FC2ブログ

【561】090922 関西四国行脚(76)kin-ya邸-プレイ・オーディオ第3弾!(^^; 

さて、遂にプレイ・オーディオの第3弾・・・登場したのは、kin-yaさんの学生時代からの愛器・・・フランス、セルマー社のシルバーのソプラノサックス(マーク6)(^^;

これが、プレイ・オーディオ第3弾の主役!・・・で、このソプラノサックスで、CDとセッションしようと言うのが今回の主題・・・(^^;

と言う事で、kin-yaさんは、セッションのターゲットして、おなじみ「土と水」の3曲目サマータイムを選んでかけた・・・

いやあ!・・・そんなことより、曲がスタートするなり・・・セミの声がめっちゃ良く聞こえてます!・・・それもかなり高い位置からシャワーのように・・・

おお!・・・スリッパの音もめっちゃリアル・・・鳥が鳴きながら右の上空に飛んで行くのもはっきりと聞こえます・・・それに、何よりこのベースの音色!・・・結構、生々しいレベルの再生のです!・・・(^^;

さあ、藤井さんのサックスが入って・・・kin-yaさんのサックスが後を追う・・・

おおお~!!・・・真夏の萩にトリップしたみたい・・・凄い!凄い!(^^;

って、皆さんお分かりになりますよね?(^^;・・・マイナー過ぎるか?・・・

前にも書きましたが・・・広島を拠点とするASCというオーディオサークルが、自分達が居合わせた演奏を、ダイレクトに録音し、それをCD-RやCDにして会員に配布し、この自分が生で体験したのと同じ音源を再生して、オーディオを調整する・・・

この確認音源として製作され、CDとして販売されていたのが、この「”土と水”DuoLive In 萩」なんです・・・

で、このCD、真夏に萩焼の窯元のお宅で録音されたそうで・・・例えば、この3曲目には、開け放った日本家屋の外から聞こえる物凄い蝉時雨や・・・録音中に部屋の中で人が動いたスリッパの音・・・庭先で鳥が飛んでいくところ・・・なんて環境音がたっぷり入ってまして・・・(^^;

こんなのが、どこまでリアルに再生できるか・・・と言うのがシステムのチューニング指標になるCDで、今は無きAVヴィレッジと言うマニアックな雑誌で取り上げられ、話題になったんですねえ・・・(^^;

だもんで、ついついその環境音を確認しちゃいました・・・(^^;

でもって、kin-ya邸での再生では・・・リスポジの右で聞いているσ(^^)私からは、位置的には、藤井さんのサックスが右の5~6m前、3mくらい前のセンターに井上さんのベース・・・そして、右側2.5mくらい前で、kin-yaさんって感じ・・・ベースとkin-yaさんがぶつかりそうな感じが・・・(^^;

でもって、演奏はと言うと、環境音に包まれて、井上さんのベースが熱く始まり、藤井さんのサックスが入ってきて・・・kin-yaさんが、これをを懸命に追いかけて、微妙にフレーズに変化をつけようと奮闘する感じでスタートしました・・・

まあ、音の比較をしてしまうと、先に書いたような距離差があるんで、もう少しオーディオの音は大きいほうが良かったとか・・・藤井さんのソプラノサックスの音色には、すこーし空間の響きかエコーが入っていて・・・一方で、kin-yaさんの音色には、ほんの少しふくよかで柔らかな感じと、この部屋の響きが交じっているんで、既に、再生と生演奏は違うっちゃ違うんですが・・・

気持ちのほうは、頑張れ!kin-yaさん!!・・・って感じで、思わず力が入る(^^;

と、間奏に入って・・・ヒジヤンは、本物には実在感があるが、オーディオは薄く、スケスケな感じと・・・WHさんは、ちょっと違うけど、いいですね!こういうの!(^^;・・・ってプチ・インプレが・・・

【エンジェルファーをリードのそばに】
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/t/t/mtt2/20100208013112474.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=800,height=600'))">560-01kin-yaさんのソプラノサックス

で、ここで、エンジェルファーを、リードの近くに引っ掛けてもらって・・・

音変わるんかなあ?・・・と、不安げなkin-yaさん(^^;

次のフレーズが始まり・・・今度は、藤井さんのサックスに合わせてkin-yaさんも吹き始めた・・・

ああ!上手くなったじゃないですか!・・・と、ノリの良いWHさん(^^;

いや、マジに、急に音が馴染んだと言うか、オーディオと生音の際目が目立たなくなった気がします・・・と言うか、何故か生音に響きが乗った!(^^;

WHさんも、音が変わったと・・・ヒジヤンもWHさんも、kin-yaさんの音にエコーがかかったみたいだと・・・おお!やっぱり(^^;

吹いてて分かるんじゃないかと思うんですけど、全然感じないですか?・・・と、ヒジヤンがkin-yaさんに聞いてみるが・・・kin-yaさんは変化は分からないと・・・(^^;

WHさんが・・・ガラッと変わりましたよと・・・ヒジヤンも、ちょっと上手くなった感じに聞こえたと・・・WHさんも、そう、上手くなった感じがする、ちょっときつい音してたのが、良くなったと・・・

何を馬鹿なことを!・・・って話でしょうが・・・まあ、これは体験しないと(^^;

いやはや、それにしても、貴重な体験をさせていただきました!・・・パート1のドラムセッションは、電子ドラムでしたが、今回のは、まさに生音でのセッション!

ここまでオーディオの再生が出来れば、ホントに楽しめますね!!

いやはや、良い経験させてもらいました・・・

・・・と、長くなりましたので、今日はここまで・・・

明日は、いよいよ・・・?(^^;

という事で、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/593-9ac55547