FC2ブログ

【057】「超エラック」の製作-3 【ユニットに刃】 

前回予告の通り、いよいよ「ケブタエッジ化」作業のクライマックス!!

そうです。
ユニットの既存エッジの撤去作業です。

このエラックのウーファーユニットのエッジは、内周はコーン紙の裏から貼り付け、外周は、ユニットのフレームに前面から貼り付けられています。
無茶をして振動板を壊してしまっては何もなりません。(って、ユニットは壊しとるやろ~!)

という事で、内周は、腹を括ってカットすることにしました。(^^;

ん~っと!
躊躇しながらも鋭い刃をブスッと?

ゴム系のエッジのためか、反発してなかなか入りません(^^;

【画像】鋭い刃をブスッと
http://blog-imgs-26.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080905195931.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">57-1エッジカット.jpg 

それでも刃を少し引くようにして力を入れると、鋭い刃がブスッと入ってしまった。(^^;

もう、後戻りは出来ない(^^;

サイズ誤りはどうなるのか・・・・・・・・・

※恍惚の領域の入口を越えたようですね。正常に動作するユニットのウレタンエッジに
 カッターの刃を入れるのは、やはり非常に勇気が要ります。とは言え、ユニットには既
 に一杯貼り付けてありますし、真っ青に塗ってあります。今更躊躇しても仕方ないでし
 ょう!とばかりに一気に切断しました。(実は結構カイカンだったりして)
 外周部分は、ゴム系の接着剤部分でめくると、以外に簡単にはがすことが出来ました。

【画像】蜜蝋の館への入場チケットが揃った
http://blog-imgs-26.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080905200018.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">57-2ケブタエッジ準備完了.jpg 

ケブタエッジが切り抜けた。

サイズ誤りを補正するべく、可能な限り大きめに切断した。

果たして、このチケットは、わたしを禁断の蜜に導いてくれるのか?

※発注時に外周部分の糊代を考慮し忘れたサイズで発注したため、当初の糊代5mm幅が半分
 になってしまうことになる。
 このため、出来るだけ大きめにカットしたのだが、どうなるだろう?


次回は、いよいよ「ケブタエッジ」の装着作業、そして完成です。

こうご期待 デハ(^^)/

コメント

私の場合、何か違うシステムでこのエッジチューンをしてみたいと思っています。何かいいものがないか物色中ですm(_)m

※Mt.T2です。間違えて消してしまったので再掲示しました。
  • [2008/09/14 19:28]
  • URL |
  • ゴウド(Mt.T2再)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

残念ながら、このエッジは、平面で貼り付けると、大きな振幅には向かないので、ロールエッジ状にする必要があると思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/65-1e3b2041