fc2ブログ

【4989】231105 関東遠征:TIAS 3日目(3)SOULNOTE-3・・・(^^; 

さて、TIAS 3日目・・・ヒジヤンと巡回のつづき・・・SOULNOTEのP-3+M-3での加藤さんのデモにつづいて・・・評論家の山本浩二さんのデモに・・・(滝汗

【P-3+M-3からA-3へ】
4989-01P-3+M-3からA-3へ

っと、ここで・・・加藤さんと網野さんで、P-3+M-3からA-3へ繋ぎ変え・・・っと、ここで電源ONでスタンバイになっているはずのA-3のタップのケーブルが外れてて・・・コールドスタート状態になってたかも?・・・(滝汗

で、ここから山本浩二さんのデモがスタート・・・まずは機器の説明から・・・アンプはA-3で、送り出しはZEUSシステム・・・ってわけで、まずは1曲目と・・・

【Amazing Duo】海女損から拝借m(__)m
4989-02Amazing Duo

1975年録音のベルリンフィルの首席チェリストとコントラバス奏者・・・イェルク・バウマン & Klaus StollのAmazing Duoから、Duo for Cello and Double Bass in D Major: II, Andante moltoを・・・

1コマ目のオフセンターからセンターの席に移動でき、音数、バランス、空間展開と、聞こえは格段に向上した・・・やはり鮮度も温度感も高く、響の広がりも多く感じられる・・・この席の聞こえと、前日の4列目とは全く違う(@@;

つづいては、タッド録音で、セラウナノーチェのラセグンダから・・・

【MAレコーディングスのセラウナノーチェ】4730-03
4730-03MAレコーディングスのセラウナノーチェ

お馴染み?・・・修道院教会でのミキサーを通さないワンポイント録音・・・最初、女性ボーカルの曲をかけられたんですが・・・これラセグンダに入ってないですよね?・・・σ(^^)私の持ってない音源?(汗・・・つづけてEl Tren de Quitoを・・・

空間再現も温度感もいい感じで・・・低域のブーミーさも特になく・・・ただ、音像は少し大き目に感じる・・・けど、これほかの音源も大体同じ(滝汗

おつぎは・・・望月慎一郎のジャズピアノトリオのVisionaryからZenを・・・

【望月慎一郎のVisionary】海女損から拝借m(__)m
4989-03望月慎一郎のVisionary

11.2MHzのDSDファイル再生で・・・シンバルの生々しさ、ピアノの自然さは好印象・・・音像は大き目でちょっと作為的?・・・ベースの膨らみは、気にならない・・・(^^;

バスドラは少し緩さを感じるのは11,2Mハイレゾだからか?・・・整いすぎて緊迫感が薄い?・・・ホントはもっとあるのかも?(滝汗

山本さん曰く、シンバルの再現性はDSDハイレゾならではとのこと・・・(大滝汗

おつぎは、ポルトガル出身の女性シンガーで、Maria MendesのSaudade, Colour of LoveからCom Que Voz (Live)を・・・

【Maria MendesのSaudade, Colour of Love】
4989-04Maria MendesのSaudade, Colour of Love

元は44,1らしいが、Z-3は96k表示で・・・真ん中で聞くと、センターもピッタリ出て・・・オケとの前後感も分かり易い・・・バスドラはちょっと緩目に感じるが・・・全体的にライブの空間再現はいい感じ・・・(^^;

おつぎはクラシックで、内田光子さんがクリーヴランド管弦楽団を弾き振りしたモーツアルトのピアノコンチェルトの19番第2楽章を・・・を・・・

【内田光子&クリーヴランド管弦楽団のモーツアルトピアノコンチェルト19番】
4989-05内田光子&クリーヴランド管弦楽団のモーツアルトピアノコンチェルト19番

前の席だと音量的にも不足無くて・・・オケのサイズも小振りなので、σ(^^)私的には破綻も違和感もなかった・・・(^^;

で、最後は・・・Nat King ColeのThe Very Thought of YouからBut Beautifulを・・・

【Nat King ColeのThe Very Thought of You】4571-02
4571-02Nat King ColeのThe Very Thought of You

ボーカルは少し大きめだが、後ろのオケとの前後感あり、古い録音なのに、凄い鮮度感で生々しい!・・・ベースの膨らみも気にならないレベル・・・(^^;

ってわけで、山本さんのデモはこれにて終了・・・前日のA-3の知から不足?な心配をよそに、2列目の席では、その鮮度感の高さが明確に出て・・・とてもいい感じ・・・

暖色系ですっきりストレスフりーに鳴ってて・・・A-3の印象が大きくアップ!(汗

で、これに安心して?・・・ここからは、他のブースへ・・・(^^;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

この話の中では、ヒジが感じた辛口コメント
「なんだあの評論家のデモはまったくインパクトがない」
と言ったことは覚えているのですが・・・

その時にテツが補足(いいわけ)してくれた内容を忘れてしまいました。覚えていたら教えてください。

何をフォローしたかは覚えてませんが・・・(滝汗
このおさらいをして思ったのは・・・一つは、ショウのデモの試聴印象は、聞く位置で、想像を超える大きな違いがあること
もう一つは・・・この日のこのデモ、ひょっとするとシステム側の不調があったかも?との懸念・・・直前の準備で、P-3+M-3からA-3へ繋ぎ変え時、A-3の電源が落ちていたことも、インパクトが無かった一つの要素かも?
最後に・・・和田さんのデモ以外、今回聞いた評論家のデモ音源は、直前にシステムに入れられたファイル再生で、いずれも、なんだかパッとしない印象だったので・・・何かの要因があったのかも?ってこと・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/5115-3c75d02e