fc2ブログ

【4662】220406 横浜のM氏邸レコードを聴く会:ライブ盤編(6)・・・(^^; 

さて、IBさんの飛びっきりの音源を堪能した後・・・今回、JKさんが急遽来れ無くな理想との連絡で・・・Iさんから、何かレコードを持って来ていいよと・・・(滝汗

ところが・・・元々、ジャンクな廉価盤しか持ってない上に・・・歌謡曲&J-POP分科会で、ライブ盤縛りと思い込んじゃったので・・・該当する盤が数枚しかなくて・・・(大滝汗

【4656】220402-03 実家の軽トラ入替&洗車&レコード選定・・・(^^; [2022/06/16]

ってわけで・・・だったら逆に?・・・めっちゃ大好きな雰囲気のライブなのに・・・残念ながら拙宅では、腰高ハイ寄りで、全然楽しく聞けない盤を・・・こんな盤でも、横浜のMさんの手にかかれば、ちゃんと聴けるように鳴るのか?と・・・(大滝汗

ま、そんな不純な動機で、この盤を持参したんですが・・・(汗

【新生システムで驚きのサウンドが】
4662-01新生システムで驚きのサウンドが

横浜のMさんの新生プレーヤーと調整が、ここまでで、一気に熟成度を高め?・・・ってか、これまでどは別物くらいのサウンドに昇華する大脱皮を果たしている状況で・・・これでもか!ってくらいの飛びっきり音源を聴いて・・・クールダウンが必要なほど盛り上がってて・・・(滝汗

この流れで拙持参の盤をかけたら・・・冷や水ぶっ掛ける大惨事になるのでは?・・・やっぱ止めといた方がいいかな?って思いだしたり・・・(汗

と、ここで・・・前回は聞き専だったHさんが先に、持参された音源を・・・

【ピアソラのウイーンライブ】
4662-02ピアソラのウイーンライブ

で、かけられたのは・・・ピアソラのウイーンライブから・・・リベルタンゴを・・・

ひえ~~~!・・・これは鮮烈な音源!(@@;・・・この鮮烈さのなかでは、ベースにライブならではの膨らみが付いてますが・・・冒頭からここまでの盛り上がりを、さらに後押しするほどの飛びっきりサウンドで・・・(@@;

いやあ、ヤバイ・・・やっぱ止めといた方がいいな(滝汗・・・と、思ったんですが、時既に遅し・・・横浜のMさんが、針を降ろされた・・・で、これは誰?と・・・(汗

【柳ジョージとレイニーウッドのロードショウ】
4662-03柳ジョージとレイニーウッドのロードショウ

柳ジョージです・・・そう、持参したのは・・・ま、ちょっとおされな横浜どセンターな皆さんからすると・・・あか抜けない柳ジョージの初ライブ盤、ロードショウから・・・σ(^^)私の大好きな2枚目C面最内周の・・・「酔って候」をかけていただいた・・・(滝汗

ああ、やっぱり・・・前曲の最後の音を聞いて・・・演奏の勢い、力感、ノリは桁違いにいい感じだけど・・・拙宅と同じで、腰高でハイ寄りなサウンドだと・・・

思った瞬間・・・前奏の数秒~10秒あまりで・・・どんどん中低域に厚みが・・・煩くてギラギラするような高域がスッキリして・・・あっという間に普通にすんごく超ご機嫌なライブ演奏へとどんどん変わって行った!・・・超ビックリ!(@@;

超ノリノリでご機嫌な演奏に、キレよく凄く瞬発力のあるドラムが土台を支え・・・これこれ!気持ちいいライブのドラム!・・・そうですよね?なるほど・・・こう鳴らさないと駄目なんだ!

曲の終わりの歓声と拍手に、思わずσ(^^)私も拍手~~~!

で、横浜のMさんに・・・ありがとうございます、こう言う風に鳴らさないと駄目なんですね・・・うちでは、冒頭の数秒みたいに、腰高で煩いだけの音で、全然楽しく聞けないんですと・・・

すると、横浜のMさんが・・・上に寄っちゃうんでしょ?・・・この盤はトーンコントロール無しには聞けないね・・・今で、ターンオーバーの250から下を2.5dBくらい上げて、高域を少し下げてバランスを取とったんで・・・これにはトーンコントロールが絶対に必要だよと・・・

なるほど・・・やっぱり、ここまでの飛びっきりの盤のように、元々鮮度と音数とエネルギーのバランスが取れた盤は、そのままか、数粒の塩をふりかけるだけで、驚くべきご機嫌なライブサウンドになるけれど・・・

ここまでエネルギーバランスが崩れたライブ音源だと・・・まずはしっかり、エネルギーのバランスを調整してやらないと、楽しく聞けるようにはならないんだなあと納得!・・・(滝汗

と、同時に・・・つぎからつぎへと、考えることが・・・(大滝汗

横浜のMさんのようなセンスと経験とゴッドハンドがあれば、鳴らない音源も充分に楽しく心地よく鳴るようになる・・・が、今回の音会での衝撃発言・・・ケーブルで人格が変わるほどの変化が起こり・・・横浜のMさんのイコライジング技を駆使しても、このサウンドを再現することが出来なかったと・・・(滝汗

つまり・・・σ(^^)私の感じる楽しく心動かされるサウンドを実現するには・・・音源の生成りをそのまま出し切るだけでなく・・・時にエネルギーバランスや音色的な味付けが必要だったり・・・極めて微妙なタイミングで音調のチューニング必要だったりするってこと・・・(@@;

ま、薄々分かっては・・・と言うか、感じてはいたものの・・・今まで重きを置いてた、生成りを出し切るってだけじゃ、σ(^^)私の求めるサウンドには到達できないってこと・・・(大滝汗

と、拙宅では全く鳴らなかった盤が、めっちゃご機嫌に鳴った感激と驚きとともに・・・求めるサウンドに対する超強烈な気付きに・・・頭の中ではあれやこれやの考えがグルグルと・・・

感動とプチパニックに揺らぎつつ・・・音会はいよいよラスト・・・JKさんのターンへと・・・

なんですが、続きは次回へ・・・いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4782-7a81ec29