FC2ブログ

【044】Ge3逆ホーンへの挑戦(13cm標準箱の作成-4) 

前回に引き続き、作成した音道パーツの箱への組込を紹介します。

えっ?
最近、記事が短くて、中々進まない気がするって?
気のせいではありません。
ちょっと、記載のペースを落としてみました。
実際には、超スピード製作なんですが、一気にアップするのはもったいなくて(^^;
えっ?
ネタがなくなりそうで、慌てだしたんじゃないかって?
残念。
悲しいかな(嬉しい?)、ネタはまだまだあるんですが、記事にする元気がなくて・・・
あまり反応がないとねぇ~~独りよがり(実際そうなんですが)は寂しくて(^^;
と言うのは冗談(半分本気)ですが、単に記事を書くのが追いつかないだけですぅm(_ _)m

たわごとはこの辺にして、まあ、じっくりお楽しみくださいな。。。それでは続きです。

【画像】音道パーツの接着2
http://blog-imgs-26.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080821202504.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">44-1逆ホーン7(パーツ配置2).jpg 

前回接着済みの上下のコーナー部に加えて、リアバッフル、音道の背中部分を貼り付け、手前の図面の真ん中のげん骨状のパーツを接着した所です。逆ホーンの尻尾の部分が出来上がりました。
この後、一番フロントよりののどちんこ状のパーツを接着すると音道が完成します。
片方には、ボンドも塗って箱の中に押し込んでから図面を見つつ、位置を測りながら調整しましたが、カットのときに使った型紙で、先に内側に位置を書き込んでおくと楽なことが分かりました。(もう片方はそうしました。)

【画像】出来上がった音道
http://blog-imgs-26.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080821202537.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">44-2逆ホーン8(パーツ配置3).jpg 

いよいよ箱が完成しました。
手前の図面を見ていただくと、内部の音道がどのようになっているかが、よく分かると思います。
途中に、気分転換で実験した「ウーファーの自立台」が、余りに大きな効果があったので、装着しないわけには行きません。(^^;
SP内部配線に「テレサキモン+3丸」を装着(今回、オリジナル?ELAC BS203Aと比較視聴をしたかったので、高、低それぞれに装着してましたが、今回はまとめて一組のみ装着)し、「ウーファーの自立台」も簡単バージョンを装着しました。

【画像】ユニットの装着
http://blog-imgs-26.fc2.com/m/t/t/mtt2/20080821202608.jpg','','resizable=no,location=no,menubar=no,scrollbars=no,status=no,toolbar=no,fullscreen=no,dependent=no,width=660,height=500'))">44-3逆ホーン9(ユニット組込).jpg 

出来立てほやほやの試聴は、次回で報告します。m(_ _)m

デハ(^^)/

コメント

コンパクトなのに凄そう...

コンパクトなのに凄そうですね~写真を見てアドバイス...難しいかもしれませんが、自立台です。下の方から四角い穴を開けて杉の角材を差込ます。ユニットに当るところでマークしてカット&固定するといいとおもいますよ。ユニットの振動が直接台にいきますので でもなかなか難しいんですよね~

いただき!φ(..)

ゴウドさん、ナイス(古い?)なアイデアをありがとうございます。
改善リストにアップさせていただきます。

こっからは、割り切りが必要な世界ですね。(やりすぎモードとしては、櫓もどきをSPマグネット下まで伸ばすとか・・・・・・(^^;

実は...

この方法は“究極の乙”を作成したときにやりました。乙だからできたことですので、普通の箱ではまだやっていません。そろそろやってみたいですね~

はたして・・

先程、Ge3な夕べの後の懇親会で、聞いた所、0.5ポイントの差だそうです。
手間と効果は果たして・・・(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/52-88741be1