FC2ブログ

【555】090922 関西四国行脚(70)kin-ya邸-何が自然なんだろう?(2)(^^; 

さて、某独自リマスターCDの音が、オリジナルCDと音が違いすぎ、ご自身の望む音とは違うからと、5秒で却下されたkin-yaさんが、次にかけていただいた曲は・・・

菅野録音のザ・ダイアローグ・・・が、これはまた特別な録音と作りで、ドラムとビブラフォン、ベースの定位が現実とは違うと・・・

で、単にステレオでドラムをバランスよく録るには、ビッグバンドくらいの編成にならないと・・・と聞かせていただいたのが・・・リファレンスレコーディングスのビッグバンドJAZZ・・・m(_ _)mCDをφ(..)メモるの忘れてた(^^;

確かに・・・kin-yaさんの仰る通りのイメージに感じてきました・・・(^^;

で、僕はボーカルでは、こういうのが一番自然ですきなのよ・・・っとkin-yaさんが次にかけてくれたのは・・・チェスキーレーベルのアナ・カランのブルーボッサって言うアルバム・・・(只今取寄せ中・・・曲は?(^^;)

これが一番自然な感じがして・・・抵抗が無いと言うか・・・なんでこれがええかって言うと、サックスの音が、凄く自然な気がする・・・とkin-yaさん・・・曲を再生・・・

暖かくふかふかの感触がしそうな優しいサックスの音色・・・空間はスタジオっぽい響きの乗った感じ・・・シュワ~ンとシンバルの音がさりげなく良いなあと思ったと同時にボーカルが始まる・・・スタジオの空間に自分がいて、センターのボーカルを囲むように各楽器が並んでる感じ・・・

サックスはふっくら暖かな感じで、ベースもボケることなく音程が聞き取れる・・・ブラシもシンバルもボーカルの後方に、普通の大きさで位置する感じ・・・

っと、曲が終わって・・・サックスが凄く自然やと思うんですよ・・・僕、サックス吹くから、サックスの音には敏感なんですよ・・・このサックスは、相当リアル・・・

っと、そこへWHさん登場!・・・この日はお昼過ぎまで家族サービス(^^;

kin-yaさん!ここですか?モ最高のノラルの再生が聞けるって言うのは(^^;・・・とWHさん・・・すかさず、誰がモノラルや!勘弁してよ(^^;・・・とkin-yaさん(爆笑

さぬきオデオ倶楽部の主要メンバーが揃って、一気に場の雰囲気が華やいだ(^^;・・・と思ったら、もうこの日の午前中のモモンガ邸での強烈に楽しかった(^^;ハプニングと過激な言葉と、大改造劇のお話で大盛り上がり\(^^)/

っと、ここで、前夜のひでさんちでその効果に驚き、その場で確認のために強奪して言った「要石15・機器用ブースター」の実験結果を聞かせていただいた・・・

【ひでさんちから強奪していった「要石15」】529-01
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/t/t/mtt2/20100108053810efd.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=800,height=600'))">529-01要石15・機器用ブースターダブル

で、その結果は・・・あのWH邸の調整し抜かれた環境で・・・

これね、全部試したんですよ・・・トランスポートとDACとパワーアンプと、全部つないで・・・効果は、どこも同じなんです・・・うち(WH邸)では変わらなくて・・・よく聞くと、高域のフウッと抜ける・・・ボーカルやったら最後の「ハ~」って、スウッて抜けるところの、一番最後のところが無くなる・・・でも、それは普通は分からない・・・だから凄い性能の良いアース取りになると思う!(^^;

・・・っと、高い評価をいただいた(^^;

WH邸のSNの良さ、音を殺さずに充分なノイズ対策をした音を聞かせてもらはないと、全然そのすごさは分からないと思いますが・・・知ってる方には、いかに高い評価をいただいたかが、分かってもらえたかと思います(^^;

kin-yaさん、後でこれ試してみましよう・・・僕はげげげのメンバーに入りましたので・・・と、WHさんがkin-yaさんをそそのかす(^^;・・・一同爆笑(^^;

で、ここで、しばし、さぬきオデオ倶楽部の報告会・・・モモンガさん、kin-yaさんからWHさんに、午前中のオフ会のハイライトが、大爆笑の中伝えられ、またまた大盛り上がり・・・

じゃあ、kin-yaさん・・・モノラル再生を、どうぞ・・・とWHさんが(^^;

おお、そうそう・・・自然だと感じる音の続きに・・・っと、かけていただいたのは・・・モモンガ邸でも確認に使われた・・・シャルル・ム-トン:リュートのための三つの組曲・・・で、kin-yaさんが、再生スタート・・・

パン~~♪

おおおお!・・・素晴らしい!!

空間の透明感を最大まで高めたかのような、静寂な空間に、空気を完全に真っ二つに割って、急に浮かび上がったリュートの音色・・・

もう最初に、弦を弾いた音ので、話に夢中になっていた皆さんの関心が一気に再生音に集中!!

続く弦を弾く瞬間ののパンッとした音と、広いホールのステージで演奏されている直ぐ前の席で聞いているかのような鮮度と、リアリティー!・・・加えて広いホールならではの空間の余韻に包まれる感じ!

演奏者の呼吸音も生々しい!・・・もう完全にっこ地良い空間に浸りきって聞いてると・・・ずううっとこの調子やから、これ・・・と、kin-yaさんが、曲を止めた・・・

っと、WHさんが、Michelさんから・・・kin-yaさんに、我々(ヒジテツ)の耳を破壊するよう指令がありましたと・・・電話で伝言を受けましたと・・・大爆笑

っと、kin-yaさんが・・・そんなこと無いって!うちは適正やって!・・・(^^;

っと、WHさんから、kin-yaさんに、丹波邸の音の報告会に・・・

・・・っと、またまた途中ですが、今日も時間がなくなりましたので、ここまで・・・

という事で、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/


【H22.02.04追記】
kin-yaさんから、ファイルウェブの方に補足をいただきました・・・m(_ _)m
*****************************************************
補足させて頂くと、リアのSPは仰る通り、PMCのLB1です。これもコンパクトながらトランスミッションラインを組み込んだスタジオモニターで、コンシューマー向けのTB1とは全く違う鳴り方をします。
リアとセンターを駆動するのは、PMC純正組み合わせのPAと言われるBRYSTONの5chアンプです。使ってるのは、そのうちの3chだけですが、これを5ch使ってフロントのMB1も駆動して「マスター・アンド・コマンダー」のDVDをかけたら燃えてしまいました。(^_^;)
修理に出したらHeavy Moonの方に、「そんな無茶したらいかん!」って怒られましたね。

個人的に、「音楽は聴くもんじゃなくて、やる(演奏する)もんだ。」と、ずっと思ってましたので、オーディオでも、演奏者や楽器の存在がリアルに感じられる(見える)ような音を出したいと思ってます。
トランスミッションラインの音は、ドラムの音がリアルに出るので、好きなんです。
特に、太鼓のヘッド(皮)が揺れる感じは、超低域がストレス無く出ないと難しいと思ってますので・・・。
そういう意味で、PMCの音を最初に聴いた時は衝撃的でした。
~一部省略~
あと、シアターの場合、絶対にセンターSPのクオリティは落としたくなかったので、フロントSPと同じものを入れたかったんですね。
~一部省略~
byKin-ya at2010-02-03 13:50
*****************************************************

この燃やしちゃった事件は凄いですね!
しかも、これだけではないそうですし・・・(^^;

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/587-6fe42b80