FC2ブログ

【066】「Ge3な夕べ」体験報告(2) 【ネットワークの害】 

中々本題に入らないとお怒りの皆様、大変お待たせしました。
いよいよ、「Ge3な夕べ」出演のレポートの続きです。ようやく、イベントはスタートするのか?(^^;

本日は、早朝から出社です。ツライ(^^;
昨晩は、満足感とほろ酔い気分に満たされ、落ちてしまいましたが、本題の再開です。

【画像】エンポケでのデモ直前
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080911191716.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">65-1エンポケデモ(超エラック).jpg 

さて、とりあえずの配線を済ませ、エンポケで超エラックが鳴り出したのは、イベント開始の15分前くらいでした。

箱詰め輸送、落下(名誉の負傷)、ポン置き、通電直後の音としては
・・・・・・・というより、何なんでしょう!!

うちよりめっちゃいい音で鳴ってる~!!

しかも、

DPAT⇒アッテネータ⇒チャンデバ(スルー設定)⇒
    ⇒Hi:アキュフェーズ⇒「エラックオリジナルネットワーク(Hi)」⇒超エラック(ツイータ)
    ⇒Lo:D-AMP  ⇒「エラックオリジナルネットワーク(Lo)」⇒超エラック(ウーファ)
という状態。

つまり、市販SP+Ge3フルチューン(+ケブタエッジ)をバイアンプドライブした状態です。

こんだけ鳴ったらもういいじゃん!
確かに!何が不満があるでしょう!

ここで、画像中央一番下に角と外だしネットワークだけ写っているんですが、ALR/JORDAN Classic 1の逆ホーンに繋ぎ変えてみようと、きささんから提案があり、変えてみると!

この音の鮮度は何だ!
感激した超エラックの音が、如何にバスレフのパイプの鳴き(作られた低音)を聞いていたか、それとその無理の反動で、如何に濁った音を聴いていたかに気付いてしまいました。(^^;


さて、いよいよイベントスタートの時間ですが、何と6時を回ってもお客さんは一人だけ(ii;

まっ、皆さん仕事終わってから駆けつけてくるんで、そのうち集まりますから、そろそろ始めますか?
と、エンポケの店長から、優しいお言葉が。

えっ! これは参ったぞ!
自分ひとりだけはしゃぎすぎたから、みんな引いちゃって来ないのかな?

と、不安一杯のσ(^^)

すると、ポツリポツリと人が増えはじめました。
「ホッ....」
しばらくして6時15分くらい?

「じゃあ、トレーニングも終わったし、そろそろ始めましょうか?」
と、きささん。
おーっ、音が落ち着くのを待っていたのか。

ということで、いよいよイベントスタート!!

まずは、「超エラック」のネットワークありとチャンデバでの音の比較です。
ここでは、ネットワークがどれだけ音質を疎外しているかを確認してもらうことを目的に聞いていただきました。

【画像】エラックのオリジナルネットワーク
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080911190005.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">61-2エラック外出しlネットワーク.jpg 

ネットワーク無し(チャンデバ・マルチ駆動)の時のチャンデバでの周波数特性の補正が不十分で、ちょっとハイ上がりなんですが、やはり、S/Nが良くなり、非常に透明度が高く、何より音の鮮度が高くなります。

※デモしている側なので、リスニングエリア(三角形)の外で聞いているんですが、ネットワークで如何に情報が欠落しているかがよく分かりました。きっと、試聴席で聞いておられた方は、もっとよく分かったのではないでしょうか?

それにしても、ここ、エンポケではその差が良く分かります。
良い音してるし!!(^^

と言うことで、まずは、普通のスピーカーとして「超エラック(バスレフ)」を・・・・・・って、どこが普通やねん!ウーファの口周りが白髭サンタやんけ!


まあまあ、そんなに気にしちゃちゃいけません!

次回、「Ge3な夕べ」のイベントのつづきをお届けします。(^^;


こうご期待 デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/77-0f45b76b