうですね!・・・もう笑っちゃうしかないです!(^^;

いや~正に、教授のセオリー通りのことをすれば、出したい音が出ると言うことですね!・・・

っと、教授は・・・こうやって、ちゃんと音を出してから周りですよと・・・まずは、SPからちゃんと音を出してから、音を弄らないと・・・これをちゃんと出さないで、後で何をしても一緒ですよ・・・

SPの後の丸棒調音材は、効いてると思うんですけど、他は・・・

周りの調音材が、邪魔になってきたでしょう?・・・まず、これだけの音を出してから、調音材も調整しないと・・・今、フロント辺りのが邪魔になってきたでしょう?と教授が・・・

ハイ、そうですね・・・やっちゃいましょうか?・・・ってことで、TVサイドの丸棒を撤去・・・

もう少し内振りのほうが良いですねということで、教授に少しSPの振り角を調整してもらった・・・

ほ~!・・・センターの定位が決まって、音像も、よりはっきりしてきた・・・\(^^)/

う~ん・・・笑ってしまうしかないなあ・・・こんな音が出るんだあ!

っと、更に、教授は、ジュラルミンケースから、もう1本の太刀魚君を取り出した・・・

えっええ~!・・・まだ、この先があるんですか?・・・(@@

も、もう充分・・・十二分な音が出てるんですが・・・

というわけで、つづきは明日・・・いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/814-d554eab3