FC2ブログ

【N019】巨大な負の力の脅威 

某巨大掲示板・・・昔(10年くらい前?)は酷い書き込みが多いながらもトコトン最先端の情報が議論されていることもあって、たまに、検索結果を追いかけ、貴重な情報を得ることもあった・・・

その後は、基本的に負の影響を受けることが多いため、近寄ることもなくなっていた・・・時折、噂で聞くのは、心痛む話しばかり・・・

それがまさか・・・自分がその巨大な負の力の焦点になるとは・・・

正直、その事実を知った時には、強烈にへこみました・・・

先週の遠征直前・・・その事実を知らされ、移動中に内容を見て・・・

余りの恐ろしさに、その直後の友人との面会時、平気を装うかのように笑い飛ばすしかなかった・・・

最高に楽しいはずのオフ会の最中に、ふとよぎる思い・・・

120%の高揚から-200%の奈落へ・・・

必死で平静を装い、何とか120%の世界へ戻る・・・

楽しいオフ会が終わり、ホテルの部屋に戻ると・・・

気持ちは一気に悔しさで一杯に・・・

以前から、友人が何度か私に関連する書き込みがあると連絡してくれ、内容は極力気にせず、このダークな世界でも話題になるのは、私のあからさまな悪戦苦闘のさまを綴ったこんな駄文を、わざわざ見に来てくれているんだと思うことにしていた・・・

自分では意識していないが、ブログで自分を公開しているわけだから、目立ちたいとか、かまわれたいという気持ちがあるのは確かなのだろう・・・

私にとって、当初のブログの目的は、情報の少ない地方の友人達に単身赴任中にせっかく首都圏にいるのだから、それゆえ出来る素晴らしい体験や得られる情報を少しでも伝えたいと言う思いと、そのためにお伺いさせていただく方々に、私がどんな奴かを知ってもらうための名刺代わりのつもりだった・・・

ところが、思いの外、多くの方々の暖かい協力をいただいて、次から次へと素晴らしい出会いと体験をさせていただくようになり、何とかその感激をしっかり書き記しておかないとと思うようになって必死で書き続けた・・・

同時に、私の感覚が日々変化(成長?)していることを感じるようになり、加えて何度か、記事を書いてしばらくしてから読み返した時に、記事を書いた時とは違う考えに至ったり、新たな感激を得ることを経験した・・・

そんなことから、今は何も感じなくても、後で新たな感激や考えに至れる事があるかもしれないと思い、出来るだけ詳しく記すようになって行った・・・

更にもう一つ、極めて自分中心の考え方だが、もし、出来るなら、以前自分がそうであったように、私の記事から、何かを感じ、何か次に繋がるアクションを起こしてもらえるきっかけになったら更に嬉しいな・・・なんて気持ちも持っていた・・・

自分としては、貴重な体験や楽しい一時の感激から、更にプラスの効果が広まれば・・・なんて思いで、突っ走っていたつもりなんだが・・・

自意識過剰とのご指摘をいただくほどなので、配慮が足りなくて、あちこちで失敗もやらかした・・・その結果、せっかくその素晴らしい時間や経験を与えてくださった、訪問先の方にご迷惑をかけてしまったり、不快な思いをさせてしまったことが何度もあった・・・

お詫びの仕方が悪かったり、私の対応が更にご気分を害するような結果になることもあったと思うが、真摯に受け止め、精一杯対応して来たつもり・・・

まあ、これもまた、自意識過剰、自己中心的な考え方なのだが・・・あくまでも、つもりであって、結果ではない・・・

とは言え、お世話になった方々に、ご迷惑をかけたり、不愉快な思いをさせたくないと言う思いを、常に持っていたのは確かだ・・・

少なくとも、自分なりには、そうならないように努力していた・・・

だが・・・負の力の世界では・・・

これまでから、何人もの人が、身近な人でないと分からないような事から、心痛む話しを作り出され、弄ばれていた・・・

噂では聞いていたし、自分に関連する連絡をもらうと見にも行った・・・

でも、正直な所、毎週のように色んなお宅に訪問させていただき、そのお話しを毎日書くので精一杯で・・・とてもそんな話にかまっていられる余裕はなかった・・・事実、もうこれ以上睡眠時間を削れない状態だった・・・

そんなギリギリの中でも、何としても頑張る気持ちにさせてくれたのは、伺った方々からの感想や励まし、経過の報告、更に新たな出会いや、感激・・・

余計なことにかまっていられる余裕など、全く無いのだ・・・

ところが・・・今度の知らせの先に突きつけられた現実は・・・

・・・何と!私が一番なりたく無い人格にされていた・・・

人の心を意図的に痛めつける話を作り出し、かかわる皆を負の世界に落とし込めていた真犯人・・・それが私だというのだ・・・

なにこれ?・・・頭が真っ白になり放心状態・・・

人の心の邪悪な部分・・・噂というものの恐ろしさ・・・

突然、全身に震えが走り、例えようも無く巨大な恐怖に脅えた・・・

同時に、何ら打つ手の無い自分の情けなさに悔しさも感じた・・・

更に、その先にはひょっとして・・・

自分は、気付いていないだけで、他人にこんな行動を起こさせるほど、周りの方々に迷惑をかけたり、不快に思わせることをやって来たのかと・・・

何がなんだか分からないままに、頭の中で色んな思いがグルグル回る・・・

何とも表現できない程に重くつらい気持ちに包まれる・・・しんどい・・・

必死に平静を取り繕って、かみさん、息子、娘に話した・・・

お父さん、今、こんな目に合ってるんや・・・めっちゃしんどいで・・・

人をこんな気持ちにさせたらあかんで・・・

お願いやから、そんな思いをさせる側にはならんといてや・・・

話しが抽象的過ぎて、娘はまだもう一つピンと来ていないようだったが、道徳の時間に聞いているから分かると言っていた・・・

その気持ちを忘れないで欲しい・・・

息子に、某掲示板を見たことがあるか聞いてみた・・・あると言う・・・

どう思った?・・・私が正しいとおもえる答えが返ってきた・・・

今の所、その判断ができる子に育ってくれてることが嬉しいと伝えた・・・

その夜、私の頭の中の混乱の状態を思わず伝えた先輩方から、励ましやアドバイスをいただいた・・・

どうやら、自分が一番嫌いな人間の醜悪な部分を見て見ぬ振りしたり、そんなものは無いものとさえ思い込もうとしていた節があることに気付いた・・・

そんな部分もあっての人間なんだと受け入れよう・・・そう思ったらようやく気持ちが楽になった・・・

この噂が広まったら・・・誰も相手にしてくれなくなる・・・話をしても、コイツは裏で何を考えてるか分からん奴やから、気いつけて話さんと!なんて思われているかも・・・

もし、相手がそう思って付き合う人なら、元々、本当の友人にはなれない人だよ・・・そう言う人を退けるフィルターが出来たんだから、良かったね!

まだ起こってないことを心配して困っているの?それは、起こった時に考えればいいんじゃないの?・・・

一週間近く、頭を重く押し付け・・・胃の下辺りにもやもやしていたものが、ようやくなくなった・・・

・・・こんなに凹んだのは、正直初めてだった・・・

・・・強烈な生き様を見せ付けながら逝った友を見送った時も・・・

・・・突然襲った家族の病の時も・・・

・・・心が折れることはなかった・・・信じるものがあったから・・・


あまりに強烈な負の力!・・・

いつの間にか、吸い込まれ、惑わされていた・・・

もし、この力がプラスを生む方向に働いたら・・・

一体、どれだけ素晴らしいことが起きるだろう?・・・
どれだけ大きな感動や感激を生むだろう?・・・
どれだけたくさんの人が本当の幸せを感じるだろう?・・・

そう願うしかない・・・

この記事をネタに再び・・・との恐怖はあるが・・・


もう気にする事は無い・・・もっと大切なものに気付いたから・・・

私の気持ちの新たな出発点として記しておく。

コメント

皆さん、ありがとうございます

何人もの方から、思わぬ励ましのメッセージをいただきました。
大変ありがとうございますm(_ _)m

ブログを開設して以来、私自身でも、読みにくいし、長いなあと思っているこのダラダラ駄文を、コンスタントに毎日、見に来てくれる方々がいてくださる・・・
カウンターはちゃんと見せていてくれたんだと、感激もひとしおです。
改めて、皆さんに感謝いたします・・・ありがとうございますm(_ _)m

やっぱり、楽しんでこそ趣味であり、人生ですよね(^^;
気持ちも新たにまた、こつこつと頑張ります!
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/475-a34695b9