fc2ブログ

【4654】220328 A-0到着&ラックの改修(後編)・・・(^^; 

さて、京都人邸の前室で聞いた、ジャーマンフィジックスの鉛筆スピーカーの澄んだ空間展開の貢献度は・・・X-3>A-0>P-3とのことで・・・(@@;

X-3は、力及ばずとも、矩形波OCXOで、ある程度代用出来ているはずと想定すると・・・干乾びたキリギリス的には、Out of 眼中なP-3より、A-0の音は聞いておきたい!(滝汗

何せ、SOUYLNOTEの開発者、加藤さん自身が・・・音楽の魂を呼び起こすために、シングルエンドが必定との結論に至り・・・M-3が開発されたそうですし・・・京都人邸の前室の澄んだ空間展開は、明らかにそれが納得できるサウンドステージだった・・・(^^;

ってわけで・・・こじつけてますが・・・実は、これはもともと予定調和?・・・もっとずっと前から来る手はずだったのが・・・(大滝汗

【届いちゃったの】
4654-01届いちゃった

たまたまこの日に・・・届いちゃったんですよね・・・(汗

ただ・・・大きな違和感が・・・この箱は?梱包材は?・・・何で別物?(@@;

ま、この件は直ぐに連絡して解決?・・・(大滝汗

【来たら確認しないと!】
4654-02来たら確認しないと!

ってわけで・・・来ちゃったら、確認しないと!ってことで・・・S-3からのXLRをA-0に繋ぎ変え、SPケーブルをバイワイヤでA-0に繋いで聞いて見ると・・・

あちゃ~!・・・やっぱ滲みが無く、澄んでる!・・・(大滝汗

それに・・・A-2モノ使いでバイアンプより・・・バランスが中低域よりで・・・強引に緩いと言えなくもないけど・・・量感、弾力感があるとも・・・(大滝汗

ま、ちょっと・・・元々本日のテーマじゃなかったので・・・詳細は先送り?(汗

で、本題の・・・ラック改修の後編・・・ってか、失敗のリカバリー・・・(滝汗

スパイクの配置のみを考えてラックを作ったら・・・アンプとプレーヤーで筐体が大きく前後に互い違いなっちゃったので・・・(汗

【アンプの足は左右連結し】
4654-03アンプは左右連結

まず、アンプのスパイクが乗る棚材は、左右を連結して・・・

【S-3用は個別の棚材を追加】
4654-04S-3は個別で

スパイク位置の特殊なS-3だけ、中央に棚材を追加・・・(^^;

【S-3のメカのアンカーのみ共通】
4654-05S3のメカの下をフロントに

で、S-3のメカのアンカーのスパイクのみ、左右のアンプと繋がる前の棚材に乗せて・・・

【横並びに設置】
4654-06横並びに設置

これで間違っていた寸法が合って・・・S-3と左右のA-2が、横並びに・・・(^^;

まあ、これで何が変わるのか?って疑問は残るものの・・・

【出音の足並みは揃ったの?】
4654-07出音の足並みは揃った?

それなりに期待して聞いてみると・・・出音の足並みは揃ったのか?・・・(汗

う~ん・・・得意のプラシーボ全開?・・・(大滝汗

音のタイミングが揃った気がして・・・以前より明瞭度や瞬発力が上がって、空間の見通しもよくなっ気はするんですが・・・(^^;

じゃ、A-0シングルでの澄んだ空間展開と比べたらどうなの?って考えると・・・ステージの見通しや配置の明瞭度は、やはりA-0の方がスッキリしてて・・・(滝汗

同じ土俵に乗せたら・・・A-0のアドバンテージの方が大きいかも?・・・(悲

ってわけで・・・本日のテーマはここまで・・・(大滝汗

次回は?・・・冒頭の違和感の結末と・・・届いた音源と、旅立ち!?(滝汗

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4773-22199aae