FC2ブログ

【729】100509 SI邸訪問(1)興味津々の機材構成・・・(^^; 

さて、食事の時間も入れ、おおよそ4時間の長旅で、静岡から名古屋まで・・・ちょっとした勘違いで、最後に、高速のインターを1区間?戻ったりしましたが・・・無事SI邸に到着!(^^;

この辺りは、丘陵地帯というか、少し高低差があって、丘全体が住宅地になっている・・・その緩い斜面の途中に車を止め、数軒先のSI邸へ・・・

建物の中央の玄関を入って、玄関ロビー横の階段で2回に上がり、片側の奥の突き当たりのお部屋が、約20畳の書斎兼リスニングルーム・・・

【リスニングポジションからの全景】
729-01リスポジからの全景.jpg

画面奥左に見えるドアが入り口・・・底から奥のフロントステージ周辺で6畳くらい?

で、ドアの手前、から、この日のリスポジの前辺りまでが6畳くらい?・・・

で、リスポジとラック、そして撮影している後ろに、書斎スペースあって、そこまでで8畳くらいになるのかな?・・・

という訳で、縦長なお部屋ということになりますでしょうか・・・

で、機材はと言うと・・・

【フロントの再生系システム】
729-02再生系システム.jpg

よく見ると、色々置いてありますね・・・ESL-57とか、LS3/5aとか・・・

センターと、部屋の角に高く持ち上げたスリムタワーの位置の微調整で、音の最終調整をされたとのことでした・・・このほかには、最初の画像に写っている、天井のQRDスカイラインと、右の窓の奥に、40cm四方位の布製カレンダーが、左右それぞれ3枚づつ掛けてあり、これも調音に使われているようでした・・・

【メインのSPはKEF model 107/2】
729-03SPはKEF107-2.jpg

で、メインのSPは、KEFの107/2・・・いわゆるリニアフェーズ?・・・しかも、中高域は、ラウンドバッフルで・・・ウーファーは、特殊なバスレフ?になっていて、内部は、密閉箱にユニットが付いてて、ダクトが中域ユニットの前に上向きで空いている・・・

【パワーアンプは、Jeff Rowland Model10】
729-04パワーはJeffのModel10.jpg

でもって、これを駆動するのは、Jeff Rowland Model10・・・

【送出し系のラック】
729-05送出し系のラック.jpg

そして、リスポジの右に、シックな佇まいのラックがあって・・・上には何やら凄い・・・

【2重連のアナログプレーヤー】
729-06アナログプレーヤー.jpg

ラックの上には、2重連のアナログプレーヤー・・・

どう見ても、相当長きに渡って、試行錯誤の末にここに辿り着かれた・・・

そんな印象を受けますよね(^^;

ところが・・・この時の送出し系の中心は・・・

【PCトラポ】
729-07PCトラポ.jpg

何と、PCトラポの比重が高かったんですね・・・と言うのも、単身赴任の京都の住まいでは、アナログは持って行かれていないから・・・ということなんですね・・・でも、実際には、この後自宅に戻られた時は、アナログ中心なのかもしれませんね(^^;

で、このPCトラポの画像・・・机の上に乗ってる、白いケンウッドの安定化電源2台と、間に挟まれた、銀色の筐体のCDドライブ(プレクスターのプレミアム2)と、その右のノートPCが、トラポ本体なんです・・・実は、机の下の筐体が本来のシステムだそうですが、前日のトラブルで今回はお休みとなりました・・・(^^;

で、そのPCオーディオを含めた再生系の機材が・・・

【メインの機材】
729-08メインの機材.jpg

メインの機材が、その使い方も含めて、特徴的かなと・・・(^^;

ラック上段左のCELLO ENCOREpreと、その右のCOUNTERPOINT SA5000を組み合わせることで、再生音をコントロールされているんですね・・・この辺りの、感激体験は、後ほど・・

それと、もう一つの特徴が、先にご紹介したメインの入力系?のPCトラポの受け口・・・

PCトラポからの入力は、ラック右の最下段・・・中央奥のRMEデジフェースで受けて、同じく右中段のDAC(COUNTERPOINT DA10)を経て、プリに入力されます・・・

で、ここで重要なのが・・・RMEデジフェースの左の黒い筐体と、右のブルーの筐体・・・

ルビジウムの外部クロックユニットと、クロックジェネレータ・・・それに加えて・・・

【RME用の安定化電源】
729-09RME用安定化電源.jpg

PCトラポの要・・・電源と、クロック・・・要所に、しっかり手を入れておられますね・・・(^^;

っと言う事で、機材を拝見しただけでも、何やら、相当の試行錯誤の上に、独自のノウハウで再生音楽を楽しまれているであろうことが伝わって来ますが・・・

果たして、どんなオフ会になるんでしょう?・・・で、つづきは明日に・・

と言うことで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/766-08dbfd76