fc2ブログ

【4669】220423 届いたBD/CDとエアジャッキ実験・・・(^^; 

お、久し振りにインフラノイズさんのブログのWhat's Newに、TACU-1の紹介ページのリンクが・・・お、ずっと以前にお伺いしたことのあるTKさんのところ・・・SPでも効果ありと・・・(^^;


さて、この日は・・・前の週に行った泌尿器科に追加の検査と診察に・・・で、うちに戻ると・・・ポチッてたBD/CDが届いてて・・・(汗

なんか、ヘロヘロで余裕が無いようなこと書きつつ?・・・Youtubeで映像コンテンツ見まくりの流れから・・・このところお気に入りのONE OK ROCK(ワンオクロック)のBDをポチッと・・・(汗

【ONE OK ROCK 2021】
4669-01ONE OK ROCK 2021

で、届いたのがこの・・・BD/CDのBOX・・・(滝汗

【BDとCDとブックレット】
4669-02BDとCDとブックレット

中身は、BDとCDと・・・何か分厚いブックレットが付いてて・・・おじさんにはあまり意味ないのだが・・・ライブタイトルが、Day to Night Acoustic Sessionsってことで・・・(滝汗

ま、コロナ禍の真っ只中、その間隙を縫ってのライブで・・・あ、このONE OK ROCKってバンドのボーカルが、森&森元夫妻の長男で・・・海外でも評価されるバンドになって・・・ってか、声が好きなんです・・・(^^;

で、アコースティック楽器と小編成オケで、観客もマスク着用、拍手のみの環境の中・・・ライブを行ったワンオク側も・・・鬱蒼とした気持ちを爆発させたいけど、ちゃんとルールを守ってライブに盛り上がる観客の若い子達の映像を見てると・・・胸が締め付けられる思いに・・・

っと、そんなところへ・・・AGさんって方から・・・エアジャッキでCDP等の機器を持ち上げて試聴されたことはありますか?ってメッセージを頂いて・・・(^^;

そりゃ勿論!って返事したかったんですが・・・考えてみると・・・ゲル浮揚はかなりやりましたし・・・そのために、エアジャッキで機器を持上げることは、何度やったか・・・でも、エアジャッキで持上げて聞いたことないなあと・・・(大滝汗

で、さっそく試して見ることに・・・っと、借用中の京都人さんのUX-1の動作確認も兼ね・・・

【エキストララック上で】
4669-03エキストララック上で

まずは、エキストララックに直置きで、試聴曲はプロトコルの6曲目で通常再生・・・

【サイモンフィリップスのプロトコル】4584-03
4584-03サイモンフィリップスのプロトコル

エアジャッキで持上げて試聴:エアジャッキ満タン

【エアジャッキ満タンで】
4669-04エアジャッキ満タンで

冒頭の歓声が強く、中域の密度が増し、スネアの中心が強く明瞭になった!・・・シンバルや空間の雰囲気が減衰したのか?ステージ展開がSP間にこじんまりとしてしまった・・・(汗

じゃあ、ひょっとしたら満タンじゃない方がいいかも?と・・・えあを半分くらいに・・・

【エアを半分くらいに】
4669-05エアを半分くらいに

中域の強さ、芯の強さを維持して、空間展開も広がった・・・あと、バスドラに弾力感が出て来た・・・やっぱこっちの方がいいかな?・・・(汗

で、比較のために・・・拙宅通常環境のUX-1Pi(チタンインシュ+振動吸収子+外部クロック+磁石ケーブル)で試聴して見ると・・・

【拙宅通常環境のUX-1Piで】
4669-06拙宅通常環境のUX-1で

お、ドラムのインパクトが強く、空間展開も広く、音の立ち上がり、収束も早くそれでいて細かな音もよく聞こえて、広いステージ、空間が感じられる・・・やっぱこっちがいいや!(汗

ってわけで・・・ドキドキしつつ・・・拙宅現行メインのS-3 Refarenceで聴くと?・・・

おっ!、冒頭の観客、スネア、バスドラ・・・インパクト、立ち上がり、空間展開・・・よかったあ~!・・・どれも次元が違う印象を与えてくれる・・・(^^;

ま、これを100とすると 通常UX-1が70、ノーマルUX-1にエアジャッキ半分が50、エアジャッキ満タンで40・・・ま、これくらいの差を感じるかな?・・・(滝汗

【キリーヌ・フィールセンのバッハ:無伴奏チェロ組曲】4625-02
4625-02キリーヌ・フィールセンのバッハ:無伴奏チェロ組曲

で、念のため?・・・試聴曲をキリーヌ・フィールセンのバッハ:無伴奏チェロ組曲のSACDにして聞いて見ると・・・

う~ん、やはり、ノーマルUX-1エアジャッキ半分 < 拙宅チューンドUX-1 <<< S-3 Refarenceの順かな?・・・(^^;

S-3の演奏のリアリティ、空間の立体感が凄い!(@@;

まあ、今のσ(^^)私的の好みが、インパクトの立ち上がり重視になっていますので・・・エアジャッキは、どこかもっさりした印象を受けちゃうんですよね・・・(汗

それに、今回の実験は簡易的なものなので、もっといろいろ工夫すれば・・・素材と支持方法の要素のひとつとして、求めるサウンドによっては、選択肢になり得るかも?・・・ひょっとすると・・・工夫を加えれば、もう一方の目指すイメージの濃く太い音像型のサウンドには適する可能性もある?・・・ま、それは時が来て、感覚と腕が上手くマッチしないと駄目でしょうけど・・・

ってわけで・・・ホントはこの続きで、もう一つ実験したんですが・・・ちょと時間切れ・・・

なので、そのテーマと・・・その後のお話しは・・・週明け火曜に・・・(大滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4789-e53a5ada