FC2ブログ

【703】100502 GWツアー(19)吉田兼好邸:懐かしのJBLサウンド・・・(^^; 

さてと、ワールドカップの盛り上がりに釣られて、どっぷり観戦してしまい・・・

中途半端な機器紹介となっておりましたが・・・

吉田兼好さんご本人から、ツイーターの接続や電源周りの補足説明をいただきましたので・・・

昨日のお話しに、追記しておきました・・・吉田兼好さん、ありがとうございましたm(_ _)m

って訳で、吉田兼好邸で、お部屋に入ってのお話に戻ります・・・

お部屋に入って、フロントのJBLのダブルウーファーに圧倒されつつ・・・

最近の、大きな変化について、お話を伺った・・・

【壁面全体に振動吸収子】
703-01壁には振動吸収子.jpg

そのアイテムが、画像のように、壁面全体に施工されたヒジヤンご推薦の振動吸収子!(^^;

ヒジヤンのリスニングルーム、パルテノン神殿(命名はσ(^^)私らしい(^^;)で、その経験から考案され、様々な実験の上、紹介されるパルテノン倶楽部御用達のワンコインチューニングアイテム・・・

その中でも、あちこち、訪問した先で、その効果の大きさを、よく耳にするアイテムだが・・・

パルテノン倶楽部、会員№??の吉田兼好邸も、この効果が充分確認されたとのこと・・・(^^;

装着したら、低音の量がガクンと減って、壁の振動による響を聞いていたことがよく分かったと・・・

同時にかぶっていたものが無くなって、中高域もにじみが無くなったと・・・

で、低音の量感が減った代わりに、低音の重心が下がってきたと・・・

と言いつつ、JBLは、元々そんなに低音は出ない方なんですけどねと・・・

さて、それじゃあ・・・三重県に来ていただいたんで、出身のアーティストの曲を聞いてもらおうと、探したところ、この曲が・・・録音も良いですし、笑ってください・・・

んん?・・・笑ってください?(^^;・・・っと、かかった曲は・・・

何とも、あっけらかんとした、ふざけたイントロ・・・ああ、直ぐに分かった、このイントロの雰囲気で出て来るのは・・・あれしかない!(^^;

歌いだしたのは・・・やっぱり・・・植木等!・・・どっひぇ~!(^^;

でも、確かに、年代からすると、凄くクリアな音で、スタジオライブのごときエコーも綺麗に聞こえる・・・が、果たしてこの歌にこの音質が要るのか?(^^;

でも、そんなことより、ついつい歌詞に引き込まれ・・・ストーリーと落ちを追いかける・・・(^^;

っと、あんまりやってるとあきれられるので・・・と、3番くらいまでで中断(^^;

おそらく、アナログ音源をほとんど何も手を加えず、リマスターしたんじゃないかとのこと・・・

いやあ、1曲目から、驚き!・・・おまけに、笑わせていただきました・・・(^^;

で、お次は・・・っとかかったのは・・・

おお!・・・これは新しい録音っぽい(^^;・・・軽快なサウンドに、弾力感のある低音・キックドラム

この声は・・・ソフィーミルマン・・・デビューアルバムの1曲目・・・

う~ん、イメージ通り(^^;・・・JBLの38cmダブルウーファーから連想する通りの低音・・・

弾力感のある、重さを感じない明るい低域に支えられた、カラッと晴れたサウンド・・・

シンバルやリムショットも、心持ち明るめの乾いた感じ・・・ベースは少しふくよかな印象・・・

何とも、低音が、まるでフロント壁面全体から出ているのか?と思うような、面で鳴ってる感じ・・・

ボーカルの音像が、少し、フワッとした感じ・・・

どうも、声が音域によって上下すると言うか、大きさが変わる感じも・・・

この辺りは、大型SPの厳しいところ?・・・ウーファとミッドのクロスが500Hz・・・ミッドとツイーターのクロスが1200Hzとのこと・・・ボーカルがウーファーとミッドから出てるから・・・

バランス的には、低域寄り・・・高域は少し大人しいのかな?・・・

じゃあ、次は・・・テラークのサンプルCDから・・・荒野の7人・・・

早くて弾力のある低音感が、とっても曲のイメージを盛り上げる・・・弦や金管も賑やかに・・・

やはり、オケが、面で押してくるような印象・・・ドカッと腰を下ろして、ゆったり聞くのが楽しそう

で、お次は・・・シェフィールドラボのサンプラーで・・・これも10年ぐらい前の物・・・

何だか、これは古いのでって言うのが多い気がする・・・との突っ込みが(^^;

カラッとしたドラムからスタート・・・エレベのオンな弦の音・・・マーカス?

どこかで聞いたことあるなあ・・・で、CDの裏の録音を見ると・・・30年前!(^^;

おお、そんなに前だったの・・・まあ、当時としては、いい録音のCDだったんですよと・・・

・・・おっと、今日は、ここで時間切れ・・・(^^;

少々懐かしい目の音から始まりましたが・・・さて、この続きはどうなるのか?

と言うことで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/738-e86682c9