FC2ブログ

【731】100509 SI邸訪問(3)アナログの奥深い楽しみ・・・(^^; 

さてと、超度級のマイクロのターンテーブルを2重連にしたプレーヤーで、まずは前日のKS邸でもかかった、M.J.Qのフォンテッサを・・・

ほ~!・・・厚みのあるビブラフォン・・・とってもエネルギッシュに鳴ってる感じ・・・ピアノの滑らかで暖かな音色とは違った、クールなのに熱い感じが心地いいですね・・・・

それに、ステージからは、少し引いた位置で、ホールの響も含めて聞いている感じが・・・

アームはトーレンスのFR64Sで、ステンレスに見えるけど、柔らかい音がするんだそうで・・・

じゃあ、ちょっとこちでと、SME3009にシュアーのカートリッジ(V15タイプIII)で、プリは、マッキントッシュのC32で・・・

最初は、凄い繊細に細かな音のように感じたが、ビブラフォンのアタックがクッキリと、ためも感じるメリハリがあって・・・響きが非常に綺麗に伸びる感じが・・・

このアームのナイフエッジは、金属なのだそうで・・・

っと、このあと、スタビライザーを何にするかを試しておかないとと言うことで・・・

【レコードスタビライザーの「響:ひびき」登場】
731-01響の試聴.jpg

早速、レコードスタビライザーの「響:ひびき」を試そうとリクエストが・・・

ってわけで、まずは、いつもお使いのデノンの比較的軽いものをトーレンスのアームで試聴・・・

暖かな感じで、響もキレーに延びる・・・演奏の印象はやはり、エネルギッシュ・・・

で、今度は、スタビライザーを「響」にして見ると・・・

KS邸での変化ほどではなく・・・しかも、KS邸ではダイナミックな方向に変化したのに、今回は、まろやかで、滑らかな濃密さ・・・ビブラフォンの響が整理されてスッキリした感じが・・・

もう一度、オーディオテクニカの真鍮の物に・・・

ほ~、カチッとした印象で、ビブラフォンの響にキラキラした響が少し乗る感じ・・・

で、再び、「響」を聞いて見る・・・

う~ん、まろやかさが増すのと、演奏のダイナミックレンジが広がった気がします・・・付帯音が少なくなった感じですね・・・余韻が綺麗で、少し延びる感じも・・・と、皆さんそれぞれの感想を・・・

じゃあ、もう一度、いつもご使用のデノンの軽いやつを・・・

ステージがこじんまりとするが、ビブラフォンの響に、付帯音はホンの少ししか乗らない・・・

って訳で、SIさんも「響」を気に入られたご様子・・・忘れて行ってとのリクエストも(^^;

っと、せっかくだから、こちらも聞いておく?っと、一番手前のデノンのプレーヤーを使うことに・・・

【手前のデノンのターンテーブル】729-05
729-05送出し系のラック.jpg

試聴に夢中で、画像を撮るのを忘れてた・・・画像右手前のアクリルカバーが付いたターンテーブルで、サエクのロングアームがつけられているとのこと・・・

出だしのところは、木目細やかさがあって・・・ビブラフォンが凄くエネルギッシュで音量も上げたのかと思うほどの押し出し感が・・・切れ味あって、一方でホワッとした感じも・・・

フォノイコは、チェロのプリ内蔵のものなので・・・レビンソン系の音なのだとか・・・

それじゃあ、「響」を聞いてみようか・・・と言うことで、再生・・・

やっぱり、響や余韻が綺麗に整理されたような印象が・・・綺麗なホワッとした感じになるとの感想も出たかな・・・

で、アナログ比較は一旦これ位にしといて・・・CDをもう一度聞きましょうかと・・・

フランクシナトラを・・・と再生・・・

ラウンジ系?のゆったりゴージャスな感じで、ホテルの大きなラウンジのステージからは、少し離れたところで聞いているような印象・・・

ボーカルの後ろにバックの演奏並び、前後の感じがよく分かる・・・

LoFi盤が上手く鳴るかも・・・との思いでかけられたのは・・・ドリス・デイ・のベスト盤・・・

録音はそんなに良くないところへ、LP2枚を1枚のCDに入れて復刻した物・・・

ほ~!・・・このレベルのCDもジックリ鳴りますねえ・・・確かに、雰囲気たっぷり・・・

広がりも大きく、フワッとした感じがして・・・正にBGMとしてジックリ楽しめますねえ・・・

レコードのかける儀式への憧れと、CDの気楽さ・・・どちらもいいですね・・・(^^;

いやあ、それにしても、レコードは、アームやカートリッジやスタビライザーの違いで、同じ盤が、こうも幅広いバリエーションが楽しめるとは、考えてもいませんでした・・・

さすがに、アナログは、目一杯、奥が深そうですねえ・・・

素晴らしく贅沢な遊びに感じましたが・・・

ってところで、今日は、時間切れ・・・明日は、再びCDを聞かせていただいた話・・・のはず(^^;

と言うことで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/768-34903106