FC2ブログ

【716】100508 KS邸再訪問(3)チューン後のサウンド~驚き!・・・(^^; 

さて、全員揃ったことですし、そろそろ・・・と言うわけで、いよいよKS邸のオフ会のスタート!

これまで、BGMに流れていたのは、リンのDSから96KHz/24bitのハイレゾデータだったんですが・・・ここからPCトラポに変更・・・

【PCオーディオからスタート】
716-01PCオデオからスタート.jpg

と言うことで、まずは、定番のPCオーディオからスタート・・・再生は・・・

ソースの読み込みは、マウスの向こう・・・こちらでは定番のプレクスターのプレミアム2から

で、画像手前のMac Pro?をWindows7の64bitで起動し、Nuendoで再生・・・

そこから、Fire Wireで接続の・・・あれ?ワイスのDAC2だっけ?RMEのFF400だっけ?・・・

確かワイスだった・・・このPCオーディオインタフェース経由でオクターブのプリ~再生系へ・・・

そんな構成です・・・って、ええ加減ですみませんm(_ _)m

で、1曲目は・・・ビバルディのバイオリンコンチェルト・・・

【まずは1曲目はビバルディのバイオリンコンチェルト】
716-02最初のディスク.jpg

DSの芳醇な感じとは、方向性の違うサウンド・・・鮮度感の高いエッジの効いた音・・・

でも、ヴァイオリンの弦の艶っぽさといい、高域の鮮明な伸びといい、カチッとした感じに音が浮かび上がって・・・実体感が増した感じも・・・

前回の参加者からは、クラシックが安心して聞ける様になったというような感想が・・・っと、今回初めての方からは、こんなに素晴らしい再生で、何か不満なところはあるんですか?と・・・

すると、ご当主のKSさんも、全然不満はないですよと・・・

ただ、今回のチューニングでは、ハイエンドの桃源郷の入り口まで来たと・・・まだ、先があるよとのことだったと・・・でも、ご本人は、自分では、この先には行けないですよ・・・なんて仰ってましたが・・・行動的なKSさんがそのままとは思えませんが・・・(^^;

で、お次の曲は・・・

【お次はチェロコンチェルト】
716-03お次はチェロコンチェルト.jpg

オケからチェロのソロへ・・・っと、このチェロの音色・・・厚みのある少しせつなさを帯びた太く低めの音からの演奏・・・響の余韻が心地良く・・・バックの低弦の下支えがドッシリと・・・演奏の安定度と地に足が追加感じの演奏の抑揚が快感・・・(^^;

参加者からは、部屋全体がしっかり鳴るようになりましたねと・・・

KSさんによると、サーロジックのパネルのインパクトが大きかったと・・・前回は吸音材が多すぎて、それに引きずられていたと・・・

っと、Macの環境をチェックしていたON爺さんが・・・ほとんどチューニングしていない環境を見て・・・ここからなら、相当変わりますよと・・・この後、どこかでチューニング講座を?(^^;

次は・・・KSさんが、ちょっと変なのですがこれをとかけたのは・・・

【次はとっても面白く】
716-04次は面白く.jpg

アコースティックギターのとても高度で緻密な演奏・・・エッジの効いた、生々しく、ONな録音

っと、ところが曲が、何と!・・・犬のおまわりさん・・・軽くぶっ飛ぶ(@@

スチール弦のエッジの効いた音、ボディーの鳴りと・・・オーディオ的快感たっぷりな音(^^;

っと、ここで、ON爺さんの最新情報(2ヶ月前の話です)がはじまった・・・

ON爺さんのHPで提供先が公開され・・・現在は、製作者ご自身のページでダウンロードできる、Macの再生アプリのお話に・・・(最近、他にもiTunes-afplayってのが話題になってますね(^^;)

何でも、今話題のafplayコマンドを発展させたツールらしいのですが、いわゆる重い再生アプリを使わず、ファイルを直接Macのコアオーディオに渡して再生するツールだそうです・・・
(詳しくは、ON爺さんの説明PDF製作者のページへ)

リアルタイムのCD再生から、リッピングファイル、ダウンロードしたハイレゾデータファイル・・・それも192KHz/24bitまで・・・Macのコアオーディオが対応している規格は、全て再生できるのだそうで・・・

要は、読み込んだデータを、Macのコアオーディオに直接放り込むしかしないツールなんだそうで・・・

選曲も簡単に、かつコマンドエディタ画面も出さずに、最小限のタスクで走るんだとか・・・そのため、自分を切る昨日も付いてなくて、別のツールで止めるんだそうな・・・

ってことで、KSさんのMacにツールをインストール・・・ホンの数分・・・

で、先程の犬のおまわりさんを再生・・・

おおお!・・・いきなり情報量が増えたみたい!(^^;

厚みが増して、弦の引っかくエッジが凄くリアルっぽくなった・・・全体にクリアさ、明瞭度が上がって響も広がった感じが・・・って言うより、鮮度感が数段アップ!!

ツールには、音の傾向で3種類(Black, Charcoal, Gray)あるそうですが、聞いたのは標準の・・・

っと、KSさんが、もう1曲・・・エバ・キャシディのブルースアレイでのライブ盤から・・・5曲目?6曲目?・・・

おお、凄い空間感・・・中低域のボリューム感も程よく、透明なボーカルがライブハウスに響いて消えていく感じまで、とってもクリアで滑らかに・・・

お次は、澤野工房のCD・・・Alone・・・ピアノソロですね・・・

ほ~!・・・澤野工房らしい、アタックの柔らかながら力強い感じと筐体~空間への響が、非常にクリアで綺麗に伸びる・・・

前回の参加者から、非常に部屋の響が高音まで伸びて、マイルドになりましたねと・・・

っと、ここでMacを64bitで再起動して、もう一度再生・・・

の前に、そのプレミアム2の下に敷いてるのはなに?と・・・ガハハ!Ge3の「礎」です(^^;

どうやら、「大地4」購入のおまけに付いてきたそうな・・・(^^;

で、もう一度再生がスタートすると・・・

えええ?・・・同じ曲?・・・滑らかさ濃さ鮮度感、艶っぽさが一気にアップ!!凄い空気感がムンって感じで出てきました!!・・・凄い、凄い!

違う曲かと思うほどの違い・・・めっちゃ驚き(@@

で、次は、前回メイン試聴曲に使った彩花の7曲目・・・

凄いベースの厚みが増した!・・・少し、ベースが温かみが増して丸いか?

っと、ツールを、一番カチッとするバージョンに変更・・・

弦のエッジがよりクリアに・・・子音の発音がはっきりと・・・ベースの弦のふくらみがタイトになって、胴鳴りもクリアに・・・スピード感が増した感じに・・・

う~ん!凄い!・・・のっけから物凄いことになって来ました\(^^)/

っと、ここでお昼となり、近くのお店へ・・・今日のお話は、ここで中断・・・

続きは、明日・・・午後からのお話・・・(^^;

と言うことで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/751-85218291