fc2ブログ

【4531】211012-15 届いた音源&吸着器トライ?(後編)・・・(^^; 

さて、なんでこんなテーマでわざわざ分割連載を?って思いつつも・・・リアルタイムの方は、ちょっと遠征疲れでして・・・日記書くのに息切れ・・・(滝汗

ま、いっか?・・・で、前回のつづき・・・レコードプレーヤーの吸着ターンテーブルシートで常用してる吸引ポンプに・・・新たなアイテムを追加しようと・・・(^^;

で、ゲットしたもう一つのアイテムがこちら・・・

【もう一つのアイテム】
4531-01もう一つのアイテム

そう、食パンを真空密封して鮮度を保つためのケースです・・・(^^;

で、これをどう使うか?ですが・・・(汗

拙宅の常用吸着ポンプをバラして・・・

【真空パンケースをバッファーに】
4531-02バッファータンクに

真空パンケースにチューブ軽と同じ大きさの穴を開けて・・・チューブを突き刺し・・・

吸着スタビライザー?のホースニップルをロータリージョイントに付け替えて・・・

チューブをロータリージョイントに接続すると・・・

真空パンケースをバッファータンクにすることに・・・(^^;

【レーベル面に吸着スタビを】
4531-03レーベル面に吸着スタビを

ってわけで、レーベル面に吸着スタビライザーを置いて・・・

【バッファータンクを吸引】
4531-04バッファータンクを吸引

バッファータンクをポンプで吸引して・・・うん?・・・ケースが凹む・・・(@@;

ま、でも・・・この凹みのおかげで吸引状態がつづくわけだから・・・(^^;

【レコード再生を】
4531-05レコード再生を

ってわけで・・・レコード再生をやってみると・・・

うん?・・・うん?・・・ええっ~!・・・タンクの凹みが戻ってる・・・(@@;

何と、片面終わる前に、バッファータンクの吸引力はかなり弱くなっちゃった・・・(汗

ただ・・・あれ?・・・吸着ターンテーブルシートとレコードの吸着状態は・・・吸着状態のまま・・・って、そりゃそうか・・・常時吸引しなくても吸着状態がつづくんだから・・・(汗

って待てよ?・・・じゃ、どこで空気が漏れてるの?・・・(滝汗

で、吸着スタビのねじ込みの隙間に水滴を付けて・・・中に漏れるかテストを・・・

あれ?問題なし・・・ってことは?・・・ロータリージョイント?・・・(滝汗

そう、ベアリングがダブルの高級タイプ(高速型)もあったんですが・・・まずは実験と言うことで・・・ケチってシングルベアリングの安いのにしたから?・・・(大滝汗

う~ん・・・残念!・・・これといった効果も確認できず・・・(悲

結局・・・バッファータンクに入れてたチューブを抜いて・・・元の吸引ポンプに・・・

これで、吸引スタビにロータリージョイントはつけたままですが、レコードの吸着は出来るので・・・手動で吸着して・・・再生中はスタビは外したままで・・・

って、実質元に戻っただけ・・・(大滝汗

と言うことで・・・このテーマはこれにて終了・・・(滝汗

次回は?・・・ノードストのアップから派生して、大きな問題に?・・・(@@;

ま、いつものように、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ ^^)/~

コメント

お久しぶりです。

ロータリージョイントの回転抵抗があるので空気は普通より漏れやすいですね。

食パン用の密閉ケース初めて知りました。これならノイズの問題も解決できるので試してみようかな。

VOTTA7さん、お久しぶりですm(_ _)m
食パン用の密閉ケースは、吸引による樹脂ケースの変形(窪む)によって、吸着スタビの吸引を補助します。
ですので、電動ポンプで常時吸引すると減圧に耐えられない可能性もあります。
バッファータンクとして使用できればと考えたのですが・・・
拙宅は非力なDCモーターによるベルトドライブなので、回転抵抗の小さいシングルベアリングのロータリージョイントにしたためか?それとも、簡易実験のため、他にも空気漏れの隙間があるのか?は不明ですが、片面再生の間、吸引状態を保てませんでした。
ダブルベアリングで他に空気漏れが無ければ、ある程度の時間、耐えられるかもしれません・・・(滝汗

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://mtt2.blog.fc2.com/tb.php/4648-cfe9153e