FC2ブログ

【638】091128 森の住人もどき後の自宅測定(いい加減?)・・・(^^; 

さて、お宅訪問の日記から、再び、訪問前の続きに戻りましょう・・・(^^;

1週間ほど前の日記で、大はしゃぎで森の住人もどきを作ったお話をしましたが・・・

【626】091114 森の住人もどきに嵌る?・・・(^^; [2010/04/15]
【627】091114 森の住人もどきを作る?・・・(^^; [2010/04/16]
【628】091114 森の住人もどきを聞いてみる?・・・(^^; [2010/04/17]
【629】091121 森の住人もどき追加製作&聞いたら?・・・(^^; [2010/04/18]
【630】091122 森の住人もどき改修と更に追加?・・・(^^; [2010/04/19]
【631】091122 森の住人もどき実験の終わりと言うかこれからが?・・・(^^; [2010/04/20]

この最後にも書いている通り、これで終わりと言うわけではなく、これからが使いこなしだと・・・

ってわけで、一旦、ナンチャッテ測定をやってみたわけです・・・(^^;

なんですが・・・森の住人もどきの有無を測定しなかった・・・

これだと、比較が出来ないんで、意味がない?

ってんで、その前の測定は?・・・っと見返してみたら・・・

【471】090912 S-1EXセッティング!・・・結果測定?前編 [2009/11/10]
【472】090912 S-1EXセッティング!・・・結果測定?後編 [2009/11/11]

S-1EXのセッティングをした時の日記に少し・・・

で、この時の配置は・・・あれ?・・・この時の画像が日記には載ってないですね・・・(^^;

って訳で、その後森の住人もどきを作る前の画像があったので・・・こちら・・・

【S-1EXセッティング後の配置】
638-01S-1EXセッティング後の配置.jpg

「乙」君を使って、楽に音が出るスポットを探し、そこへS-1EXを設置したんですが・・・

困ったな・・・この画像、実際には、このセッティングの時とは随分変わっているところが・・・(^^;

画像のセンターにはパワーアンプのLUXMAN MU-80FTが・・・

そうですね、この測定時点では、SUSANO君のパワーアンプ部を使った再生だったんですが・・・

この後・・・まずは・・・

【610】091027 SUSANOの交代・・・(^^; [2010/03/30]

何と言っても、SUSANO君本体が入れ替わっている・・・(^^;

でもって、この後、SUSANO君のプリアウトをパワーアンプのLUXMAN MU-80FTに入れて・・・MU-80FTは、8チャンネルのパワーアンプなんですが・・・BTL接続が出来ますので、2つずつBTL接続して4チャンネルのアンプに・・・で、左右LoとHiのバイアンプ接続に・・・

それから・・・ありゃりゃ・・・タイムスタンプが2ヶ月も経ってますが・・・

【616】091104 S-1EXのチューニング(1)・・・(^^; [2010/04/05]
【617】091104 S-1EXのチューニング(2)基本3点セット1・・・(^^; [2010/04/06]
【618】091104 S-1EXのチューニング(3)試聴1・・・(^^; [2010/04/07]
【619】091104 S-1EXのチューニング(4)ウーファに「自立台」・・・(^^; [2010/04/08]
【620】091104 S-1EXのチューニング(5)ウーファに「茅蜩・鼓粒」・・・(^^; [2010/04/09]
【621】091104 S-1EXのチューニング(6)何か変?えっ苦情?・・・(^^; [2010/04/10]
【622】091104 S-1EXのチューニング(7)これでお終い?・・・ハイ!(^^; [2010/04/11]

ってな訳で、SPのチューニングなんてやっちゃいましたねえ・・・

つまり・・・先の画像は、この時点の画像ということで・・・

ここでようやく、冒頭の森の住人もどきの実験導入となるわけですね・・・

って、なんだか比較の意味がないなあ・・・(^^;

まあ、そんないい加減な条件での比較ということで・・・

見た目の比較をもう一度・・・

【森の住人設置前の配置】     【森の住人設置後】631-01
638-01S-1EXセッティング後の配置.jpg 631-01分割式をTVサイドへ.jpg

果たして、こんな条件の整わない測定の結果を見て意味あるのか?・・・ハハハ

実は、自分でもないと思いつつ・・・まずは周波数特性から・・・

【森の住人もどき設置(MCACC-ON)】   【旧セッティング(MCACC-ON)】471-02
638-02 091128自宅-メイン-MCACC-ON-PinkNoise(silvan暗騒音).jpg 471-02自宅-メイン-暗騒音(青)MCACC-ON(赤)OFF(黒)-PinkNoise.jpg

低域の暴れがかなりなくなってますが・・・高域が何だか異常に落ちてますねえ・・・

念のために自動音場補正(MCACC-ON/OFF)の有無の特性を見てみると・・・

【自動音場補正有り(赤)無し(黒)】
638-03 091128自宅-メイン-MCACC-ON(赤)-OFF(黒)PinkNoise(silvan).jpg

自動音場補正によって、中低域の暴れが少なくなってますが・・・7KHz~15KHz辺りまでの落ち込みはどうしたもんでしょう?・・・測定誤差?それはちょっと厳しいなあ・・・

じゃあ、森の住人設置前後のMCACC-ONとOFFそれぞれを並べたら・・・

【MCACC-ON:森の住人もどき前(黒)、後(赤)】  【MCACC-OFF:森の住人もどき前(黒)、後(赤)】
638-04 自宅-メイン-MCACC-ON(1128赤)(0912黒)PinkNoise(silvan暗騒音).jpg 638-05 自宅-メイン-MCACC-OFF(1128赤)(0912黒)PinkNoise(silvan暗騒音).jpg

何だか、訳分からないですね・・・森の住人もどき設置後の自動音場補正をかけない(MCACC-OFF)時の結果が一番整っていると言うことに・・・

って訳で、今日は、時間切れ・・・夜が明けた(^^;

どうやら、いい加減すぎるデーターになってしまったという事でしょうか・・・(^^;

まあ、明日は、もう少し他の項目も見てみますかね・・・え?続くの?・・・ハハハ(^^;

と言うことで、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

凹凸が減っている

Mt_T2さんご苦労様です。

その周波数特性を見ると、森の住人=丸棒vanを移植すると、自動音場補正をかけると10kHzから上の倍音領域が低下してしまう。不思議ですね。補正ソフトが森の住人を過大評価しているのですね。

自動音場補正をかけない場合、森の住人あり/なしを比較すると、ありのほうが周波数がきれいに整ってますね。これは丸棒の反射・拡散で、定在波が減り、周波数の凹凸が減るという、本家日東紡さんのおっしゃるとおりの効果ですね。コンピュータで計算などしなくても、太い/細い丸棒を配列するだけで、これだけ音場を整えることができるのですね。本物のSylvanだともっと効果あるのでしょうかね?

何も聞こえなくなったさん、コメントありがとうございますm(_ _)m

σ(^^)私も、凸凹がなくなったのは、もどきの効果だと思います(^^;
でも、自動音場補正の10KHz以上の特性・・・おかしいですよね・・・
この結果自体に信憑性がないかもしれません・・・SUSANOのマイクも入替わってるので、エージング不足とか・・・??(^^;
森の住人もどき以外の要素もかなりあると思いますので・・・
幸い、天井の1調音グッズも取り外し可能で、この森の住人もどきも可動式なので、近く追試をしてみようと思います・・・ブログにアップできるのはずっと先になってしまうので、何か新たな結果が出たら、あちらの掲示板の方にアップさせていただきます(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/672-158063c0