FC2ブログ

【715】100508 KS邸再訪問(2)話題の新方式?USB-DACの準備・・・(^^; 

さてと、KS邸の第2回のオフ会の参加者が続々集合する中、今回のオプションメニューの1つ・・・

バルク転送式のUSB-DACと、自作PC電源を持参されたOGさんが、電源を入れて、暖めておきたいんですがと、準備を開始・・・

【これがOGさんのマシン一式】
715-01OGさんのマシン一式.jpg

KS邸のPC周りのタップから、電源を借りて繋ぐ準備を始めたOGさんの今回の持参品は・・・

注目のUSB-DACと、PC用自作電源と、パナソニックのノートPC(Let's NOTE)と、プチプチに包まれているのが、最終段のオペアンプをディスクリートで組んだ、等価回路のボード・・・

と、たったこれだけなんですがと仰るが・・・果たして、どんな音が?・・・(^^;

これが、今回のOGさんがPCプレーヤー(PCトラポ+DAC)ということですが・・・

まずは、動作確認を兼ねて、USB-DACのご開帳・・・

今回のDACの特徴は・・・PCとDAC間がバルク転送になるところらしい・・・?(^^;?

全然分かってませんが・・・PCから見てDACが、外付けのHDD見たいなものって事なのでしょうかねえ?・・・(^^;

【USB-DACの中は?】
715-02USB-DACの中は?.jpg

さて、今回注目のUSB-DACの中身は・・・は~!いつもながらに凄い電源・・・(^^;

何と、内部の半分が電源回路のようです・・・しかも今回は、出川式電源で、デジタル段とアナログ段を別々に供給する構成となっています・・・

で、今回は、最終段のオペアンプを、ディスクリートで組んだ等価回路のボードで置き換えて、聞き比べる実験もしていただけるそうで・・・

【最終段のオペアンプを置き換えるディスクリートの等価回路】
715-03採取段オペアンプの等価回路.jpg

えらいブレちゃってますが・・・ケースの右上の角に乗ってる黒い部品が一杯ついた基盤が、その等価回路です・・・抵抗が60本くらいと、トランジスタが90数個付いてるそうで・・・

これを半田付けするのは至難の業・・・しかも、σ(^^)私なんて、ルーペでもないと見えません・・・

このか部品を組む労力たるや・・・想像するだけで、気が遠くなる・・・(^^;

で、最初の画像のトロイダルトランスを乗っけた銀色の箱・・・こちらが、ノートPCの電源で・・・

中身は、勿論、第二世代の出川式で、標準のACアダプターと置き換えての聞き比べができると・・・

って訳で、OGさん、動作確認も出来て、準備は完了・・・動かなかったらどうしようかと思ってたと・・・(^^;

何でも、今回のシステムは、192kHz/24bitまでは勿論、DSDデータも再生可能とのことです・・・

再生ソフトは、この基盤の作者が提供された物で・・・通常の再生ソフトと全く違って、PCからすると、再生するファイルを、音楽ファイルとして認識してなくて、PCからは、DACがHDDに見えているようなものだとのこと・・・

要は、PCは、HDD(DAC)に、データをコピーしているようにしか見えないのだそうで・・・

PC側は、音声処理は、一切やっていない・・・単なるバルク転送をしているだけ・・・

なので、WAVファイルに変換かけながら、CPU使用率が100%になった状態で再生しても、音が途切れることは無いと・・・

このPCのCPUは、1GHzのセレロンで、ファンレス、ハードディスクはSSD・・・

って訳で、ノースピンドルマシンにはなっているが、今ではとってもロースペックなマシンということになりますね・・・

で、このシステムが便利なのは、PCの液晶も閉じて、iPhoneやTouch、iPadから、リモートで操作できるところ・・・リスポジで、選曲・再生操作が出来てしまうとの事・・・

っと、ここまでBGMがずっと鳴っているんですが・・・もう、この音を聞いているだけで、如何に再生音が進化したかが、ヒシヒシと伝わってくる・・・

どうやら、再生されていたのは、ネットでダウンロード購入された96kHz/24bitのハイレゾデータファイルで、再生装置は、リンのDS・・・前回、迷われていた電源も、バージョンアップされたとのことでした・・・

その際静音は、非常に滑らかで、繊細で緻密、更には実体感もある非常に綺麗な再生・・・前回とは、音の傾向もかなり変わって・・・量感も豊かに、どっしりしたピラミッドバランスに・・・

っと、まあ、勿論、σ(^^)私より大ベテランの皆さんは、部屋に入って、最初に音を聞いた時から、その素晴らしい再生音を把握されてたようで・・・のっけからご機嫌・リラックスモードに・・・

どうやら、皆さん既に、システムのサウンドはばっちり安心・・・こうなると、オプションメニューがどんなお楽しみになるかということで、ワクワクされているご様子でしたねえ・・・(^^;

っと、そこへ、このオフ会の最後の参加者・・・ON爺さんが到着・・・

皆さんとのご挨拶もそこそこに・・・ずらっと並ぶハイエンドシステムをぐるっと見て・・・凄いシステムですねえと・・・それから、BGMで素晴らしい音色でピアノがなっているのを効いて・・・ショパン・・・ツイマーマンですね・・・素晴らしいですねと・・・

このソースは何ですか?との問いに・・・KSさんは、グラモフォンのネットのサイトからのダウンロードデータで・・・96kHz/24bitのハイレゾのデータで、さっきからずっとDSで鳴らしていると・・・

さて、全員揃ったし、そろそろ・・・

あれれ?、今日はここで時間切れ・・・実質、昨日の最後の部分だけで終わっちゃいました・・・(^^;

明日は、遂に、システムのサウンドをジックリ?・・・ON爺さんのPCオデオ最前線?

と言うことで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/750-c56f0b0a