FC2ブログ

【523】090921 関西四国行脚(38)WH邸-(最終話)爆音&シアター!(^^; 

いやあ、超・快感満タン状態!・・・まるで、ロドガブのスペシャル・プライベート・スタジオライブに行ったような感激!

それに、こういうことだったのか!・・・ロドガブの鰐の目盤を聞かせていただいた曲順、まさか、その曲順に意味があったなんて・・・最初から日本ライブ盤を想定してのもの!・・・ノリ、演奏、録音・・・どっちが好き?・・・そんな感じ!(^^;

なるほど!・・・WHさんのオフ会は、シナリオがあると聞いてましたが・・・ご自身のシステムの特徴を披露されると同時に、聞くならこの順番でしょ!・・・どうですか?ッて感じで・・・トータルにプロデュースされてる?・・・

で、どうしても知りたかったのが、邪魔な、嫌な音がほとんど気にならなかったこと・・・これは、このレベルの機材をそろえないと駄目なのか、セッティングで良い線行けるのかってこと・・・

答えは・・・セッティング!・・・よかった!道がある!(^^;

まあ、その道がどれ程大変なものかは、知る由も無く・・・(^^;

っと、いよいよ、オーディオ部門最後の曲とのこと・・・

で、でた~!・・・川井憲次・・・つまり・・・イノセンス!

WHさんが・・・ヒジヤンさん、怒らないでくださいね(^^;・・・一同(笑

爆音系ですか?・・・じゃあ、計りましょう!・・・とヒジヤン

ぎょえ~!・・・ダイヤモンド・サンド・ブラスター!!

ダイヤモンド・パウダーの粒子が超高速で大量にすっ飛んでくる!!

痛いほどに早く、締まった低音が・・・太鼓のアタックの瞬間は、こっちがしばかれる感じ(^^;

その割りに?・・・音圧は115dB・・・意外に低い(^^;・・・でも、さすがにこの高音の高圧シャワー!遂に、セミが鳴きました!(^^;

っと、ここで、ヒジヤンが、鳴らしやすい801Dに対し、鳴らし切ったN801の低音が凄いと聞くので、それを聞きたいと、持参のCD-Rをかけようとするも、P0sが受け付けず・・・残念!(^^;

で、代わりにかかったのが、お得意の、カリブレムネスのRISEから4曲目と5曲目

と、ここでヒジヤン・・・音量、いいですか?ちょっと爆音系になりますけど・・・

っと・・・おいおい、上がる上がる!ボリュームが!

周りが心配に・・・WHさんも、ご自分の好みの音量で、無理しないようにと・・・

ロドガブのライブ盤もそうだったように、ライブ盤なのに嫌な音が気にならないので、音量がスッとあがる・・・分かる気がする(^^;

やはり、低域が早く、凄く締まって聞こえる・・・中高域の速さに合っている・・・が、好みから行くと、聞きなれているような、量感方向に少し緩めた方が好きかな?・・・締まりが強いので、床に沈みこむ感じや、床から湧き上がる感じが薄く、少し腰高に感じてしまう・・・でも、このパワー感はもの凄い!!(^^;

周囲も驚き、いったいどこまで上げるんだ!と思った音圧は・・・112dB!

音域が違うので、PAA3の感度がどうか分からないが、パワー感はイノセンスより、数段高かった気がする・・・恐るべし!爆音ヒジヤン!(^^;

っと、ここで、お茶タイム・・・

で、この前に、2つ知りたいと言って、聞いていなかったもう1つの質問をしてみた・・・この部屋の前はどんな部屋で、音の傾向は?・・・

すると、8畳で、今の部屋より調整し易かったと・・・音は、距離も近かったので、もっと直接音主体・・・ピンポイントに音が出ていたと・・・

なるほど・・・この頃、カリカリチューンのノウハウを身に付けられたのか・・・

今の部屋は、前より少し柔らか系?(これで?(^^;)の音だと・・・ただ、出している音は、前の部屋よりシビアだと・・・季節や聞きたい音の趣向に応じて、セッティングを調整されているとのこと・・・

ワイドレンジ&ハイスピードな音・・・まさしくWH!  なるほど!(^^;

基本は、ワイドレンジ&ハイスピードで、高解像度な音に、アクセントを付けていくと・・・う~ん!おっしゃる通りの音を出されている・・・凄い!

ケーブルの役割は高く、ワイドレンジ&ハイスピードで、高解像度、SNが高く、ダイナミックレンジの確保できるものを使っているとのこと・・・

ここで、ヒジヤン・WHさん、モモンガさんは、鳴らないSPを鳴らすには見たいな話に・・・σ(^^)私とひでさんは、Ge3の話に大盛り上がり(^^;

話は尽きませんが・・・最後はシアターの部・・・

ご紹介してなかった機器たちを・・・リアに配置するSPとプロジェクター

【リアの景観】
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/t/t/mtt2/20100102074245a81.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=800,height=600'))">523-01リアSPとプロジェクター

リアSPは、大人しく?・・・N805・・・フロントバスレフゆえのセッティングでしょうか?・・・これが、もっと大型になったら・・・(^^;

プロジェクターは、SONYのVPL-VW100・・・

【プロジェクター】
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/t/t/mtt2/20100102074344a13.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=800,height=600'))">523-02プロジェクター

ちゃんとカバーで覆って・・・やっぱり駆動音対策ですかね・・・(^^;

でもって、スクリーンを降ろした印象は・・・

【スクリーンを降ろすと】
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/t/t/mtt2/20100102074425eb5.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=800,height=600'))">523-03スクリーンを下ろすと

120インチがめっちゃ小さく見える・・・(^^;

フロントの配置から見ると、当然、シアター系システムは、あくまでサブで、付け足し・・・程度の雰囲気ですが・・・画像を細かくご覧いただくと分かると思いますが・・・

普通なら、これがメインシステムでも、充分ハイエンドの超・豪華・本格的シアターシステム・・・なんて、雑誌で紹介されてもおかしくないレベル・・・(^^;

もう、GAGA YUSENのトレーラーの画質、何より、その音を聞いただけで、脱帽・・・そこら辺に転がってる・・・うちみたいな程度のシステムでは、何遊んでるの?って、突っ込まれても、何も返せない・・・(^^;

このトレーラー・・・当然注意を引くようにアクセントを付けてるんでしょうが・・・何と言うんでしょうか、原寸大?変ですけど、まんまドバッと出してるって感じ・・・凄い快感、スカッとする音なんです(^^;・・・うちだと相当ブヨッとした感じに(^^;

で、最初はオペラ座の怪人から・・・オープニング・・・オケの音が見えすぎ(^^;

続いて、クリスティーヌが抜擢され、主演に・・・リハーサル中に主演が急に降りて、突然パトロンの前で歌って、そのまま本番のステージへとシーンが変わっていくところ・・・リハーサルステージの目の前で聞いているような空気感から、オケが加わってホールからの引きで聞いているような空間のイメージ・・・こんなに音で出てたのか!

本番ステージのクリスティーヌの肌色、白いドレス・・・引きの会場の暗いところへの細かな描写・・・絵も凄いんですけど・・・(^^;

ただ・・・σ(^^)私には情報量が多すぎて、受け止めきれない・・・見え過ぎ、聞こえ過ぎ・・・このレベルではこの映画1本、最後まで体が待たないんじゃないか?ッて思ってしまう・・・でも、なれると癖になりそうだが(^^;

続いて、アイロボット・・・ロボットの工場?整然と並ぶロボットの中に逃げたアイロボットがまぎれているのを、ウィルスミスが見つけて・・・のシーン・・・

絵が、リアルすぎて気持ち悪い・・・出来すぎたCG・・・って、何を訳の分からんことを・・・何か見慣れたCGよりリアルすぎて・・・はじめてiMacのつるぴか液晶画面を見た時の印象・・・って、余計わからん?(^^;

巨大な倉庫?みたいな空間の感じが凄く出てる・・・が、部屋自体の響きがついて少し多めに感じる・・・このあたりは映画の演出で付けている効果音が多目なので音楽の時とは感じ方が違ってくるのかな?・・・

続いて、トンネルで2台のトラックに挟まれロボットに襲われるシーン・・・

痛いほどの空間音・・・ロボットのつぶれる音・・・ここまでリアルな音が・・・なら、SWで少し多目の超低音があると嬉しいかなって欲目が出てくる(^^;

この早い低域に合うSWは無いだろうが、風圧・音圧に厚みが欲しくなった・・・(^^;

この辺りが、趣向の違いってことなんだろうなあ・・・σ(^^)私が緩さや過剰な厚みを好むと言うことがよく分かった・・・これは大きな収穫!

最後は、マスターアンドコマンダー・・・海賊船との砲撃シーン・・・

ここまで、原寸大に描写されるとやはり風圧が欲しくなる(^^;

ここまでの音が出てしまうと・・・絵が小さく感じる・・・何て贅沢な!(^^;

っと、これにて予定のシナリオを終了・・・大満足!!

ハイエンドシステムをここまで使いこなし、情報を出し切ったらどうなるかという極めて貴重な体験・・・!!

当然、綺麗に整然としたシステムの見た目からは想像もつきませんが、本当は、計り知れない、地道な積み重ねの結晶なんでしょうねえ・・・まあ、それを見せないところもトータルのポリシーみたいなもんですかね・・・(^^;

いやあ!本当に貴重な体験をさせていただきました・・・

ちょっと癖になりそうな方向性・・・ある意味その方向の先端まで連れて行っていただいたみたいですね・・・どうやらσ(^^)私も少なからず影響を受けそうです(^^;

いやはや、凄い体験をさせていただきました。

本当にありがとうございましたm(_ _)m

・・・と言うことで、WH邸のお話はここまで・・・

お次は、四国のGe3フリーク、ひでさんち・・・どうなりますやら・・・(^^;

という事で、いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/554-98a94acd