fc2ブログ

【4699】220508-11 ルビジウム復活するも?・・・(^^; 

さて、先日京都人さんのところからの帰り道、Rayさんのところに寄った際、長らく押し付けたままとなっていた自作のルビジウムクロックを持ち帰ったのですが・・・(滝汗

ふと日記を遡ってみると・・・まあ、いろいろ経緯があったのですよねえ・・・そもそも、もう10年以上前?・・・σ(^^)私がオーディオ沼に嵌り始めた頃・・・早い段階でルビジウムクロックの自作に至ったわけで・・・(汗

----------------------------------------------------------------------------------
【084】クロックジェネレータの導入(G-25U) [2008/10/17]
【085】ルビジウムの世界に突入(G-25U内蔵) [2008/10/18]
【086】ルビジウムの世界に突入2(アトミッククロックの別体化) [2008/10/19]
【087】ルビジウムの世界に突入3(アトミッククロックのシールド強化) [2008/10/20]

【N006】運命の出会い(クロックケーブル) [2008/08/23]
【N007】ルビジウム10Mhz外部クロックケーブル比較試聴 [2008/08/24]

【N009】クロックケーブル比較試聴(パート2) [2008/09/10]
【N010】クロックケーブル比較試聴(パート2)【番外編】 [2008/09/11]
----------------------------------------------------------------------------------

ま、その後も、デジタル音源の再生には、クロックが重要な役割を担っているとの認識は持ち続け・・・いろんなトライをしていたのですが・・・おおよそ10年ぐらい前、メインプレーヤーのUX-1にインフラノイズのGPS-777クロックを導入してからは、これが不動の位置を担うことに・・・

ってわけで・・・下のリンクの日記に、GPS-777導入によって追い出された自作ルビジウムクロックを、Rayさんところに無理矢理貸し出したようで・・・(大滝汗

【1480】120715 リベラメンテ持参オフ(Ray邸)壱・・・(^^; [2012/08/25]

で、Rayさんから・・・機材の断捨離のため、このクロックも持ち帰ってと・・・(^^;

と言うことで・・・引き取って来た、拙作のルビジウムクロック・・・持ち帰って電源を入れたところ・・・何だか焦げ臭い・・・(@@;

で、中を開けて調べてみると・・・内部の電源基板か、出力FETが駄目になったようで・・・その影響でトランスが焼損して焦げた臭いが・・・(滝汗

と言うことで、この日・・・先のクロック端子の追加実験用にSMA端子と、ルビジウムクロックの電源焼損原因を探るべく、共立で簡易的にEIコアの24V1Aのトランスをゲットして来て・・・

焼損したトランスと入替え・・・秋月の精密実験用電源基板も交換・・・ただ、簡易的ゲットしためちゃ安のトランスだからか?、22V以上の出力が出なくて・・・一応、ルビジウムクロックが動作することは確認できたけど・・・(汗

でもって、いろいろ昔を思い出しながらやってたら・・・電源基板のマニュアルに、R5を変更すると22V以上の出力が出来ることが書いてあり・・・これを交換して解決!・・・(大滝汗

【拙作ルビジウムクロックの復活】
4699-01拙作ルビジウムクロックの復活

ってわけで、24V出力で安定動作するようになった拙作ルビジウムクロック・・・

【秋葉でゲットしてきたパーツ】
4699-02秋葉でゲットして来たパーツ

先日の遠征で、久々に寄った秋葉でゲットしてきたSMAオス端子を・・・ガラエポ基板にはんだ付けして・・・パルストランスを経由してアイソレーションさせるアダプタを作成・・・(^^;

【自作アイソレーションアダプタ】
4699-03自作アイソレーションアダプタ

ってわけで・・・この自作アイソレーションアダプタで、外部クロックのアイソレーションの実験をすることに・・・(^^;

Ver.2からReferenceに、バージョンアップしたSOULNOTE S-3は・・・性能向上のために、外部クロック入力端子が、BNCからSMAに変わっちゃいまして・・・(大滝汗

で、それならついでにと、作ったのがSMA端子のアイソレーションアダプタで・・・

【クロックのアイソレーション実験】
4699-04アイソレーション実験

拙作ルビジウムクロックからのBNCケーブルに、SMA変換アダプタを装着して・・・ここに今回作ったアイソレーションアダプタの有無を比較することに・・・

有りにすると、背景が静まり、奥行がよく出るようになる・・・(^^;

そもそも拙作ルビジウムクロックは・・・中高域のカチッとした感じ・・・エッジ感が出て明瞭な印象になるのですが・・・(汗

このエッジ感が、どこか色付けに感じて、UX-1では、GPS-777に取って代わられたんですが・・・

ルビジウムクロック実験前のS-3 Reference常用の矩形波OCXO+アイソレーションアダプタに戻すと・・・やはり、ルビジウムクロックは、エッジ感が強調に感じられる・・・(大滝汗

元の矩形波OCXOの方は、自然でシームレスな空間展開で・・・比較するとルビジウムより奥行感、空間の広がりの見通しがいい感じ・・・(滝汗

なので、復活早々ながら・・・結局、元の矩形波OCXOに戻すことに・・・(^^;

ってわけで、本日はここまで・・・次回は?・・・これに端を発してクロック三昧・・・(汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4819-4fafaacb