FC2ブログ

【735】100509 SI邸訪問(7)アクセ実験タイムその1・・・(^^; 

さて、お茶タイムを挟んで、そろそろ実験タイムに入りましょうかと・・・そんな流れになって・・・

今回、まずは、KSさんの持参アイテムの実験から行きましょうと・・・

って訳で、登場したのが、KS邸でもアバロンに接続されていた、ニューフォース社のSPケーブルフィルター・・・

どこかにも、似た製品があるんですが・・・そう、Ge3の要石15のSP用なんですが・・・当初、候補に入っていたとか・・・

で、試してみないと分からない・・・が、理屈が何もないと受け入れられないとの考えから・・・物理的な根拠がありそうなこちらのSPケーブルフィルターが採用されたとのこと・・・

まずは、ノーマル状態での試聴ということで・・・曲は、ローズマリー・クルーニー・・・

豊かなピアノに、渋いボーカル・・・サックスも同様、暖かくふくよかな音色・・・

で、SPケーブルの装着を・・・

【ニューフォースのSPケーブルフィルター】
735-01SPケーブルフィルター.jpg

ものとしては、SPの逆起電力を抑えるものだそうで、アンプの構造から、左右、どちらか片方でよいとのこと・・・

今回は、左のSPに装着・・・かわいそうに、配線が短いため、LS3/5aが設置台に・・・(^^;

で、試聴して見ると・・・ほう、初っ端から違いがはっきりと・・・クリアでHiFi調に感じる・・・ボーカルが若返った(^^;

低域は、少し軽い?・・・って言うか、早い?・・・エコーが伸びて、空間が広がった感じで、サックスも明るくキラキラした感じが・・・

で、もう1曲聞いてみましょうと・・・女声ボーカル(ドリス・デイ)で有り無しを比較・・・

やはり、音が軽く出る方向で、エコーが増え、広がる・・・明るく弾力感が増す感じ・・・

っと、もう1曲・・・フランクシナトラで試聴・・・

やはり、明るめで、スッキリ・・・余韻が良く伸びるますねえ・・・

じゃ次の実験の試聴として・・・フォン・オッターとエルビス・コステロのアルバムの2曲目を・・・

ああ、とっても暖かな印象・・・口腔内の音が、生々しく聞こえる・・・

で、ここで、CDドライブの上にLP用のスタビライザー「響:ひびき」を乗せてみる・・・

っと・・・音がスッキリクリアな方向に整理された感じで、情感のメリハリが高まる・・・

おお、だったら・・・こちらもやって見ましょうと「テレ・サテン」(A4サイズの青いフェルトシート)をPCのキーボードの上とCDドライブのケースの上に乗せて・・・試聴・・・

【CDとかPCの上に「テレ・サテン」を乗せて】
735-02「テレ・サテン」をPCとCDDの上に.jpg

ハハハ・・・ふざけるな(^^;なんでこんなに変わるんだって感じだね・・・なんて声も(^^;

ボーカルが、グッと前にでてきた・・・厚みが増して、力が出る方向ですねと・・・

SIさんは、すうっと抜ける感じのほうが好みなので、「響」の変化のほうが好きだと・・・

じゃあ、「テレ・サテン」をRMEのオーディオインタフェースの上に置いてみよう・・・

【RMEのオーディオインタフェースに「テレ・サテン」】
735-03RMEの上に「テレ・サテン」.jpg

で、試聴して見ると・・・変化の方向は同じですねえ・・・前に出て厚みが増す方向で・・・

じゃあ、全部取ってみましょう・・・ということで「テレ・サテン」を撤去・・・

大人しい、落ち着いた方向に戻った・・・

じゃあ、2枚重ねでPCに・・・ちょっと音程が太くなる感じ・・・

次は、「雷智3」をパワーアンプの電ケーに・・・

【パワーアンプの電ケーに「雷智3」】
735-04パワーに「雷智3」.jpg

少し、細身に繊細感が増した感じ・・・SIさんは、ハスキーに音を下げたいドリスデイやローズマリークルーニーがもう少し年増的に響いてもいいのになと思う時があったんで、これはいいかもと・・・(^^

っと、実験途中で、今日は少し短いですが、時間切れでここまで・・・

明日は、最後かな?・・・

と言うことで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/772-2835fe0a