fc2ブログ

【4988】231105 関東遠征:TIAS 3日目(2)SOULNOTE-2・・・(^^; 

わちゃ~!月末月初の輻輳に疲れ、寝落ちしやった・・・おさらいが全くできてないので、本日の日記は急遽休刊ってことに・・・すみませんm(__)m
更新は・・・体力、気力があれば明日?・・・しんどければ週明け火曜に・・・(滝汗

20240203 04:14
すみませんm(__)m・・・仕事を終えて帰宅して・・・晩酌しながら夕飯食って風呂入ったら・・・テレビ見たまままた寝落ち(大滝汗・・・夜中に目覚め・・・届いたグランツーリスモのUHD-BDを見ちゃってこの時間に(滝汗・・・なので、おさらいのつづきは明日以降になっちゃいます・・・m(__)m

20240204 01:35
実家のフォロー&メンテに帰って、所用を済ませて大阪に戻り・・・昨夜は、ついさぼり癖がついて?・・・夕食後は、ようやくBLUE GiANTを視聴・・・う~ん、音楽ものはどうしても音圧が欲しくなっちゃいますね・・・集合住宅音量では、感動も音量同様に制限を受けてしまいます・・・(悲


20240204 19:00
さて、さぼり癖がついて、先のおさらい中断から時間が経過して・・・どこからだったか忘れちゃいました(滝汗・・・今回、おさらいの一番の目的である加藤さんの熱語りは・・・先にリンクした通り、加藤さんのFBにアップされましたので・・・(滝汗

サラっと先に進みましょうか(汗・・・ってわけで・・・次の曲は、直前のポーランドのオーディオショウで紹介されたアコーディオンの四季を・・・

【Marcin Wyrostek, Tango Corazon & Orkiestra Kameralna Aukso】4974-04
4974-04Marcin Wyrostek, Tango Corazon Orkiestra Kameralna Aukso

聴きどころは、めちゃめちゃエモい!グワッグワッ来ますんでと・・・

この時の試聴位置はオフセンターだったので、ちょっと音像が大きかったのですが、演奏のインパクト、メリハリは大きく、確かにエモい演奏で・・・やはりM-3での再生だからか?余裕が感じられる・・・

と、A-3との違いをφ(..)メモしていたが・・・後に、A-3との違いの大きさは、2列目までと3列目以降の違いによる部分が大きかったことが判明・・・A-3には、この満員のデモ会場全体に十分満足できる音圧を届けられるパワーはないのか?と心配したが、それも、元音源の録音レベルによるようで・・・録音レベルの低い音源だと厳しいケースがあるようだが、大半の音源なら問題ないようだ・・・

後、ついでにσ(^^)私の当日のφ(..)メモから・・・加藤さん自身がデモされる音源は、SOULNOTEの機器の特徴やポテンシャルを素晴らしく発揮するが・・・和田さんを除き、他の評論家が持ち込まれるファイル音源では、少し疑問を抱く音源がチラホラ・・・元音源の鮮度によるものか?・・・ファイルの状態によるものか?・・・(滝汗

と、曲が終わって・・・加藤さんから・・・SOULNOTEが目指している音は、今のように心にグイグイ来る、それをダイレクトに出せる製品を作りたいと思っている・・・って話から、静特性に振り回されないために敢えて測定しない・・・な、熱語りパート2・・・

「TIASで語ったこと その3」から「その4」の話・・・(汗

で、おつぎは・・・ダフト・パンクのWithinという曲を・・・

【ダフト・パンクのRandom Access Memories】4976-01
4976-01ダフト・パンクのRandom Access Memories

おお、やはり前日より2列前、前から2列目のニアフィールドで聞くと、インパクトも情報量も凄いですね・・・昨年実感しましたが、部屋の後ろはかなり失われるモノが多いですが、前から2列目と3列目あたりでも変化がありそうです・・・(滝汗

で、加藤さんの熱語りパート3・・・判断基準は鮮度・・・数値を上げる余計なことをすると、鮮度は落ちる・・・

と、ここで恒例のペットボトル実験・・・

鮮度で判断して積み重ねた天板支持方法により、天板を開けたと同等の音を実現したという加藤さんの説明通り・・・ペットボトルをどけると開放的で上方に広がる・・・

ここでの広がりや滑らかさも前日とは違い、かなり大きく明確な差で・・・これもA-3とM-3の差ではなく、前の席だったからという確認が取れた・・・(滝汗

で、この後、Qobuzの配信でバージョン違いの比較・・・

【Led Zeppelin 3】4979-01
4979-01Led Zeppelin 3

加藤さんの好きな曲、Led ZeppelinのSince I’ve Been Loving Youと言う曲で・・・Qobuzの配信でバージョン表示すると、5つほどリストに並び、特に指定しなければ、一番音がいいだろうと言われるものが選ばれて再生される・・・ところが、なんかしょぼく聞こえたので、5つ全部を聞き比べると、全然音が違ったとのことで・・・

最初に、Qobuzが多分一番音がいいだろうと言うことでリストの一番上に出て来る96kHzサンプリングのHDリマスタードデラックスエディションを最初にかけ・・・つづいて44.1kHzの16bitの普通のやつをかけるので、聞き比べてくださいと・・・ハイレゾ⇒CDレベルの順で、各10秒余りを再生・・・いかがですか?後者の方が、全然エモくないですか?と・・・(汗

実は、某コミュニティーの日記で「余計なことはしない設計思想のデモ」として「ハイレゾvs.CDレベル」の試聴、確認、議論がなされていたんですが・・・

今回、おさらいしてみると・・・ハイレゾが余計なことをした音源、CDレベルが余計なことをしない音源と言うことではなく・・・

加藤さんが言いたかったのは・・・ハイレゾを否定するわけではなく、たまたま今回、これだけの違いが出たが・・・ハイレゾとかCDレベルと知って聞くと、情報に影響され、刷り込まれる可能性がある・・・だから素直に聞いて、どっちがマスターに近い音か?保たれているか?を考える・・・測定も同じで、クルマの話で、最高速度が10Km/h伸びたら、そちらの方が速い車だろうと思ってしまうが、実際はタイムアタックしてみないと分からない・・・音を聞く時も測定値で変なバイアスがかかって間違いの元になる・・・素直な判断が出来なくなるから測定しない(測らないわけではないが)と言っている・・・

Qobuzのリストも、普通は何も考えず、音がいいと思われる6kHzサンプリングのHDリマスタードデラックスエディションを聞いてしまっているが、ホントに恐ろしいこと・・・オーディオの高額ケーブルの聞き比べでも変化はあるが、ホントに自分に合った音はどっちか?の判断を誤る可能性がある・・・これは設計でも同じで、測定値がよくなるとそれが正解だと思ってしまい、誤った方を選ぶことに・・・それが嫌でSOULNOTEは、測定値との決別をしたのだと・・・(^^;

と、「鮮度の高い音」と言うと、エッジが立っていてちょっとキツイ感じがしたり、解像力は凄いけど聞き疲れするとか思われがちだが、それは鮮度が高いように演出された音・・・傷みかけたお刺身に鮮度が高い風に思えるスパイスをかけただけ・・・音源が自然に録られていれば自然に出るし、ガリガリに入っていればガリガリに出る・・・つまり装置は、音源の音を出せばいいだけ・・・大事なのは劣化させないこと・・・装置で音は作ってはいけない・・・装置では音を守るだけ・・・

ということで、ガリガリ系録音の音源として、Michael Wollny Trio の Ghostsを・・・鮮度の高い音はキツイ音ではないということを聞いてほしいと・・・

【Michael Wollny trioのGhosts】4846-03 海女損から拝借m(_ _)m
4846-03Michael Wollny trioのGhosts

で、これはSOULNOTEの音ではなく、音源の音なんですと・・・(^^;

つづいて、ナチュラル系録音の音源として、DAVID ROTH の Vincentを・・・

【DAVID ROTHのPearl Diver】4975-03 海女損から拝借m(_ _)m
4975-03DAVID ROTHのPearl Diver

と言うことで、タイムオーバー・・・これにてデモ終了・・・(^^;

ってわけで、つづきは次回へ・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

このあたりの具体的な音の話になると全然覚えていない(大きなインパクトはなかった)のですが、「Led ZeppelinのSince I’ve Been Loving You」の話だけは覚えていました。

理由は、自分が書いたTIASの日記の中にコメントがあり論議したからですね。あの論議に対して具体的にテツの意見や主張があるなら教えてください。

おさらいも大事と思いますが、多くの人が同じ土俵で論議できる、タイムリーな話も大事ですね。

直接、ヒジヤンの日記のコメントでの議論に参加はしなかったような気がしますが・・・SNSで音源の情報確認をされ、情報提供と、その印象をやり取りしたような気が・・・あまり記憶が・・・(爆
上のσ(^^)私の日記本文に、加藤さんの意図として書いてますが・・・試聴印象には大きな差があるが、音源のレゾリューションの記載がバイアスとなり、評価の印象に影響するから、影響されずに素直な評価をすべきってはなしだったかと・・・
さらに、σ(^^)私の印象としてこのショウの会場では、試聴位置で全然その聞こえが違ったこと・・・
ヒジヤンの日記の議論では、どの音源が一番いいか?の話になっていたこと・・・
こんな印象から、議論に積極的に参加しなかったような気がします・・・

>おさらいも大事と思いますが、多くの人が同じ土俵で論議できる、タイムリーな話も大事ですね。

当日、デモの場で、試聴位置を交代で聞いて議論すれば、タイムリーな同じ土俵での議論になったと思いますが・・・今回の議論は、同じ土俵とするには、ちょっと無理があったのでは?と思いました

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/5114-7fef0867