fc2ブログ

【4798】221105 オーディオセッション大阪(4)またSOULNOTEのデモ・・・(^^; 

インフラノイズのブログに、遂にスピーカーアキュライザーSPA-7の正式な新製品記事がアップされましたね!・・・いよいよ出荷も始まるそうです・・・が、既に予約でバックオーダーを抱えているとのこと・・・凄い!熱烈なファンがたくさんいらっしゃるようで、嬉しいです!(^^;
ちなみに・・・その記事の前のstereo誌の記事について、追記がされているが・・・自信のほどが伝わって来る興味深いコメントです・・・SPA-7楽しみですね!(^^;
230225追記:What's NewにJJの掲示板でAquiraxさんの試聴感想、 ブログにWさんの試聴感想が紹介されてますね!


さて、なんだかすごく焦ってます・・・と言うのも、リアルタイムではオーディオフェスタ名古屋がどうだったか?って話で盛り上がっているのに・・・ここはまだ昨年のオーディオセッション大阪の話をしているわけですから・・・(大滝汗

実際のところ、部屋の環境は名古屋より大阪の方がよかったんですが・・・大阪がM-3のお披露目、CD/SACD/レコードががメインだったのに対して・・・名古屋はM-3の慣らしも終わり、Z-3がroon readyとなり、ZEUSシステムによるRoonでのQobuz音源の再生がメインと・・・ちょっと趣も違ったので・・・(大滝汗

ま、このところ北陸、滋賀、TIASとSOULNOTEのデモ三昧ゆえ・・・重複する分も多く時間もないことですので・・・ちょっと内容は軽く薄くササっと行けたらいいなあ・・・(滝汗

で、このコマの最初は・・・機器構成の説明から・・・あ、他と違うのはアナログプレーヤーがテクニクスのSL-1200Ⅲってのが違うかな?・・・(^^;

【毎度熱い加藤さん】
4798-01SOULNOTEをもう一コマ

1曲目は、アメリカの若手のJazzで・・・SPRIT FINGERSのアルバムから2曲目のmapsを再生・・・

部屋の環境は、TIASの方がストレスが少なかった気がしますが・・・まとまりと存在感は大阪の方が心地よく感じれました・・・大阪は、ホテルの個室の方は厳し過ぎますが、この広い部屋は機器とセッティングでいい感じに鳴りますよね・・・ちょっと低域に癖がありそうですが・・・(汗

2曲目は、超絶タッド録音からと・・・大木和音のバッハ・ゴルトベルク変奏曲を・・・

先のTIASより、濃く響きも豊でしたが・・・空間のまとまりはTIASの方が好みかな?(汗・・・ま、メイクの超絶上手い美音は他で聞けますが・・・この音の実在感は、TIASでも大阪でも、他のブースでは感じられないですね・・・(^^;

3曲目は、仲野真世トリオのセンチメンタル・リーズンズから・・・お馴染みのKakurenbo・・・

うん、実在感、音の濃さは大阪の方がいい感じかな?・・・確か3列目センターに陣取ったと思うので、恐らく王様席なはずで、非常に鮮烈、緻密な実在感でした・・・(^^;

SOULNOTEは音作りをしません、機械が音を作っちゃいけない、機械がやっていいのは音を壊さないこと・・・そのために必要なのは、測定値をよくすることではない・・・デザインフィロソフィーを持ち帰って見てください・・・極端に要約すると「測定値なんてくそくらえ!」って書いてありますからと・・・(^^;

4曲目は、再びタッド録音・・・M・A RecordingsのSera Una Nocheから、NUBLADOを再生・・・

お、やはりこの曲の鮮度と空間展開は飛びっきりですね・・・この日の実在感もとびっきり!・・・でも、濃さも強いので、σ(^^)私には、音量がちょっぴり大き過ぎたかも?・・・(汗

と、この後、上書きしちゃったのか?φ(..)メモが無くなっちゃった部分があって(大滝汗

多分、あと何曲かデジタル音源の再生があって・・・レコード再生に移ったはず・・・

で、メモは、荒井由実のミスリムから海を見ていた午後のレコード再生からで・・・(滝汗

でもって、やはり印象は同じく・・・純度が高く実在感たっぷりの濃い音・・・σ(^^)私の駄耳にはちょっと座った席が前過ぎたか?・・・音量もあって歌詞の世界への没入と言うより、荒井由実の歌に包み込まれるくらいの感じで・・・(汗

おつぎは・・・これもお馴染み?・・・ジャクリーヌデュプレのエルガーのレコードで・・・いつもは第2楽章ですが、この時は第4楽章を再生・・・

お、これも実在感が凄く・・・雰囲気はホールのかなり前の席でかぶりつき気味に聴いてる感じに・・・オケの響きに包まれ埋没するぐらい・・・と、上の部屋からか?スーパーウーハーの重低音が漏れて来て、現実世界へ・・・AV系との合同イベントは、これが問題?・・・(大滝汗

で、最後は・・・お馴染みの曲をレコードで・・・PrinceのPiano & A Microphone 1983から、Why The Butterfliesを再生・・・

うん、いつものCDより、さらに濃さが増してる感じでちょっと大き目な感じも・・・これは、レコードだからと言うより、これまでのレコードの感じからすると・・・プレーヤーなのかカートリッジがDS-W3になったからなのか?・・・(滝汗

で、この後質問&リクエストコーナーで・・・お客さん持参のディスクで、ジャシンタのムーンリバーが・・・やっぱちょっとバラードには音量が大き目?・・・(汗

ここで質問が・・・S-3付属ボードも浮かした方がいいとのことだが、インシュで浮かす場合、S-3のスパイクの下辺りがいいのか?と・・・回答は、恐らくダイレクトに真下に入れるより、S-3の3点スパイクと逆の3点にした方がいいと思う・・・でも、ホントはSOULNOTEの純正ラックに乗せるのがいいとのこと・・・(爆

で、最後は、お客さん持参?のCDで・・・アンバークインテイロのルート66を再生・・・

ってわけで、SOULNOTEのデモが終わって・・・モモンガさん達を探しつつ・・・

おつぎは・・・2回のD&Mのブースへ・・・

【D&Mのブースで】
4798-02D&Mのブース

お、こちらはAV系のデモで・・・誰もいない・・・

おつぎは・・・隣のヤマハ・TADのブースへ・・・

【TADのデモ】
4798-03TADのブース

お、ここでオルフェのサンバさんとdaisiさんと合流・・・イーグルスのホテルカルフォルニアを新しいブックシェルフでやってた・・・(^^;

ってわけで・・・外に出たら、モモンガさん達と合流し・・・教授と合流して・・・会場を出て、お茶して・・・皆さんと串焼きでおさらい会へ・・・(^^;

楽しく、ああだこうだと意見交換?・・・これが楽しかった!(^^;

で、本日はこれにてお終い・・・次回は?・・・週明け火曜に、もひとつおまけを・・・(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4920-c78eb840