fc2ブログ

【4882】230423 北陸オーディオショウ2日目(1)朝からSOULNOTE1・・・(^^; 

さて、今年も実家へ寄ってから、かみさんの観光と合わせて1泊2日で行った北陸オーディオショウ!・・・のんびりおさらいしてたら、また3か月遅れをオーバーしちゃいました・・・(大滝汗

ってわけで?ようやく2日目に突入!・・・ホテルを出て・・・クルマで観光するかみさんに、会場前で下ろしてもらい・・・まだ9:30だし、ちょっと早いかな?と思いつつも・・・つぎつぎ人が建物内に入っていくし・・・エレベーターで上がっていくので・・・受付に行ってみると・・・

お、もう受け付け開始してる!(@@;・・・ってわけで、名簿記入して入場料払って・・・リストテープ巻いてもらって・・・お目当ての・・・

ハハハ!・・・昨日、SOULNOTE営業の網野さんが10時集合って言ってたので・・・2日目の和田さんのデモに合わせて?・・・出来の確保も兼ねて、またSOULNOTEのブースへ・・・(汗

で、入口で・・・網野さんにおはようございます!来ましたよ!と・・・(爆

【朝からSOULNOTEのブースへ】
4882-01朝からSOULNOTEのブースへ

まあ、もちろん・・・公式開場の30分前なので、人はまばら・・・加藤さんがお客さん対応されてる間に・・・配線や部屋の環境を画像にφ(..)メモ・・・(^^;

【左の窓側】           【正面~右の壁側】
4882-02左の窓側 4882-03正面から右の壁

人の入りでの吸音状況に合わせてカーテンの開き具合を調整される左の窓側から・・・正面~右の壁側・・・でも壁はパーティションよりはしっかりしてますが・・・音漏れはけっこうありますね・・・ってか、斜め隣りの音がデカいだけ?・・・(滝汗

【入口~後壁】          【後壁から左後方の角】
4882-04入口~後壁 4882-05後壁から左後方の角

で、入口から後壁・・・会議用のホワイトボード?にSOULNOTEの布を被せ・・・左後方には折り畳んだ会議机が立ってる感じ?・・・なかなかなに音響調整が難しそうな部屋ですね・・・(汗

【はちみつぱいのライブが】
4882-06はちみつぱいのライブが

でもって・・・朝からガンガンに?・・・はちみつぱいのライブが・・・加藤さん曰く、これ結構音いいんでおすすめです!と・・・(^^;

で、さすがに加藤さんおすすめだけあって、ライブながら、かなりクリアな録音で・・・サントワ・マミー (大道芸人)~塀の上で・・・和田さんのベースもご機嫌で・・・ボーカルや演奏の生々しさもそうなんですが・・・観客の歓声やメンバー紹介のMCもめっちゃ新鮮!(^^;

と、そうこうしている内に、和田さんが到着されて・・・はちみつぱいのライブをたっぷり楽しんだところで・・・加藤さんから・・・昨日いらっしゃった方います?・・・リベンジになりますのでお楽しみに!と・・・おお!o(^^o)(o^^)oo(^^o)(o^^)oワクワク

で、ちょっとフライング気味ですが・・・ま、いいんじゃないでしょうか?と・・・

【和田さんのデモがスタート】
4882-07デモスタート

ってわけで・・・どうやら、σ(^^)私以外はお初の参加者なようで・・・新鮮な気持ちで?・・・和田さんちの機器構成や機器配置に相似的とのコメントから、デモがスタート・・・(^^;

前日、加藤秀樹と和田博巳のハイエンド放談と言うか・・・真のハイエンドとは何か?と言う話をしたんですが・・・ひきつづき今日もさせていただきます・・・ただ、昨日、さすがにしゃべり過ぎたという反省がありまして・・・今日は、まず1曲聞いていただきますと・・・

【ピノ・パラディーノのNotes With Attachments】4564-03
4564-03ピノ・パラディーノのNotes With Attachments

和田さんのデモでお馴染みの?・・・ピノ・パラディーノのNotes With Attachmentsから、Ekuteを再生・・・(^^;

と、和田さんから・・・ステレオイメージ、音像の定位感、SPの外側~奥行き、高さまで含めて・・・いわゆる音場感・・・狭い部屋で向き合って2人で演奏してる濃密な空気感や、ブレイク・ミルズの精緻なミックスで、手に取るように音場感までわかる録音なので聞いてくださいと・・・

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)うんうん・・・シャカシャカシャカってパーカッションから、ギター、ベース、ホーンと・・・凄く生々しい!・・・お馴染みのブハボハですが、やっぱご機嫌!

で、曲が終わって、和田さんから・・・加藤さんのセッティングの努力の賜物で、凄くほぼベストな状態のサウンドが出ていると思います・・・一般のウッディーなリスニングルームと違い、音響的に不利な環境故・・・中高域に若干の特徴がありますが・・・ほとんどベースとゲストのサックスですが・・・ブレイク・ミルズがギター1本で作り上げた細かなエフェクティブな効果音が、まるで手で触れるくらいにリアルに浮かび上がるって再生になっているのは素晴らしい!と・・・

で、ここから昨日のリベンジ・・・例の真のハイエンドオーディオを語るに必須の音源・・・昨日、受け渡しにヘマってたファイルが・・・何と、網野さんのお陰で見つかった!

ってわけで・・・ここからの本題は・・・次回・・・(爆

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/5005-34e957c4