FC2ブログ

【739】100516 そして何も聞こえなくなった邸(2)音響調音材達の登場・・・(^^; 

さてと、丁度、うちの状況が、ダウントランスでの効果が、思ったほど引き出せず、唸りのほうが耳に付く状態だったこともあって、各機器にトランスから供給されているところに興味が行って・・・

すこし、トランスのお話を伺って・・・なぜかお馴染み、振動吸収子の話に・・・

なんと、壁面の目立たない部分やラックの背面など・・・あちこちに振動吸収子が貼ってある・・・

でも、家具の後ろを中心に、上手く隠してあったり、リビングとしての見栄えを阻害しないように工夫されている・・・

【フロント方向のシステム】
739-01フロント方向システム全景.jpg

左のSP・・・ダリのヘリコン300の両側ラックの上にある箱がアイソレーショントランス・・・

右のSPの後ろにあるのも、トランスです・・・

さて、どんな音なんだろうと思っていると・・・そして何も聞こえなくなったさんが・・・

まずは、丸棒調音材やパネルなしで、ステレオ再生を聞いてくださいと・・・

セリーヌ・ディオンのオール・ザ・ウェイの8曲目、マイ・ハート・ウィル・ゴー・オンを・・・

ほお~、さすが、ノイズゼロトランスと言う名の通り・・・SNの高い済んだ音・・・

端正で清楚なイメージのサウンド・・・横長手方向の部屋使いからか、ステレオ再生でも充分な広がりが感じられ、とっても心地良い・・・

どうやらSWがしっかり効いているようで、このサイズのブックシェルフとは思えないレンジが再生されている・・・

で、何か他にかけますか?とのことで、いつも聞きなれてた、同じアルバムの1曲目、ザ・パワー・オブ・ラブを・・・

やはり、電源対策がしっかりした時の印象・・・シンッとした感じが土台にあって・・・

っと、そして何も聞こえなくなったさんが、ブックシェルフだからどうしても音源がコンパクトに・・・とのことでしたが・・・

いやいや、音場やフロントステージがコンパクトなのは寂しいですが、そんなことないですし、ステレオ再生としては、σ(^^)私には充分展開してると思うんですが・・・

SWカットも出来ますよとのことで、切っていただくと・・・

σ(^^)私には、SWはカットした方が好みかな・・・マンションではこの方が安心(^^;

実際、充分おいしいところまでメインのSPで出ているみたいだし・・・タイトないい感じの低音なんで、これで十分・・・まあ、クラシックのフルオケの量感にはあと少しと言う気もするが・・・

っと、ここで若い頃から車屋さんが到着・・・ご挨拶して・・・

じゃあ、ここで、パネルを入れますか・・・と言うことで・・・

可動式になったパネルたちが、次々に部屋に、ガラガラっと運び込まれる・・・

【左の壁面に2種類】
739-02丸棒調音材と音響パネル.jpg

さて、画面上では新登場の機器も、たくさん登場してきましたね・・・

一番左下・・・ソファーの直ぐ横にあるのが、2台設置されているタンノイのSWTS10の1台・・・

かすかに、その右に壁の補強桟と振動吸収子が見えますね・・・

その右、観葉植物の隣にこっそり立っているのが、サラウンドSPのエラックBS203Aで、自作とは思えないようなスマートなスタンドで、サラウンド用に少し高く設置されていました・・・

で、その右の2台?が、今回の主役の一部・・・丸棒調音材(「森ポール」と呼ばれる物かな?)と音響パネルの「凛」・・・

【フロント左コーナー】
739-03左のコーナーにも.jpg

そして、お部屋の左のコーナーには・・・ラックの上に「森ポール」が・・・

それから・・・最初の画像から写ってましたが(^^;・・・フロント右の画像では・・・

【フロント右のコーナー】
739-04右の出窓とその右に.jpg

最初の画像から写ってましたが・・・で窓の上に「森ポール」が1つ・・・

そしてその右、ダイニングチェアーの奥に音響パネルの「凛」が・・・

それから、画像にはほんの少し、端っこしか写ってませんが・・・キッチンとの間の窓部分の画像より左の部分に、もう1台「森ポール」が・・・

っと、準備が整ったところで、今日のお話は時間切れ・・・

明日は、このパネルでサウンドは?・・・

と言うことで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

有難うございます

暑い中ですが、長文でご紹介有難うございます。

自分のことながら、連載記事を読み進むに連れて、この部屋どんな音がするだろう、次は何が飛び出すかとひきつけられます。文章力ですね。展開を楽しみにしています。

そして何も聞こえなくなったさん、わざわざコメントいただきありがとうございますm(_ _)m

こちらこそ、好き勝手に書かせていただいて、恐縮です・・・(^^;
いつも纏まりなく、行き当たりばったりの難文が延々と続くので、ご当人を一番疲れさせてしまうようですので、気楽にご覧下さいね(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/776-893a659d