FC2ブログ

【062】「Ge3な夕べ」出演「三つ巴対決」(4) 【駄耳おやじのプレ試聴2】 

「Ge3な夕べ」の「逆ホーン三つ巴対決」に向けた、プレ試聴レポートですが、しょっぱなからとんでもないテンションの試聴レポートになってしまいました。
さて、続く、2番手は、どのような評価だったのでしょうか?

【画像】対決SPのフロントバッフル
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080911190328.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">62-1バッフル比較.jpg 

画像は、13cm用逆ホーン標準箱に取り付けるフロントバッフルの比較です。
 超・白エラック(左)
 チーム倶楽部員(右)


(2)チーム倶楽部員逆ホーン

今度は、倶楽部員ユニットを装着した逆ホーンの「チーム倶楽部員」SPをチャンデバ・マルチ駆動で聞いてみました。
その印象は、メモφ(..)によると次のように書かれていた。

凛として広い音場空間の中に、濃密に定位する音像、音楽の躍動感、どれを取っても極めて高いレベルで陶酔の世界へ導いてくれます。ベースの弦を弾く音、ブラシのズワズワ、シンバルのシュワーン、特に女性ボーカルの艶かしさはたまりません。

※(1)と(2)は、普通のバスレフと逆ホーンの比較のはずなんですが、メモから見るとどうも相当その再現能力は拮抗しているようですね。おそらく、普通のバスレフBOXとは言え、ケブタエッジによるパワーアップが相当のものだと思えます。また、一方で、最終兵器とも言えるケブタエッジ無しでこのレベルの音を出す逆ホーンも、潜在能力が極めて高いといえると思います。

次に行く前に、超エラックから、超・白エラックにお着替えする際のポイント「自立台」についてご紹介。

【画像】自立台延長部材
http://blog-imgs-18.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080911190423.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">62-2自立台延長部材.jpg 

画像は、超・白エラックのバッフルを取り付ける際の標準箱で、簡易自立台に、延長部材が装着してあります。このような延長をしてGe3的に問題ないかは不明ですが、聞いた感じでは、問題なく、自立台の効果を発揮しています。
今回のイベントでは、この延長部材が、一部比較試聴のカギを握っています。
1つは、SPの衣替え(超・白エラック←→チーム倶楽部員)で、同じ逆ホーンの箱で、ほぼ同一条件のままユニットの違いによる聞き比べが出来るようになっています。
もう1つは、自立台の有無で、超・白エラックにする場合、延長部材を装着しないと、自立台が機能していない状態に出来るのです。

(3)超・白エラック(ケブタエッジELACユニット逆ホーン)

という事で、チーム倶楽部員逆ホーンから超・白エラックへと、ユニットを変更して、同じ逆ホーン同士での比較試聴です。
その印象は、メモφ(..)によると次のように書かれていた。

音量ではなく、音の勢いが強い。
SC-LX90のMCACCによる補正のためのようであるが、低音に暖かみのある量感がある。
何より、音場感、包囲、いや抱擁感が極めて高い。しかも、音像の輪郭が非常にはっきりし、ピアノの打鍵時のアタック音がピシッと決まるため、音楽の躍動感や抑揚感が非常に心地よく、一気にその世界へのめり込んでしまう。
女性ボーカルは、艶かしさを超えて、エロスさえ感じてしまう。バスドラのエネルギーとスピード感、ベースの弦のうなり、シンバルのカツン!ブラシのシュワシュワ、何て気持ちいいのでしょうか!!
お気に入りのチックコリア&上原ひろみ、Duet初回限定盤のDVDのスペインは、もう本当にたまりません(ちびりそうなくらい(^^;)。ほぼ完全にブルーノート東京にトリップできます。CDの同曲別テイクでは惜しい所で届かないんですね~。

ケブタエッジの威力恐るべし!!
音場の広がりが一段と増しています。抱擁感の密度が非常に濃くなっています。何より、周辺のもごもごした感じがなくなり、音の芯が熱くはっきりし、エネルギー感が一気に高まりました。その音楽の世界へ簡単にトリップできるようになります。

超・倶楽部員逆ホーン(ケブタエッジ化)ではどうなるのか?


※予想通り、逆ホーンにケブタエッジ化ユニットを入れた場合、ブッチ切りの戦闘能力向上が確認できたようですね。

ここまで一気に向上すると、駄耳おやじとしては、少々不安になります。
これって本当に向上しているの?
有頂天おやじのプラシーボじゃないの?

という事で、次回、念のための再確認状況についてご紹介します。


こうご期待 デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/73-15dc9861