FC2ブログ

【537】090921 関西四国行脚(52)丹波邸-連射、空気砲!(^^; 

少々、エピソードに寄り道しましたが・・・昨日の最後に登場しましたロドガブの最新アルバム・・・タイトルは「11:11」となっているんですが・・・これ自体??な上に、邦題は「格闘弦:かくとうげん」・・・どんな関係が??・・・(^^;

でも、「格闘弦」と言う邦題自体は、非常にシックリ来ます・・・が、このキャッチフレーズは・・・そうキャッチフレーズであって、このアルバムに限ったことではないのではないの?・・・って思っちゃいます(^^;

そのご機嫌な演奏を、パキッとクッキリ鮮烈空気だまサウンドで聞かせてもらったわけですから・・・もうたまりません!(^^;
(リアルタイムつぶやき・・・明日は本物生体験ムフ\(^^)/)

弦の切れ、ボディパの弾力、空気だま!!・・・意外にもギターのボディを叩く音が、とても自然に聞こえ、その後にくっつく少し加工した迫力の低域空気だまとが上手く合わさって、非常に快感サウンド!!

で、この勢いに乗って次にかかったのが・・・おなじみブロンボ!

っがあああ~!・・・何と言う空気だまの連射!・・・(^^;

ドゥドゥドゥドゥドゥパンッ!!!・・・

まるで、バスレフポートからバズーカ砲みたいに空気だまが連射されてくる・・・更にその上から小さな鋼球のシャワーを浴びるかのようなシンバルがパシャ~ン!!・・・続けてタムが機関銃のごとくにタタタタタタタスパンッ!!・・・

感覚的には、目の前で中国だか韓国の祭りで使う爆竹連発を聞いてるくらいの衝撃(^^;

一瞬の間を置いて、転調、空気砲ドラムと鋼球シャワー・シンバル、マシンガン・タムがミックス攻撃・・・で、ベースが登場・・・何と!これが、また凄い、と言うか凄く自然!(^^;・・・でも、弦の1音1音がクッキリ分かる・・・存在を明確に示し、曲の主導権をしっかり握っている!

っとここで、丹波さんが・・・せっかくだから、もうひとつの抵抗をと・・・

このときのPAA3の測定値は、110.3dB・・・

耳には全然大丈夫なんだが、夜にこの音量でご近所には大丈夫なの?・・・(^^;

で、Z201・・・の方だよな?・・・σ(^^)私にはもう分かってない(^^;

おおお!空気だまの爆裂する威力・迫力が増して、制動もよりしっかりした感じ・・・ただ、σ(^^)私には、破壊力は増したけど、アタックの立ち上がりは少し丸くなったようにも感じる・・・ポンだったのが、ッポンッってくらいに・・・なんて、分からないですよね(^^;・・・これは、実際に聞かないと絶対分からないでしょうねえ・・・(^^;

違うのは分かるんですけど、段々、もうどっちがどっちか分からなくなってくるんですよね・・・って丹波さん・・・ダハハ(^^;

でも、こっちの方がパンッて言うのが強いですよね!もうひとつがちょっと響き系の感じがします・・・とヒジヤン

こっちの方がエッジが強い、もうひとつの方が、乾く、弦の音が綺麗に聞こえるんで、使い分けてます・・・と丹波さん

デモしてもらうには、バンッと来るからこっちの方が良いですね・・・とヒジヤン

中高域がパ~ンと来るんで、デモでやるにはこっちの方が面白いです・・・と丹波さん

音量は、聴感の印象とは違って、同じく110.3dB・・・不思議(^^;

それじゃあ、今度は雪の華かけましょうか・・・と丹波さん

おお雪の華・・・何バージョンですかね?・・・ナイトなんとかバージョン?・・・あっサイレントバージョンでお願いします・・・とWHさんが・・・(爆笑

サイレントバージョンって・・・そういう意味?(^^;

普通のは違って、あれは限定盤やから・・・とモモンガさん

あれ良いですよね・・・とWHさんが・・・モモンガさんも同意・・・

えっと、ブルースペックCDですけど(どうやら割高な割りに期待はずれだったようです)・・・と丹波さん・・・

絶対、あの「響」の方が効きますよ!間違いないです!・・・とWHさん

周りは、その意味が分かるのに一呼吸置いて・・・大爆笑!

でも、丹波さんは???・・・ひでさんちで実験して高評価だったGe3のCDスタビライザーなんてことは、分かるはずもないですよね(^^;・・・

ブルースペックより絶対響きの方が効きますよ!・・・とWHさんは断言(^^;

あらら?・・・WHさん、気に入っちゃったの?(^^;

っと、中島美嘉の雪の華(通常のバージョン)が再生スタート・・・

オルゴールからバイオリン(とっても綺麗だけどちょっといじってあるの?)・・・ピアノ(一瞬キーボード?と思わすところも)が入ってきて・・・高音のかすれ部分があふれんばかりのボーカル(とっても粒子感たっぷりの解像度)がスタート・・・なるほど、透明感たっぷりの響きのよい部屋で歌ってる感じに・・・

やっぱり、この人、歌上手いですねえ・・・

曲が終わって、丹波さんが・・・J-POPとしては悪くないんですが、音が薄いと言うか・・・

っと、WHさんが・・・丹波さん、これのサイレントバージョンが良いいですよ!黒い箱に入ったのがあるんですよ・・・

モモンガさんが・・・限定盤やからオークションとか出ないと手に入らんのよと・・・
(現在、レンタル上がりの中古が驚く値段で結構アマゾンに・・・)

っと、ヒジヤンが・・・本当にあるんですか、いや、そういう意味で言ってたのかと思っちゃったと・・・爆笑

っと、丹波さんがおもむろに、吹き抜けの上の方の小窓を専用の棒を使って開ける・・・上からスーと風が入ってきて涼しいんですよと・・・実は、エアコンが入ってなくて結構暑かった・・・(^^;

でも、皆さんは、それよりも・・・大丈夫ですか?音は外にと・・・(^^;

ブロンボとかかけなければ大丈夫ですよと・・・丹波さんは平然と・・・

大丈夫なんですかねえ・・・と、皆さんは心配げ・・・(^^;

で、次は、σ(^^)私がかけていただいた・・・同じくブライアンブロンバーグの新譜、ハンズから、1曲目・・・モモンガさんが、音量ちょっと少なめでと・・・(^^;

ベースの弦を弾く音が、非常に気持ち良い!

弦と指がこすれる音と、弦が弾かれて響く音の対比がとっても、らしい感じが良いですねえ!・・・低い方の太い弦の振動と胴の鳴りも凄く明瞭!・・・目の前かぶりつきサウンド!・・・弦を弾いた瞬間のブンッ手音にもミニミニ破裂空気だまが・・・

こういうウッドは、うちのウ-ファーには余り合ってないんですね・・・どっちかって言うとA5のほうが合ってるんですよね・・・ねじれるような感じで・・・ちょっとあっさりしすぎるんですよね・・・ウッドベースが・・・ホントはもっとウッドベースはねじれるような感じが出るんですけど・・・このウーファーは、国産だからか、あっさりになっちゃう・・・ベースだけだと、リブがない方がいいみたいですねと・・・丹波さん

多少、分割振動があったほうが良いってことですか・・・とヒジヤンが

そうですね、リブのない方が、ウッドベースのねじれるような感じは、上手く再生できると思います・・・と、丹波さん

で、この合間に、WHさんが電源ケーブルが、依然と変わっているのを発見・・・

で、ここから話題が・・・ってところで、今日はお終い・・・

明日は・・・とうとういつものショウに・・・

という事で、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/568-f9893d2d