fc2ブログ

【4873】230422 北陸オーディオショウ1日目(1)SOULNOTE・・・(^^; 

インフラノイズさんのブログに新しいスピアキュSPA-7の感想がアップされ・・・音楽の演奏の時空を切り取り閉じ込めた録音を・・・いかにそのままの時空として取り出すか?・・・これが如何に難題かを知る人のみが、録音に閉じ込められる前の時空に近い再生が出来るって思ってましたが・・・その拘りの取り出しSPA-7をもってしても、再生の都度、取り出した音楽は違ってくると言う現実が・・・「時」の難題・・・やはり「静止画はあるが、静止音は無い」か・・・


さて、実は・・・めっちゃ期待して・・・ものすご~く期待して・・・今年も北陸オーディオショウに行ってきました・・・(^^;

今回は、かみさんの観光メニューと合わせて調整し・・・1泊1日な予定でと、金曜の夜に滋賀の実家に戻り・・・朝の内に実家のフォローを済ませ・・・ゆっくりな出発で・・・(汗

【日本海を眺めながら昼食】
4873-01日本海を見ながら昼食

途中のSAで、灰色から透明感が出て春らしい様相の日本海を眺めながら昼食を取り・・・14時過ぎに富山県民会館に到着・・・で、かみさんは運転を変わり、自身で立てた観光メニューへ・・・

σ(^^)私は、6階の受付へ・・・ここのオーディオショウは、クリアーサウンドイマイってオーディオショップさん主催の有料500円イベントなんですよね・・・それゆえ?σ(^^)私の行くブースは過度に混むこともなく・・・(^^;

で、受付を済ませて・・・何はともあれ期待の先、SOULNOTEのブースへ・・・

【SOULNOTEのブースへ】
4873-02SOULNOTEのブースへ

う~ん、残念!・・・やっぱり来てないか・・・営業の網野さんにお聞きしたら・・・初号機はミュンヘンに送ったと・・・そう、ミュンヘンでワールドデビューって花火を打ち上げるためってことで・・・残念(悲

そう、加藤さんのFBから、多分そうなるだろうとは思いつつも・・・微かな期待を残しつつ・・・ひょっとしたら試作レベルのA-3を見れるか?・・・もしかしてA-3の音が聞けるか?・・・って淡い期待は玉砕!・・・ガクッ_| ̄|○

となると・・・今回の目的の7割は終わったようなもので(爆・・・あとは、加藤さんのこぼれ話?・・・未公開情報のプチ暴露期待と・・・和田さんのデモに期待?・・・(大滝汗

で、午後ってこともあり?ブースは割に人が入ってて・・・かかっていたのは・・・うーん、ま!なあれ(爆・・・ストックフィッシュレコードのサンプラー?でよくかかる・・・

【ストックフィッシュレコードのサンプラー?】4762-02
4762-02ストックフィッシュレコードのオムニバス

クリスジョーンズのNo Sanctuary Hereが・・・そう言えば、以前BAYさんでの試聴会でも、ミュンヘンのショウでよくかかってたと、ストックフィッシュレコードの音源をかけられてた・・・

で、出音は・・・2年目の部屋ってこともあるのか?・・・セッティングをかなり詰められたようで・・・ビシッとふわっとの両立する音像と空間のストレスフリーな再生って感じ・・・(^^;

【M-3のラックにスパイク受け】  【YG Haily2.2のスパイクにも受けが】
4873-03M-3のラックにスパイク受け 4873-04YGのスパイクにも受けが

M-3のラックのスパイクに、アルミ系と思われるスパイク受けが・・・それとYG Heily2.2のスパイクにもステンレスかな?なスパイク受けが・・・ほかの機器は、SOULNOTE純正ラックで、標準のステンレスの平足が・・・

で、今回は、アナログ無しのデジタル系オンリーな構成で・・・

おつぎは・・・ケルンコンサートを・・・20分以上の曲なので途中まで・・・(汗

ピアノの濃さ、滑らかさがしっかり出てて・・・密度感のある広がりで・・・この辺は、M-3とYG Haily2.2の組み合わせならでは?・・・σ(^^)私的にはマジコのA-5やA-3で聞いてみたいな(滝汗

っと、加藤さんがここで実験をやりたいと・・・ちょうどこのタイミングで何人かが退室・・・加藤さん、ああ、帰っちゃったと・・・(^^;

ま、この手のイベントでは、曲の区切りで他のブースに移動されるのは仕方ないですよね・・・有料イベントだから客数が限られるのでなおさら・・・ね?(汗

でも、σ(^^)私みたいな比較試聴大好き人間にとっては、貴重なチャンス!(^^;・・・って、多分名古屋のオーディオショウで体験済みなあれだとは思うんですが・・・(^^;

【BYU Vocal PointのLead Thou Me On】4846-01海女損から拝借
4846-01BYU Vocal PointのLead Thou Me On

で、加藤さんから・・・SOULNOTEがなぜトップカバーを固定していないかを、音で説明したいと思いますと・・・お馴染みのおじさんたちの宗教曲的なアカペラコーラスで実験をと・・・BYU Vocal PointのNearer, My God, to Theeって曲をきいて・・・

これが、川の堰き止めが無い状態で・・・1個堰き止めるとどう鳴るか・・・

【天板にぺとボトルを】
4873-05天板にペットボトルを

で、M-3の天板にペットボトルを置いて、また同じ曲を再生すると・・・お、音の雰囲気がちょっと抑圧されたような詰まった感じになり・・・上方向への空間の広がりも抑圧されて、YG Haily2.2の高さ辺りまで、ぎゅっと押し下がった感じに・・・(滝汗

でもってさらに・・・一旦ペットボトルを退けて、最初から再生して・・・途中で、またペットボトルを置いたり・・・退けたり・・・(^^;

すると・・・そのたびに空間が潰れたり、天井方向に広がったりと・・・

つまり、この抑圧された堰き止められたところがある音は、加藤さん的には、SOULNOTEのではないと言うことで・・・・この堰き止めの無い感動が深まる音が、加藤さんの目指している音です・・・なぜ音が変わるか?については、SOULNOTEの設計者、加藤さんのフィロソフィーを綴ったパンフレットを見てねと・・・(^^;

あ、のんびりなおさらいで、今日はここで時間切れ・・・m(_ _)m

なので、つづきは次回へ・・・ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4996-5a2ddf7e