fc2ブログ

【4780】221029 TIAS遠征2日目(2)ヒジヤンとSOULNOTE~・・・(^^; 

さて、TIAS遠征の2日目は、ヒジヤンと・・・初っ端、整理券を貰いに行ったら、空いてたのでそのままSOULNOTEのデモ1コマ目に・・・で、お馴染みの曲をつぎつぎ聞いて・・・(^^;

早速つづき・・・で、SOULNOTEお馴染みのタッド録音をファイル生成で・・・

【MAのSera Una Noche】4682-01
4682-01MAのSera Una Noche

M・A RecordingsのSera Una Nocheから、この頃加藤さんのお気に入り?NUBLADOを再生・・・

席が左SPの前なので、空間が左寄りだけど・・・半分なりの空間が出てて・・・鮮度は勿論、明瞭度、音の存在感が凄いなと・・・で、各楽器ごとにそこから音が出てる存在感・・・(^^;

おつぎは・・・北陸オーディオショウ、滋賀のBAYさんでもかかったビートルズ・・・

【ビートルズanthology3】4771-05
4771-05ビートルズanthology3

BOXのanthology3から・・・アビーロードのB面のbecauseの素材・・・テイクは同じで、コーラスパートのみの音源で・・・リッピングしてZEUS(D-3+Z-3+X-3+RCC1)で聴くと異次元ですと・・・

おお、なるほど!・・・てか、やっぱ濃くて実在感が強い!・・・これに比べて拙宅は?ZEUSとS-3の違い?P3+M3の威力?SPのせい?・・・あ、音量上げると少し近づく?・・・(悲

と、つづけて・・・同じCDから、Junkを・・・

お、やっぱりそこで歌ってる感・・・そこでマイクを立てて録ったらこんな音だろうって感じが凄く強くて・・・ボーカルもギターも生禄一発録りの再生みたいな生々しさ!・・・(^^;

で、ここからは、レコード再生になるんですが・・・前日は、あまりにウーハーが動くので、かけなかった盤で・・・ローカット入れると今一なので入れずに・・・でも、このSPのウーハーは60Hz以下で中域を濁すことはないのでと・・・ジャクリーヌデュプレのエルガーを・・・

【ジャクリーヌデュプレのエルガー】
4780-01デュプレのエルガー

画像は拙宅の再発盤ですが・・・かけられたのは、恐らくオリジナル盤とのこと・・・(^^;

時間の関係で、どこまでかけられるか?・・・1楽章を聞いてくださいと・・・

席が、本来のサービスエリア外だったので、空間展開については分かりませんが・・・個々の楽器が、鮮度感とチェロの擦弦音の生々しく実在感たっぷりな鳴りっぷりで・・・(^^;

と、ここで加藤さんが・・・私はアナログが好きなんですが、今回、なぜ急遽レコード再生を追加したか?と言うと・・・ZEUSの完成で、デジタルもかなりアナログの再生に肉薄できるようになったと思っていたんですが・・・M-3の完成で、アナログに比べるとZEUSの再生に頭打ち感があって・・・と言うか、アナログがよくなり過ぎて?また差が開いたってことが明白に・・・

そうなると今回は、M-3のお披露目なので・・・こんなに良くなったアナログをやらないわけにはいかない!と・・・急遽、プレーヤーをお借りしてかけることになったそうな・・・(^^;

で、最後は加藤さんの奥さんが発売当時に買ったレコードで、荒井由実のミスリムから・・・

【荒井由実のミスリム】
4780-02荒井由実のミスリム

前日もかかった、海を見ていた午後を再生・・・(^^;

やはりサービスエリア外の席からだからか・・・ちょっと音像は大きい感じもしましたが・・・濃さと音触の生々しさは、凄いですね!・・・拙宅でこう鳴らないのは、何の影響?(大滝汗

と言うことで、開発者の加藤さんが、音楽のどこを大切に感じて、どんなイメージで鳴らしたいか?を、開発者ご本人のセッティングで体験できたことは、とっても貴重な体験となったわけですが・・・朝一のSOULNOTEのコマが、これにて終了・・・(^^;

で、おつぎは・・・お隣のロッキーインターナショナルのブースへ・・・

【ロッキーインターナショナル】
4780-03ロッキーインターナショナル

バイオリンコンチェルトが鳴ってましたが・・・昨年同様に、いい雰囲気に鳴ってて・・・ヒジヤンともども、わるくないねと・・・(^^;

つづいては、オルトフォンのブースで・・・

【オルトフォンのブースへ】
4780-04オルトフォンのブース

MC Diamondってカートリッジで・・・ブラス系のJazzが元気いっぱいに鳴ってましたが・・・ヒジヤンの興味には引っかからなかったみたいで・・・σ(^^)私が前日聞いた復刻版のSPU-GTEは、いい感じに鳴ってたんだけど(滝汗・・・と、おつぎのアッカのブースへ・・・

【アッカのブースで】
4780-05アッカのブース

お、前日この大きさで?と、驚くほどよく鳴ってた・・・YGの新しい小型SPのデモが・・・ただ、かかったのが、パーカッションの曲で・・・多分、高橋美智子 驚異のコントラバスマリンバだったと思うんですが・・・(滝汗

【脅威のコントラバスマリンバ】2768-01
2768-01脅威のコントラバスマリンバ

こんなに小さなSPで、このコントラバスがめちゃリアルに聞こえるなんて!・・・と、やはりヒジヤンともどもその鳴りっぷりにビックリ!(@@;

驚きに興奮収まらぬまま・・・つぎはどこへ行こうかと・・・ってところで、つづきは次回へ

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

またまたの遅レスです。

今年のSOULNOTEですが、昨年の方がよかったように感じました。急遽アナログを入れた話から言って、電源の取り方に制約がかかったのではないかととのことでした。

年末に初めて会った人も「SOULNOTEは一昨年の方がよかった」と言っていたので、何らかの原因がありそうです。

アッカのブースのYGの新しい小型SPはビックリなサウンドでしたね。今回一番のビックリでした。

この話も、年末にソナスユーザーの方と共感していました。人の好みは数々あれど、音の事実判断はそれほど違わないのかな?なんて思いましたよ。価値判断が入ってくるからややこしくなるのかもしてないと・・・

ひじやん、コメントありがとう!
当日も少し話しましたが、σ(^^)私的な捉え方では・・・今回のSOULNMOTEは、SOULNOTEの方向性を、より一層進めたので、ちょっとマニアックな領域まで行ってしまって、一般的ないい音のイメージ(それをうまく説明できませんが)から少し離れた・・・同時に、めっちゃ敏感な機器になったのでなおさら気難しくなったかも?・・・って感じで(^^;

逆に、アッカのブースで聞いたYGは、ヘイリーが曝け出し系だったのに対して、新しい小型のSPの方は、一般的ないい音のイメージの方向に舵を切ったなって感じで・・・(^^;
拘りポイントが、共感領域から少しずれると、感じ方が大きく転換するのでは?って思います(汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4902-c42d8b55