FC2ブログ

【045】脅威!!自立台の実験(割り込みレポート) 

皆さんお楽しみの(別にお楽しみじゃないって? まあそう言わずに)、Ge3逆ホーン出来立てほやほやの試聴レポートは、ちょっとお待ちいただいて、前回報告した「自立台」について、緊急レポートです。

Ge3逆ホーン作成中に、金網切りで疲れた右腕を休めるべく、Ge3のBBSなどうろうろしていたら、何やら「自立台」をやらぬのは、話にならんとの情報が。

丁度逆ホーン用の板の端材もあるし、ちょっと休憩がてら、やってみるべか?

【画像】エラックに自立台をちょこっと 
http://blog-imgs-26.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080821202842.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">45-1自立台.jpg 

疑っていたわけではないのですが(^^;
そんなに変わらないだろうと・・・・
いや、適当な材料がなかったし・・・・

逆ホーンの材料を買ってきたので、桐の集成材の端材をちょこっと接着してみただけなんです。
画像のウーファー用の穴の中心に親指大の桐の木片がピョッコリオッ立っているのが見えるのが「自立台」 です。ユニットの重心がマグネットの真ん中あたりにありますので、このあたりでユニットを支えます。
この状態で、ユニットを置くと、ユニットがバッフルに全く触れずに、ちょこんと「自立台」に乗った状態になります。 そんなところから「自立台」って言うみたいですね。
ユニットは、螺子で軽~く落ちない程度に止めるだけにします。

なっ何なんでしょう!!
圧倒的な音の切れ!
立ち上がりや制動がビシッと痛いほどに決まります。

その結果、余韻と思っていた濁りの中から本来のリアリティが現れました。
ライブソースの心地よさは半端ではありません。
自宅にいながらライブ鑑賞・・いや、自宅がライブハウスになったんじゃないかと思うくらい「らしい」イメージが眼前に広がります。
端材でチケット代が浮くなんて・・・\(^o^)/

ほぼフルチューンと思っていたのに・・・・
たったこれだけでこんなに変わるなんて。
後はケブタエッジと逆ホーン・・・・・ワクワク!!

と、当時のφ(..)にあります。
いや、これほんとに凄いんです。
正直、なめてたんですが、何と恐ろしい!
Ge3チューンはこれだからやめられない(^^;
※昨日の記事のコメントに、ゴウドさんから自立台の改良技をいただきました。
  興味のある方は、ご覧ください。(^^;

という事で、割り込み報告はこの辺にして、
再び、次回は、出来立てほやほやのGe3逆ホーン試聴結果の報告に戻ります。m(_ _)m

デハ(^^)/

コメント

本当に...

自立台は凄い効果だと思います。それだけフレームに負荷がかかっていてるのですね。そのフレームの負荷が少なくなるだけでも凄い効果なんですね。よく考えてみたら凄い振動を前面の止めだけでカバーするなんてバランスが悪すぎます。理にかなっているということですね~

まじ、なめてました・・・

記事に書いた通り、まじ、なめてました。
ヒグラシが必須なのかもしれませんが、普通のSPでも効果がありそうに思うんですがね。

これはやった人で無いと、その効果は想像できないと思います。
完璧な激変が待っていると思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/53-e420604b