FC2ブログ

【572】090923 関西四国行脚(87)Michel邸-コーヒータイムの盛上り・・・(^^; 

さて、Michelさんがコーヒーを入れに行かれている間・・・かけていかれたピアノトリオがなんとも心地良い!(^^;・・・特に、ピアノの音・・・

どうなんでしょうか?クロスオーバーを知らないので、勝手な思い込みですが、この特殊な形状のホーンのMIDの特徴のような気がするんですが・・・(^^;

っと、ヒジヤンが・・・なんdBだっけ?と聞いてきた・・・メモってるんだ(^^;

ブロンボが113.2dBだったとσ(^^)私・・・と、kin-yaさんが・・・みんな一緒一緒・・・でも120のWHさんとこは凄いと・・・(^^;

丁度、Michelさんも戻って来られて・・・まさか110も出るとは思わなかったですよと驚いておられた・・・(^^;

で、コーヒータイムとなって・・・聞いてみたかったことを聞いてみた・・・

このSPを壁際までよせるというのは、試されたことはあるんですか?と・・・

すると、Michelさんが、ありますと・・・どんな感じになったんですか?と・・・

一番感じたのは、定位が悪くなるんですよ・・・それで、もや~っとして、なぜかは分からないんですけど・・・それと、広がりが無くなる・・・

なるほど・・・やっぱり、そう言うトライもされて、今のこの位置に来てるんだ・・・

と、ヒジヤンが・・・ユニットの指向性をピンポイントに・・・つまりMIDとHIをリスナーに向けると?どうですか?と・・・

Michelさんは・・・前、縦長配置の時に、ツイーターを自分の方に向けて置いてみたんですが、その方が、音像の定位がシャープになりましたと・・・

これを聞いて、やっぱり、このエヴェレストのセッティングは、そういう試行錯誤の結果なんだと・・・3人がいいなと思う、この音を、Michelさんが、セッティングで出しておられると言うこと・・・つまり、土台の音としては、我々3人の感じ方と、全然違うものではないと言うこと・・・

と、Michelさんが・・・僕も、できることなら、SWを追加したくは無いと・・・でも、量感が足りないんで、仕方なく・・・kin-yaさんのせいで(^^;・・・爆笑

これで、益々、分からなくなった・・・土台としての音はMichelさんの思い通り・・・でも、低域の量感が足りないから、仕方なくSWで補っていると・・・それも、超低域ではなさそう・・・と言うことは、100~50Hzあたりで、何か気になる物がある・・・先のテスト信号だと、80あたりは強く、50と100が少し弱く感じたが、このあたりにディップがあって、足りないのか?・・・それとも、もっと音の出方、質のような部分なのか?・・・よく分かりませんねえ(^^;

σ(^^)私の想像の世界とは関係なく、お茶タイムのお話は盛り上がる・・・

ヒジヤンが、この後はげげげタイムでミラクルを~・・・なんて話題になったが・・・どうも彼はGe3のアイテムを、単なる理屈の分からないものではなく、おかしな方向に結び付けたいようで・・・ドンドン話におまけが付いていって、宗教的なものと同等の印象になっているような気がする・・・(^^;

と、話題はヒジヤンの802Dの話に・・・Michelさんは、小さ目のウーファー2発の低音に興味が・・・小さいから早いけど、大口径のような威力が無い、そこを出川式電源が補ってくれていると、ヒジヤンが・・・
で、話題は出川式電源の話に・・・38cmに出川式で鳴らす丹波さんちの話や、出川式の仕組みと効果の話に・・・

で、そろそろ再開するかってなって・・・

まあ、元からMichelさんの望む方向には行きそうにない(^^;のと・・・現状で素晴らしく心地よく鳴ってるエヴェレストを聞いてると・・・今回は、あんまり効果は分からないかも?あっても、広がり方向に少しかな?・・・てな気がしつつ・・・(^^;

と、Michelさんは、低域だけじゃないですよと・・・贅沢ですが、広がりも欲しいし、定位も良くしたいしと・・・(^^;

そのあとトイレタイム・・・で戻ってみると・・・kin-yaさんのSP選びの頃の話が・・・話の途中からなんで本質と違うかも?ですが・・・ドラムがお好きで、聞き比べた時、B&Wはオーディオ的な音に感じ、PMCはリアルに感じ、トランスミッションラインの音に魅せられたと・・・で、そのPMCの本気の作がMB1とBB5だから、これを使いたいと思ったかとから、MB1に辿り着いたと・・・kin-yaさんのSP選びの根っ子は、ドラムの音ありきで選択して行った結果なのだと・・・

それから、ショップの話題に・・・ショップは沢山のSPを並べるからと・・・ヒジヤンの言い間違い「撤去!」が、kin-yaさんのお株を奪って・・・大爆笑

それから、MB1のスタンドの話から評論家の小原さんの話に・・・

と、ヒジヤンが、ピアノの音良いですねと・・・kin-yaさんも、σ(^^)私も思いっきり同意・・・聞き惚れてたとkin-yaさん・・・3人揃って、これ(SWなし)で駄目なの?・・・ヤフオク行きだ~とか・・・撤去~!とか好き放題(^^;・・・でも、低域に目覚めさせたのは・・・kin-yaさんのせいだ~とか(^^;・・・

で、かかってたウッディークリークのCDと小林貢さんとその録音・・・低域がカットされていない録音の話・・・
それから、生を聞きに行かないとって話で、なるべく行ってるけど、こちらは機会自体が少ないと・・・

と、kin-yaさんが・・・生のベースが聞こえないのは、楽器自体の音圧が、他に比べて低いから・・・録音では、それを如何に立たせるかがエンジニアの苦労・・・でも、そうなると、マルチマイクの録音でミックスダウン・・・ワンポイントだと昨日のビッグバンドみたいになって、こじんまりと・・・

と、ヒジヤンが・・・オーディオばかり聞いてると1つのことに執着しがちだが、生を聞きに行くと、そういうところは気にならなくなると思うし、それを続けると、オーディオの聞き方も変わると思うと・・・

Michelさんから、聞き所が変わると言うことですか?と・・・そうそう!とヒジヤン

Michelさんは・・・オーディオマニアもいろんなタイプうがあって、音だけに拘る人もいれば、生の演奏のようなリアルさに拘る人もいるし、色々ですよねと・・・

と、kin-yaさんが・・・
生演奏でも、僕はヒジヤンさんと違って、プレーヤーの位置、だから演奏の真ん中に入って行きたいタイプで、だから凄くダイレクトな音を、普段から感じてたから・・・どっちかって言うと、僕は、音楽は、聞くより演奏る方やから・・・だからわりとプレーヤーの立場で聞いちゃう・・・だから、目の前にシンバルがあって、ドラムがあって・・・元々ドラマーやし・・・その勢いが無いと・・・向こう(客席)で聞く方じゃなくて、こっち(ステージ)で、聞く方やから・・・だから、ああ言う音になるんよ・・・俯瞰する音じゃなくて、入っていく音・・・だから、生で聞くにしても、立ち位置みたいな・・・どこで聞くかによって、音の感じ方が違ってくる・・・

Michelさんが・・・演奏者がオーディオを聞くのと、一般のリスナーが聞くのとは、全然違うんでしょうね・・・

・・・おっと、夜が明けた・・・中途半端ですが、続きは明日に・・・

という事で、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/604-102ee62d