fc2ブログ

【4676】220429 北陸オーディオショウ(3)SACD~ZERO LINK・・・(^^; 

さて、SOULNOTE S-3 RefarenceでのSACD再生デモのつづきです・・・(^^;

サロネンのSACD・・・今までのSACDって、音数は多いんですが・・・線が細く、全体に薄くて・・・滑らかで微細で繊細だけど、力感や濃さも太さも物足りないって印象でしたが・・・S-3で聞くとSACDの音数の多い滑らかさに、濃さや力感や実在感を感じさせるんですよね・・・!(^^;

と、この音になるのは?・・・今までの常識の逆をやってるから・・・だけど、意図して逆をやっているのではなく・・・音を聞いて、心動かされる音になる方を選択していくと、結果的に逆のことになっているとのことで・・・(^^;

で、おつぎは・・・ダイアナクラールのwallflowerからトラック11のブライアンアダムスデュエットしてるfeels like homeを・・・

【ダイアナクラールのwallflower】4073-03
4073-03ダイアナクラールのwallflower

このディスクもS-3のお披露目でかけられてたSACDですね・・・曲は違いますが・・・

【4073】191027 届いたCD&オーディオセッション(おまけ1)・・・(^^; [2020/01/04]

拙宅で聞くと・・・厚みと濃さは近いところまで出てますが・・・滲んでるかな?って印象に・・・プリのP-3の威力か?・・・クロックのX-3の威力か?・・・パワーのM-3の威力か?・・・って、相乗効果に決まってるでしょ!・・・と言いつつ、SPユニットの静寂性と音の純度も、やはり大きな要因だとも再認識・・・(大滝汗

ただ、拙宅でも、鮮度感やトランジェントの高さの方向性は似てて・・・澄んだ上に滑らかで濃く微細な描写ってところが、足りない点かな?と・・・(^^;

方向性の印象としては・・・拙宅ではA-0で鳴らした時の音の延長線かな?・・・(滝汗

う~ん、そうなるとM-3に手が届かない干乾びたキリギリス向けに?・・・A-2の救済措置とかってやってもらえないのかなあ?・・・例えば、シングルプッシュプル化とか・・・2段の抵抗(10db+1~9db)にして数を減らして、素子とリレーをアップグレードとか・・・A-2⇒M-2化にパッシブプリとか・・・何とか、3シリーズのエッセンスを安価にフィードバックして欲しいなあ・・・(滝汗

っと、ここからは、NASからZERO LINKでの再生へと・・・説明はHPを見てねって・・・(汗

で、かけられたのは・・・上野耕平のアルバムBREATHの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007から、6. Gigueを・・・192kHz/24bitのハイレゾ音源で・・・

おお、空間が広がりますねえ!・・・それに、サンプル音源をヘッドフォンで聞くより、鮮度感と解像感が高くて、音が濃いんですよねえ・・・なんで?・・・ZERO LINKだから!(@@;

おつぎは・・・Areni AgababianのBloomからPatienceを・・・

【Areni AgababianのBloom】4540-01
4540-01Areni AgababianのBloom

【4540】211027 届いたCDとSOULNOTE A-2シングル片チャン駆動(再)・・・(^^; [2021/11/25]

多分、CDしか出てなさそうなので、リッピングした44.1KHz16bitだと思うんですが・・・シンプルな録音で位相がちゃんとしているから部屋中に音像が広がりますって解説が・・・

そうそう、拙宅でも、サラウンドのごとく、リスポジの少し後ぐらいまで響きに包み込まれる感じ・・・なんですが・・・デモ会場ではセンターびったしな席ではなかったので・・・音の雰囲気からかなり広がってるとは推測はできるものの・・・その実体は???・・・(滝汗

っと思ってたので・・・午後の部のとき、センター席で聞いてみたら・・・さすがに、めちゃ広がってるのを確認しました・・・(^^;

つづいては、タッドさんのMAレコーディングスの音源・・・03 Malena 96K 24 bit・・・2.8って表示だったかも?・・・だとするとDSFかもね?(汗

【M・A RecordingsのSACDサンプラーのMA no SA】4478-04
4478-04M・A RecordingsのSACDサンプラーのMA no SA

で、サンプルファイルも落としてあるんですが・・・ZERO LINKじゃない拙宅では・・・MA no SAってSACDからトラック9のMalenaを試聴して見ることに・・・

お?・・・この雰囲気なら、結構近いかも?・・・と、全体の雰囲気では思ったけど・・・ハンドクラップだかパーカッションなのか?よく聞くと、楽器が違うのか?って思うほど音が違ってて・・・と思ったら、中盤でパーカションメインの所があって・・・(大滝汗

で、おつぎは・・・ワルツフォーデビーからPorgyを・・・うん?192表示・・・とすると、HDTracksのハイレゾ音源かな?・・・

【ワルツフォーデビーのSACD】4565-01
4565-01ワルツフォーデビーのSACD

前回のTIASの和田さんのデモで、ボーナストラックの最後のPOGY(I LOVE YOU,PORGY)をとかけられたが・・・

【4565】211106 久し振りのTIAS(8)SOULNOTE 和田さんデモ(後編)・・・(^^; [2022/01/07]

よく考えたら・・・確かに、メディアに入ってるのは、SACDのボーナストラックだけど・・・当日の再生はZ-3から・・・なのでファイル再生ってことになるな・・・

で、この日の再生が192表示でPOGYってことは・・・2011年にHDTracksから出たファイル(192Khz24bit FLAC)しか無いと思うんですが・・・この時ファイルだと7曲目にPOGYが入ってた・・・

で、今回のおさらいでは、SACDのボーナストラックと、ZERO LINK無し(MacBooKPro+Audilbana~S-3)で2011年の192Khz24bitのFLACを試聴・・・

う~ん、やはりZERO LINKが無いからでしょうか?・・・拙宅では、SACDのボーナストラックの方が濃くて厚みがあって力強くていい感じ・・・で、どちらかと言うと、SACDの方が、デモで聴いた雰囲気に近い?・・・(滝汗

ってことは?・・・やっぱりZERO LINK恐るべし!ってことになるのか・・・(汗

で、まだまだつづくんですが・・・続きは次回へ・・・って、ちょっと疲れて来た(滝汗

けど・・・まあ、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4796-ea2f6517